意外と良かった部分も!?新型CRV/CR-Vの3列目シートの魅力&メリットとは?

2018年8月、ホンダの人気ミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vが、2年間のブランクを経て、復帰を果たしました。

そんな新型モデルの注目ポイントの一つが、ガソリン車に7人乗りの3列シート仕様が新たに加わった事です。

今回新設定されたガソリン車の7乗り仕様の3列目シートは足元空間(ニークリアランス)が狭い事もあり、「座り心地や快適性はイマイチ…。」と、とタカをくくっていました

>>> 足元空間はやはり狭い!?新型CRV/CR-Vの3列目シートの居住性レビュー

しかし、先日、この新型モデルに試乗した際、3列目シートの座り心地や乗り心地を確認してみたところ、「思ったよりも良かった!」と感心をした部分も多々ありました。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダのミドルクラスSUV新型CR-V/CRVの7人乗り仕様に用意されている3列目シートで、私が良かったと感心した部分は、何だったのでしょうか?

私が実感をした7人乗り仕様の3列目シートの魅力&メリットを、包み隠さずお話したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型CRV/CR-Vの3列目シートの魅力1:座り心地

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVのガソリン車の7乗り仕様の3列目シートの魅力の一つは、思ったよりも座り心地が良かった事です。

この新型モデルの3列目シートは、収納する事を念頭に入れて開発デザインされているため、フロントシートや2列目シートと比較すると、座面や背もたれのサイズも小さく、また、座面のボリュームもありません。

■新型CRV/CR-Vの7人乗り仕様の3列目シート

■新型CRV/CR-Vの7人乗り仕様のフロントシート

■新型CRV/CR-Vの7人乗り仕様の2列目シート

このようにこの新型モデルの3列目シートは、フロントシートや2列目シートと比較して、座面が薄く、また、シート自体もフロアに固定してあるデザインになっているため、あまり座り心地は良く無いと思っていました。

しかし、意外や意外、この新型モデルの3列目シートは予想以上の座り心地の良さがありました。

この新型モデルの3列目シートの座面はしっかりと作りになっており、座った瞬間に沈み込むのではなく、その場でしっかりと支えてくれる座り心地に…。また、私が懸念をしていた座った時にお尻に板などの硬い物が当たる”底付き感”も一切ありませんでした。

「足元空間は狭いけど、シートのクッション性は意外に良いから、これなら1時間弱ぐらいのドライブなら我慢できるかな~。」と、試乗をしてい思いました。

新型CRV/CR-Vの3列目シートの座り心地が意外と良い秘密は、シートに使用されている素材!?

ミドルクラスSUVの3列目シートと言うと、座り心地があまり良く無いイメージがありますが、なぜ今回フルモデルチェンジをして新発売された新型モデルの3列目シートは、座り心地が良かったのでしょうか?

試乗をした際、試乗に同行をしてくれたディーラーさんが、3列目シートの座り心地の良さの秘密について、教えてくれました。

今回の試乗に同行してくれたディーラーさんの話では、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVの3列目シートの座面は、ウレタン素材のみを使用したシンプルな作りではなく、座面の中にバネを入れて座り心地を良くしているそうです。

確かに今回新発売された新型CR-V/CRVの3列目シートは、ウレタン素材のみを使用したホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)よりも明らかに座り心地が良い感じが…。

■ホンダの新型ステップワゴンの3列目シート

また、このバネのおかげでこお新型モデルの3列目シートは、下からの突き上げ感や衝撃も思ったよりも少なかったように感じました。

下からの衝撃が少ないと言っても、フロントシートや2列目シートでは、「コツッ、コツッ」としなやかに乗り越えてくれる下からの衝撃でも、3列目シートでは、「ゴツッ、ゴツッ」と30%増しくらいで伝わってきますが…。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vの3列目シートの足元空間(ニークリアランス)の狭さなどを考えると、補助シートの域を出ません。ただ、座面にバネを使用した座り心地の良さには、少々驚かされました。

新型CRV/CR-Vの3列目シートの魅力2:装備の充実度と使い勝手の良さ

また、今回新発売された新型CR-V/CRVの7人乗り仕様の3列目シートの魅力の一つは、シートまわりの装備の充実度です。

例えば、この新型モデルでは、3列目シートの左右それぞれにドリンクホルダーと小型ポケットが用意されています。

■新型CRV/CR-Vの3列目シート用のドリンクホルダー

■新型CRV/CR-Vの3列目シートの小型ポケット

ちなみに、競合車・ライバル車の一つでもある日産のミドルクラスSUV新型エクストレイル(X-TRAIL)のガソリン車の3列目シートは、運転席側にドリンクホルダーが2個用意されており、助手席側は小型ポケットのみとなっています。

■新型エクストレイルの3列目シート

■新型エクストレイルのドリンクホルダー

■新型エクストレイルの小型ポケット

運転席側にしかドリンクホルダーを用意していない新型エクストレイル(X-TRAIL)よりも両側にしっかりとドリンクホルダーと小型ポケットを用意している新型CR-V/CRVの方が使い勝手が良い感じが…。

また、新型CR-V/CRVのドリンクホルダーは、ホイールベースの上段を活用しており、張り出し部分が少ないスッキリとしたデザインになっているのも好印象でした。

ちなみに、新型CR-V/CRVの3列目シート周りには、アクセサリーソケットやUSBポートの用意はありません。なので、3列目シートに座りながら、スマホやiPhoneを充電すると言う事はできません。

「3列目シートに座りながら、携帯やiPhoneを充電できたら便利なんだろうな。」とは思いましたが、ここまで望むのは少々酷な事なのかもしれませんね。

ちなみに、リクライニング機能の有無など新型CRV/CR-Vの7人乗り仕様の3列目シートの機能や装備、デザインについてもっと詳しく知りたい方は、コチラの記事を参考にしてみてくださいね。

>>> リクライニングは可能!?新型CRV/CR-V 7人乗りの3列目シートを徹底解剖

2018年8月にデビューをした新型CR-V/CRVの3列目シートを確認してみたのですが、このような魅力&メリットがありました。

今回新発売された新型モデルの7人乗り仕様に用意されている3列目シートで特に良いと思ったのは、シートの座り心地です。

足元空間(ニークリアランス)が狭いため、この新型モデルの3列目シートで長時間過ごす事は難しいですが、座り心地は予想以上に良く、長時間座っていてもお尻が痛くなる事は無いのかなと思いました。

もしこれからこの新型モデルの3列目シートに座る機会がありましたら、座り心地やクッション性、シートまわりの装備にも注目をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする