新型CRV/CR-V ガソリン車5人乗りの荷室サイズ【荷室高の調整範囲は!?】

スタイリッシュなスタイルが魅力のミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vが、2018年8月にホンダから新発売されました。

今回新発売された新型モデルのガソリン車の5人乗り仕様は、後部座席を収納して広いラゲッジスペースを作りだす事ができるものの、荷室アレンジ自体は、比較的シンプルなデザインになっています。

>>> 高さ調節が便利!?新型CRV/CR-V ガソリン車5人乗りの荷室の使い勝手レビュー

ただ、ガソリン車の荷室フロアには、ラゲッジボードが採用されており、ラゲッジボードの設定位置によって、荷室の高さを変更する事ができます。

そんな新型CR-V/CRVのガソリン車の5人乗り2列シート仕様の荷室サイズは、どれくらいだったのでしょうか?また、ラゲッジボードの位置によって、高さはどれくらい変わるのでしょうか?

2018年8月にデビューを果たしたガソリン車の5人乗り2列シートに荷室サイズを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型CRV/CR-V ガソリン車5人乗りのラゲッジ:後部座席使用時の荷室サイズは?

2018年8月にデビューをした新型CR-V/CRVのガソリン車の5人乗り2列シートの荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■新型CRVガソリン車5人乗り仕様の荷室:後部座席使用時

3列シートを採用している7人乗り仕様と異なり、この5人乗り仕様の荷室・ラゲッジスペースは、通常時(後部座席を使用した状態)でも十分な広さを確保。荷室フロアの位置も低いですし、重たい荷物の積み降ろしをしやすいデザインになっているのも好印象でした。

そんな新型CR-V/CRV 5人乗り仕様の通常時の荷室・ラゲッジスペースの広さを確認してみたところ、このようになっていました。

■新型CRV ガソリン車5人乗りの荷室寸法:後部座席使用時
荷室長:  約 960mm
荷室幅:約1,050mm
荷室高:  約 840mm

※荷室高さは、ラゲッジボードを上段に設置した数値です。

車内の広さが魅力のこの新型モデルですが、荷室・ラゲッジスペースも競合車・ライバル車よりも広くなっており、ミドルクラスSUVの中でトップクラスの広さを確保。

ちなみに、競合車・ライバル車の一つでもあるスバルの新型フォレスターの荷室・ラゲッジスペースのサイズは、このようになっていました。

■新型フォレスターの荷室・ラゲッジスペース

■新型フォレスターの荷室サイズ:後部座席使用時
荷室長:約 900mm
荷室幅:約1,070mm
荷室高:約 810mm

>>> 競合車の新型フォレスターの荷室アレンジや使い勝手を確認したい方は、コチラ

競合車の新型フォレスターと比較すると、荷室幅は狭いものの、荷室長・荷室高は、新型CR-V/CRVの方が一回り大きいサイズに…。実際にこの2台のモデルの荷室サイズを見比べてみても、新型CR-V/CRVの広さを実感します。

この広くて使い勝手の良い荷室・ラゲッジスペースは、競合車・ライバル車よりも優れているところだなと、実車をみて感じました。

トノカバー使用時の荷室の高さは、どれくらい?

また、ガソリン車の5人乗り仕様では、荷室・ラゲッジスペースに置いた荷物の目隠しに使えるソフトタイプのトノカバーが標準装備されています。

■5人乗りモデルに標準装備されているトノカバー

荷室フロアからトノカバーまでの高さを確認してみたところ約530mmとなっており、思ったよりも広め…。

トノカバーの欠点・デメリットの一つは、背の高い荷物を積み込むのに不向きな事です。ただ、この新型モデルでは、トノカバーを使用した状態でも十分な高さを確保しているので、日常使いなら、トノカバーを展開した状態でも不便に感じる事はないのかなと思いました。

ちなみに、新型CR-V/CRVの5人乗り仕様の後部座席にはスライド機能が用意されていないため、荷室・ラゲッジスペースの奥行きを調整する事ができません。なので、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手は、5人乗り仕様よりも7人乗り仕様の方が良いように感じました。

>>> 7人乗りと5人乗りの3つの違いとは?新型CRV/CR-Vガソリン車の荷室の比較レビュー

新型CRV/CR-V ガソリン車5人乗りのラゲッジ:後部座席収納時の荷室サイズは?

2018年8月にデビューをしたホンダのミドルクラスSUV新型CR-V/CRVは、6対4分割方式の後部座席を採用しており、荷室・ラゲッジスペースの奥行きを広くする事が可能です。

実際にこの新型モデルの後部座席を収納すると、荷室・ラゲッジスペースは、このような感じ…。

■後部座席を収納した時の新型CRV/CR-Vの5人乗り仕様の荷室

かなり荷室・。ラゲッジスペースの奥行きは、広くなりますよね。

また、後部座席の背もたれ部分で大きな段差がなく、ほぼフルフラットな形状になっているのも、とても良いと思いました。

そんな新型CR-V/CRVのガソリン車の5人乗り仕様の荷室・ラゲッジスペースのサイズを確認してみたところ、このようになっていました。

■新型CRV/CR-V ガソリン車5人乗りの荷室寸法:後部座席使用時
荷室長:約1,850mm
荷室幅:約1,050mm
荷室高:約 840mm

※荷室高さは、ラゲッジボードを上段に設置した数値です。

このように新型CR-V/CRVの後部座席を収納すると、荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、約1,850mmまで拡大。荷室・ラゲッジスペースもほぼフルフラットになるので、この新型モデルは、車中泊にも最適なクルマのように感じました。

新型CRV/CR-Vラゲッジボードを下段に設定すると荷室高さはどうなる?

このように新型CR-V/CRVの荷室・ラゲッジスペースはミドルクラスSUVの中でトップクラスの広さを誇っていますが、荷室フロアに高さを調節できるラゲッジボードを採用しているのも特徴の一つです。

実際にこの新型モデルのラゲッジボードを下段に設定すると、このような感じに…。

■ラゲッジボードを上段に設定した時の荷室

■ラゲッジボードを下段に設定した時の荷室

荷室・ラゲッジスペースの高さが、かなり変わりましたよね。

このように新型CR-V/CRVのラゲッジボードを上段/下段に設定した時の5人乗り荷室・ラゲッジスペースの高さを確認したところ、このようになっていました。

■ラゲッジボードの位置による
上段に設置時の荷室高:約840mm
下段に設置時の荷室高:約940mm

この新型モデルに用意されているラゲッジボードを下段に設定すると、荷室高が100mmほどアップ。

ラゲッジボードを下段に設定すると、後部座席を収納した時に段差ができてしまうので、普段はラゲッジボードを上段に設置しているのが良いと思います。ただ、背の高い荷物・アイテムを積みこむ時には、重宝するのかなと思いました。

2018年8月にデビューをしたホンダのミドルクラスSUV新型CR-V/CRVのガソリン車の5人乗り仕様の荷室・ラゲッジスペースの広さ・サイズを確認してみたところ、このようになっていました。

今回新発売されたガソリン車の5人乗りモデルの荷室・ラゲッジスペースはは、ミドルクラスSUVの中でトップクラスの広さを確保。また、それだけではなく、高さを調整できるラゲッジボードを標準装備するなど、使い勝手に優れているのも好印象でした。

なので、日常使いだけではなく、アウトドアや旅行など荷物が多くなるシーンでも荷室・ラゲッジスペースの収納力で困る心配は無いと思いますよ。

>>> 新型CRV/CR-Vの見積もりを大公開【HVとガソリンの差は大きめ!?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする