足元空間はやはり狭い!?新型CRV/CR-Vの3列目シートの居住性レビュー

北米や中国で高い評価を得ているホンダのミドルクラスSUVの5代目新型CRV/CR-Vが、2018年8月、満を持して発売されました。

今回新発売された新型モデルは、ハイブリッド車とガソリン車を用意していますが、一番印象的だったのが、ガソリン車の7人乗りの3列シートモデルです。

この7人乗り仕様は、2列目シートにスライド機能や小さく折り畳めるタンブル機能を備えており、広い車内空間を一番有効活用しているように感じました。また、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手も一番良いように感じました。

>>> 3列目使用時は狭い!?新型CRV/CR-Vのガソリン車7人乗りの荷室・ラゲッジルーム

そんな7人乗りの3列シートモデルで気になるのは、3列目シートの足元空間(ニークリアランス)の広さや居住性ですよね。

今回日本デビューを果たした新型CR-V/CRVのガソリン車に新設定された3列目シートの足元空間(ニークリアランス)は、どのくらいの広さを確保していたのでしょうか?大人でも快適に過ごせるだけの広さを確保していたのでしょうか?

ガソリン車に用意された3列目シートの足元空間(ニークリアランス)の広さや快適性を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型CRV/CR-Vの3列目シートの快適性レビュー【足元空間の広さを徹底チェック】

2018年8月に日本デビューをしたホンダのミドルクラスSUV新型CR-V/CRVのガソリン車の7人乗り仕様の3列目シートは、このようなデザインになっています。

■新型CRV/CR-Vの7人乗り仕様の3列目シート

 

見た目も高級感があって良いですよね。

私が見たモデルは7人乗り仕様の最上位モデル”EX マスターピース(Masterpiece)”の最上位モデルのフロントシートや2列目シートには本革が使用されているのですが、3列目シートは、本革ではなく合成レザー素材を採用。

ただ、合成レザーでも一切安っぽさがなく、本革と言われても疑わないくらいの高級感・上質感がありるのが好印象でした。

このような高級感のあるデザインになっている新型CR-V/CRVの7人乗り仕様の3列目シートの居住性や足元空間(ニークリアランス)の広さを確認してみたところ、スライド機能を備えている2列目シートの位置で快適性・居心地の良さがまったく違いがました。

2列目シートを一番前ににスライドした時の3列目シートの足元空間の広さはどのくらい?

2018年8月にデビューをした新型CR-V/CRVの2列目シートを一番前に設定すると、このような感じになります。

■新型CRV/CR-Vの2列目シートを一番後ろにスライドした時の様子

このようにこの新型モデルの2列目シートを一番後ろにした時の3列目シートの足元空間(ニークリアランス)の広さは、このような感じに…。

■新型CRV/CR-Vの3列目シートの足元空間の広さ

かなり狭いですよね。

ちなみに、この時の3列目シートの足元空間(ニークリアランス)の広さを測ってみたところ、約130mmとなっており、かなり狭めに…。

なので、この状態では、大人どころか小さいお子さんでも3列目シートに座る事ができません。

3列目シートを使用していない時は2列目シートを一番後ろにした方が快適に過ごせるので、おススメです。ただ、3列目シートを使用するには、2列目シートを必ず前方にスライドする必要があるのかなと思いました。

2列目シートを一番後ろにスライドした時の3列目シートの足元空間の広さは、どのくらい?

一方、新型CR-V/CRVの2列目シートを一番後ろにスライドした時の3列目シートの足元空間(ニークリアランス)は、どうなるのでしょうか?

ちなみに、このガソリン車の7人仕様の2列目シートを前方にスライドしてみると、シート位置はこのような感じになります。

■新型CRV/CR-Vの2列目シートを一番前にスライドした時の様子

このように2列目シートを一番前にスライドした時の3列目シートの足元空間(ニークリアランス)の広さを計測してみたところ、3列目シートの足元空間は約270mmあり、大人でも十分に座れる広さに…。

実際にこの状態で身長175cmある私が座ってみると、このような感じに…

■新型CRV/CR-Vの3列目シートに座った時の足元空間の広さ

身長175cmある私がこの新型モデルの3列目シートに座ると、2列目シートバックに膝頭が触れてしまう感じなので、快適と言うわけではありません。ただ、身長175cm中肉中背の私でも何とか座れるだけの足元空間(ニークリアランス)の広さに…。

この状態で長時間ドライブはちょっとキツイですが、30分以内くらいの短時間のドライブなら、何とか我慢する事ができるのかなと思いました。また、3列目シートに同乗者がいる場合は、2列目シートを100mm以上前方にスライドする必要があるのかなと思いました。

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVのガソリン車の7人乗り仕様の3列目シートの足元空間(ニークリアランス)の広さを確認してみたところ、このようになっていました。

このガソリン車の3列目シートの足元空間(ニークリアランス)は、2列目シートを前方にスライドして、何とか座れる感じの広さに…。

今回の5代目モデルで初採用された3列シート仕様はかなり魅力的ですが、やはりこの新型CR-V/CRVの3列目シートは、常時使用するシートと言うよりは、乗車人数が増えた時のための補助シートと割り切っておいた方が良いのかなと思いました。

もしこの新型モデルのガソリン車に用意されている7人乗り仕様が気になっているのなら、購入する前に3列目シートの足元空間(ニークリアランス)の広さや居住性、乗り心地もしっかりと確認してみてくださいね。

>>> 新型CRV/CR-V ガソリン車の内装インプレ【HV車には無い特徴&メリットとは?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする