新型CRV/CR-Vの後部座席はリクライニングできる!?【実車画像でチェック】

街乗りにピッタリなクロスオーバーSUVの先駆けホンダの新型CRV/CR-Vが2年半ぶりに日本市場に戻ってきました。

先日、この新型モデルを試乗させて貰ったのですが、競合車・ライバル車よりも圧倒的に良いと感じたのは、後部座席(2列目シート)の居住性と快適性です。

この新型モデルは、ミドルクラスSUVの中でもトップクラスのシートサイズと足元空間(ニークリアランス)を確保しているおかげで、大柄な男性でもゆったりと座れるだけの広さと快適性を備えていました。

>>> 新型CRV/C-R 5人乗りの後部座席の足元空間は広い!?快適性を徹底解剖

このように十分なシートサイズと居住性を備えている新型CRV/CR-Vの後部座席(2列目シート)ですが、背もたれの角度を調節できるリクライニング機能は、備えていたのでしょうか?

また、リクライニング機能を備えているとしたら、調整できる角度はどれくらいだったのでしょうか?

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売されたホンダの新型SUVの後部座席のリクライニング機能を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型CRV/CR-Vの後部座席のリクライニング性能を徹底解剖

結論から申し上げまして、2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vの後部座席(2列目シート)には、ガソリン車/ハイブリッド車、また、5人乗り仕様/7人乗り仕様問わず全グレード標準装備されていました。

コレはかなり嬉しいですよね。

後部座席にリクライニング機能が用意されていると、背もたれを自分の好みの角度に調整する事ができるので…。

ただ、今回新発売された新型CRV/CR-Vでは、5人乗り仕様と7人乗り仕様でリクライニングできる角度(幅)に違いがありました。

5人乗り仕様の後部座席のリクライニング角度はどれくらい?

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vの5人乗り仕様の後部座席は、このようなデザインになっています。

■5人乗り仕様の後部座席

この新型モデルでは、後部座席の肩口の背もたれ部分に用意されている”背もたれ調節レバー”で後部座席をリクライニングする事ができます。

そして、実際にこのレバーを使って、この5人乗り仕様の後部座席の背もたれを最大限までリクライニングすると、このような感じになります。

■5人乗り仕様の後部座席を最大限までリクライニングした時の様子

これが5人乗り仕様のリクライニング角度です。
リクライニングできる幅が少なくて、少し期待外れな感じが…。

私もあまりのリクライニング角度の小ささに、「このクルマの後部座席のリクライニング角度は、これだけですか?」と、ディーラーさんに聞いてみたところ…

「今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vの5人乗り仕様の後部座席に用意されているリクライニング機能は2段階となっており、背もたれを大きく傾ける事はできません。」

「ただ、2段階だけと言っても、実際にリクライニングしてみると、座り心地はだいぶ変わりますよ。」

と、仰っていました。

確かにディーラーさんの仰っている通り、リクライニングするのとしないのでは、座り心地や頭上空間の高さに違いを感じます。また、背もたれの角度の違いもしっかりと実感する事ができます。

ただ、後部座席後方のスペースも十分にありますし、もう少しリクライニング幅を大きくとって、姿勢の自由度を高めても良かったのかなと思いました。

7人乗り仕様の後部座席のリクライニング角度はどれくらい?

一方、新型CRV/CR-Vのガソリン車に設定されている7人乗り仕様の2列目シート(後部座席)のリクライニング幅は、どれくらいだったのでしょうか?

■新型CRV/CR-Vの7人乗り仕様の2列目シート

この7人乗り仕様の2列目シートは、5人乗り仕様の後部座席と全くの別設計になってになっているため、リクライニング幅にも違いが…。

>>> 【7人乗りvs5人乗り】新型CRV/CR-Vの後部座席の3つの違いとは?

そんな7人乗り仕様の2列目シート(後部座席)をリクライニングしてみたところ、このようになっていました。

■新型CRV/CR-Vの7人乗り仕様のリクライニング角度

この7人乗り仕様の2列目シートのリクライニング幅もすごい大きいわけではありませんが、5人乗り仕様と比較すると、大きめになっています。

■新型CRV/CR-Vの5人乗りのリクライニング角度

このように2台のモデルの後部座席(2列目シート)のリクライニング幅を確認してみると、明らかな差がありますよね。

なので、新型CRV/CR-Vの7人乗り仕様の2列目シートの方が5人乗り仕様よりも、座っている時の姿勢の自由度が高い感じが…。また、自分好みの角度に調節できるため、5人乗り仕様よりリラックスできるような感じが…。

シートの大きさや足元空間(ニークリアランス)の広さは、5人乗り仕様よりも7人乗り仕様の方が良かったですが、リクライニング機能に関しては、7人乗り仕様の方が優れているように感じました。

ちなみに、この7人乗り仕様の3列目シート使用時に、2列目シートの背もたれを一番後ろまでリクライニングすると、元々広くない3列目シートの足元空間(ニークリアランス)がさらに狭くなります。

なので、3列目シートを使用時には、2列目シートの背もたれのリクライニングを控えるなどの配慮が必要なのかなと思いました。

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vの後部座席(2列目シート)にはリクライニング機能を確認してみたところ、このようになっていました。

このこの新型モデルの後部座席(2列目シート)のリクライニング機能はついていましたが、背もたれを調整できるリクライニング角度はそれ程大きくありませんでした。

また、2列目シートが全くの別設計になっている事から、5人乗り仕様と7人乗り仕様では、後部座席(2列目シート)のリクライニング幅に違いがありました。

なので、この2台のモデルでは、リクライニングした時の姿勢の自由度や腰の楽さに若干の違いが…。

もし新型CRV/CR-Vの5人乗りと7人乗りを乗り比べする機会がありましたら、リクライニングした時の座り心地や快適性、腰への負担の違いも確かめてみてくださいね。

>>> 新型CRV/CR-Vの3列目シートにはリクライニングは付いている!?実車画像で徹底解剖

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする