乗り降りはしやすい!?新型CRV/CR-Vの3列目シートの乗降性チェック

車内の広さが魅力のホンダのミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vが、2018年8月に日本デビューを果たしました。

今回新発売された新型モデルのガソリン車は、3列目シートを備えた7人乗りモデルを新たにラインナップ。

足元空間(ニークリアランス)が狭いため、日常的に使うのには向いていません。しかし、乗車人数が一時的に増えた時に使用する補助シート的な役割としては、重宝するのかなと思いました。

>>> 足元空間はやはり狭い!?新型CRV/CR-Vの3列目シートの居住性レビュー

そんな新型CRV/CR-Vの7人乗り仕様で多くの方が気になるのが、3列目シートへのアクセス・乗り降りのしやすさですよね。

今回、この新型モデルに新たに設定された7人乗り仕様の3列目シートへのアクセス・乗り降りのしやすさは、どうだったのでしょうか?また、3列目シートへアクセスをする通り道は大きく、移動しやすくなっていのでしょうか?

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vの3列目シートへのアクセスのしやすさ、乗降性を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型CRV/CR-Vの3列目シートへのアクセス・乗降性レビュー

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vの7人乗り仕様の2列目シートは、このようなデザインになっています。

■新型CRV/CR-Vの2列目シート

また、この新型モデルの3列目シートは、このようなデザインになっています。

■新型CRV/CR-Vの3列目シート

今回新発売された新型モデルの3列目シートは、他のシートと比較すると、簡易的な作りに…。また、足元空間(ニークリアランス)も狭め。なので、3列目シートへ乗車するには、2列目シートを前方にスライドする必要があります。

シートの座面にバネが入っており、意外と座り心地は良かったのですが、それでもこの新型モデルの3列目シートは、短時間ドライブ専用の作りになっているように感じました。

>>> 意外と良かった部分も!?新型CRV/CR-Vの3列目シートの魅力&メリットとは?

そんな新型CRV/CR-Vの7人乗り仕様ですが、2列目シートを小さく折り畳むと、3列目シートへアクセスする事が可能になります。

実際にこの新型モデルの2列目シートを小さく折り畳むタンデム収納すると、このような感じに…。

■新型CRV/CR-Vの2列目シートをタンデムした時の様子

また、2列目シートを折り畳んだ時の3列目シートへの通り道の広さ(スペース)は、このような感じになります。

■3列目シートへの通り道

2列目シートを収納した時の3列目シートへの通り道は、意外と広いと思いませんか?

私が確認したところ、2列目シートを収納した時の3列目シートへの通り道の幅は、折り畳んだ2列目シートの上段部分で約400mmを確保。また、上段部分よりも若干狭くなっている足元部分(ニークリアランス)も十分な広さに…。

そのおかげで、身長175cm中肉中背の私が3列目シートへ乗り込む際にも、体を斜めにしてねじりこむ必要がなく、自然な体勢で3列目シートへアクセスできる広さになっているのは、好印象でした。

ただ、実際に2列目シートを畳んだ時に生まれるスペース(通り道)を使って、この3列目シートへアクセスをしてみると、色々と気になる部分がありました。

3列目シートへのアクセス・乗り降りで気になった事とは?

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vの3列目シートへのアクセス・乗り降りで気になった事の一つが、足の運びです。

今回新発売されたこの新型モデルの7人乗り仕様では、3列目シートへのアクセス・乗り降りをサポートする専用デザインのステップが用意されています。

■新型CRV/CR-Vの3列目シートへのアクセス専用ステップ

足の運びを楽にするステップが用意されているのはとても良いのですが、この新型モデルに用意されているステップは約500mmと若干高めの設定に…。2列目シートへ乗り込む時よりも足を高く持ち上げないといけないので、乗り降りをしている感が強いです。

また、この新型モデルのドア開口部は、天井もそれ程高くないため、大人が乗り込む際は、腰を大きく屈める(かがめる)必要があります。

つまり、新型CRV/CR-Vの3列目シートへアクセスをするには、頭を低く屈めながら、足を高く上げないといけません。しかも、3列目シートの足元空間(ニークリアランス)はそれ程広くないので、車内に乗り込んだ後の移動や体の向きを変えるのも大変です。

小さいお子さんなら比較的すんなりと3列目シートへアクセスする事が可能だと思いますが、大人の方や年配の方が3列目シートへアクセスするのは、ちょっと大変な感じが…。

乗り降りのしやすさや乗り込んだ後の移動を考えると、3列目シートを使用するのは、年配の方や大柄な男性よりも小さいお子さんや小柄な女性の方が向いているのかなと思いました。

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vの7人乗り仕様の3列目シートへのアクセス・乗降性を確認してみたところ、このようになっていました。

この新型モデルの7人乗り仕様の2列目シートには、小さく折り畳めるため、身体をひねったりすることなく、まっすぐにしたまま乗り込めるのは、とても良いと思いました。

ただ、地面からステップまでの高さや乗り込む時の天井の低さなど、気になる部分も…。

ちなみに、ディーラーさんの話によると、新型CRV/CR-Vの3列目シートの推奨身長は180cmぐらいまでを想定しているとの事です。

しかし、私が実際に3列目シートへアクセスしてみた感じでは、身長180㎝だとかなり大変な感じが…。3列目シートの使用は、小柄な女性や小さいお子さんに任せて、大柄な男性は素直に2列目シートに座った方が良いのかなと思いました。

もしこの7人乗り仕様の購入を検討しているのなら、試乗をする際、3列目シートへのアクセス方法や乗り降りのしやすさをしっかりと確認してみてくださいね。

>>> 【7人乗りvs5人乗り】新型CRV/CR-Vの後部座席の3つの違いとは?

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする