新型CRV/CR-Vの5人乗りと7人乗り【ディーラーのおすすめはどっち?】

2018年8月、世界専用モデルとして発売されていたホンダのミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vが2年間のブランクを経て、日本復帰を果たしました

久々に復活を果たしたこの新型モデルのガソリン車は、2列シート仕様の5人乗りモデルと3列シート仕様の7人乗り仕様の2種類を用意していますが、それぞれ一長一短が…。

なので、正直に言って、私では、新型CRV/CR-Vの5人乗り仕様と7人乗り仕様では、どちらの方がおススメなのか決める事ができませんでした。個人的には、様々なシートアレンジを楽しめる7人乗り仕様の方が好きなのですが…。

そこで、いつもお世話になっているディーラーさんに、この新型モデルの5人乗り仕様と7人乗り仕様は、どちらの方がおススメなのか聞いてみる事に…。

新型CRV/CR-Vの事を知り尽くしているディーラーさんのガソリン車のおすすめは、2列シートの5人乗り仕様と3列シートの7人乗り仕様のどっちだったのでしょうか?また、その理由は、何だったのでしょうか?

先日、この新型モデルを試乗した際、ディーラーさんがおススメのモデルを教えて貰ったのですが、理由とともに紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型CRV/CR-Vのガソリン車の5人乗りと7人乗り【ディーラーさんのおすすめはどっち?】

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vの5人乗り2列シート仕様と7人乗り3列シート仕様では、どちらの方がおススメかディーラーさんに確認してみたところ…

ディーラーさんは、「2列シートの5人乗り仕様の方が絶対にお薦めです。」と、強く仰っていました。

乗車人数が多い3列シート仕様の方がイザという時に助かりそうですし、また、シートアレンジのバリエーションも3列シート仕様の方が豊富です。

■新型CRV/CR-Vの7人乗り仕様の3列目シート

では、なぜディーラーさんは、7人乗りの3列シート仕様よりも5人乗りの2列シート仕様の方を強く推したのでしょうか?

ディーラーさんに新型CRV/CR-Vの5人乗り仕様の方がおススメできる理由も確認してきたので、紹介したいと思います。

理由1:3列目シートの使い勝手

ディーラーさんが新型CRV/CR-Vの7人乗り3列シート仕様よりも5人乗り2列シート仕様を推す理由の一つが、このクルマに用意されている3列目シートの使い勝手です。

ディーラーさんも声を大にして言っていましたが、この新型モデルの3列目シートの居住空間は、かなり狭いです。

足元空間(ニークリアランス)は、2列目シートを一番前にスライドして、何とか座れるくらいのスペースしかありません。

■新型CRV/CR-Vの7人乗りの3列目シートの脚元空間の広さ

>>> やはり狭い!?新型CRV/CR-Vの3列目シートの足元空間の広さを計測してみた

このようにこの3列目シートの足元空間(ニークリアランス)はかなり狭いので、1泊2日の旅行なんかもってのほかのようです。また、また、1時間を超えるドライブでも厳しいとの事です。

このような事を考えると、「3列目シートが活躍するシーンはほとんどないため、わざわざ7人乗り仕様を買う必要が無いのかな。」と言うのが、ディーラーさんの正直な意見のようです。

やはり3列目シートで快適に過ごしたいなら、新型CRV/CR-Vよりも、居住空間に優れる新型ステップワゴン(STEPWGN)やオデッセイ(ODESSEY)のようなミニンバンの方が圧倒的に良いようです。

なので、ディーラーさんは、日常的に3列目シートの使用を検討している方には、このクルマよりも3列目シートの居住性に優れる新型オデッセイ(ODESSEY)を薦めるようにしているそうですよ。

理由2:荷室・ラゲッジスペースの使い勝手

新型CRV/CR-Vの荷室・ラゲッジスペースの使い勝手の違いも、ディーラーさんが、5人乗りの2列シート仕様をおススメする理由の一つのそうです。

ご覧いただければと分かると思いますが、7人乗り仕様の3列目シート使用時の荷室・ラゲッジスペースは、このようにかなり狭くなってしまいます。

■新型CRV/CR-Vの7人乗り仕様の荷室:3列目使用時

やはり3列目シート使用時の荷室・ラゲッジスペースは、かなり狭いですよね。

このように3列目シートを使用時の荷室・ラゲッジスペースは狭くても、3列目シートを収納した時の荷室・ラゲッジスペースの広さは、それ程変わらないと思っている方もいるかもしれません。

ただ、実際には、3列目シートを収納した時の荷室・ラゲッジスペースの広さ・使い勝手も5人乗り2列シート仕様に劣ります。

■3列目シート収納時の7人乗り仕様の荷室

■5人乗り仕様の荷室・ラゲッジスペース

このように2台のモデルの荷室・ラゲッジスペースを見比べると分かりやすいのですが、7人乗り仕様は3列目シートがある分、荷室・ラゲッジスペースのフロアの位置が高くなっています。

なので、スーツケースやベビーカー、ゴルフバッグなどの重たい荷物の積み下ろしは、荷室フロアが低い5人乗り2列シート仕様の方がしやすいです。

また、新型CRV/CR-Vの5人乗り仕様と7人乗り仕様では、荷室フロアの下に備わっている床下収納(サブトランク)のサイズや使い勝手も異なります。

>>> 新型CRV/CR-Vの床下収納は、7人乗りと5人乗りで広さが違う!?サイズを計測してみた

このような荷室・ラゲッジスペースの違いも、ディーラーさんが、5人乗り2列シート仕様をおススメする理由の一つのようですよ。

理由3:車体本体価格の違い

また、新型CRV/CR-Vの7人乗り3列シート仕様よりも5人乗り2列シート仕様の方を強くお勧めする理由の一つが、車体本体価格の差です。

■新型CRV/CR-Vの5人乗り仕様と7人乗り仕様の車体本体価格
・5人乗り2列シート仕様(EX マスターピース/FF車)
車体本体価格:3,591,000円
・7人乗り3列シート仕様(EX マスターピース/FF車)
車体本体価格:3,814,560円

この2台のモデルの価格差は、約22万円。

ディーラーさん曰く、

「1年間に数回しか3列目シートを使用しないのなら、この価格差はもったいない。」

「もし祖父母とお出かけをする時など、一時的に乗車人数が増える時は、レンタカーでミニンバンを借りた方がお得ですし、何よりも快適です。」

との事。

確かに日常的に3列目シートを使用しないなら、車体本体価格が安い5人乗り2列目シート仕様の方がお得かもしれません。ディーラーさんがおっしゃっている通り、ミニバンと新型CRV/CR-Vでは、3列目シートの座り心地や快適性も全然異なりますし…。

ディーラーさんのお話によると、2列目シートにスライド機能や小さく折り畳むタンブル機能などの仕組みを搭載したため、7人乗り仕様の方が車体本体価格が高くなっているそうですが、この価格差の価値があるかは、正直、微妙のようですよ。

いつもお世話になっているディーラーさんに、新型CRV/CR-Vのガソリン車の5人乗り仕様と7人乗り仕様ではどちらの方がおススメか確認してみたところ、このような回答をいただきました。

個人的には、様々なシートアレンジを楽しめる7人乗りの3列目シート仕様の方が好みなのですが、ディーラーさんは、5人乗り仕様の方がおススメとの事。

確かに車体本体価格や3列目シートの使い勝手を考えると、ディーラーさんが仰っている事は至極当然な感じがしました。

ただ、最後にディーラーさんも仰っていいたのですが、一番大事なのは、購入されるご本人や家族が満足できるモデルを選ぶ事です。

もし新型CRV/CR-Vの2列シート仕様と3列シート仕様のどちらのモデルを購入しようか迷っている方は、2台のモデルをご自分の目で確認をして、また、実際に試乗をして、ご自身が納得できる一台を見つけてみてくださいね。

>>> 5人乗りと7人乗りで違いは!?新型CRV/CR-Vのガソリン車の最新納期

ちなみに、この新型モデルのガソリン車は、7人乗り仕様よりも5人乗り仕様の方が圧倒的に人気が高いようですよ。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする