新型CRV/CR-Vの床下収納は、7人乗りと5人乗りで広さが違う!?サイズを計測してみた

2018年8月、ホンダが世界に誇るクロスオーバーSUV新型CRV/CR-Vが、2年間のブランクを経て、復活をしました。

今回日本再デビューを果たしたこの新型モデルは、既存の5人乗り2列シート仕様だけではなく、イザと言う時に助かる7人乗り3列目シート仕様も用意。

ただ、5人乗り仕様と7人乗り仕様では、2列目シート(後部座席)の作りが全くの別設計になっているため、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手やアレンジ、広さが異なります。

>>> 【7人乗りvs5人乗り】新型CRV/CR-Vの後部座席の3つの違いとは?

また、新型CR-V/CRVのガソリン車の5人乗り仕様と7人乗り仕様では、荷室フロアの下に備わっている床下収納(サブトランク)の作りや広さにも違いがありました。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたこの新型モデルの5人乗り2列シート仕様と7人乗り3列シート仕様の床下収納(サブトランク)は、どのようなデザインになっていたのでしょうか。また、広さは、どれくらい違ったのでしょうか?

2018年8月にデビューを果たした新型CR-V/CRVのガソリン車の5人乗り仕様と7人乗り仕様の荷室フロアの下に備わっている床下収納のサイズや使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型CRV/CR-Vの5人乗り仕様と7人乗り仕様の床下収納レビュー

2018年8月にデビューをした新型CR-V/CRVの5人乗り2列シート仕様の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■新型CRV/CR-Vの5人乗り仕様の荷室・ラゲッジスぺース

>>> 新型CRV/CR-V ガソリン車5人乗りの荷室サイズを知りたい方は、コチラをチェック!

5人乗り仕様の荷室・ラゲッジスペースは、ミドルクラスSUVらしく十分な荷室・ラゲッジスペースの広さを確保。また、この5人乗り仕様では、荷室の左右に備わっているレバーで、簡単に後部座席を有能できるのも好印象でした。

そんなガソリン車の5人乗り仕様の荷室・ラゲッジスペースのフロアを持ちあげると、
フロア全体が大きく持ち上がり、このようなデザインの床下収納(サブトランク)が登場します。

■新型CRV/CR-Vの5人乗り仕様の床下収納(サブトランク)

この5人乗り仕様の床下収納(サブトランク)は、かなり大きいと思いませんか?

5人乗り仕様の床下収納(サブトランク)の奥側にはパンク修理キットが備わっており、床下全体が収納スペースになっているわけではありません。ただ、深さも奥行きも十分で、使い勝手の良い床下収納(サブトランク)になっているように感じました。

一方、新型CR-V/CRVのガソリン車の7人乗り3列シート仕様の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■新型CRV/CR-Vの7人乗り仕様の荷室・ラゲッジスペース

>>> 新型CRV/CR-Vの7人乗り仕様の荷室サイズを確認したい方は、コチラをチェック

やはり3列目シートを使用した状態での荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、大きく異なりますね。3列目シートを収納すると、十分な広さの荷室・ラゲッジスペースになりますが、すべてのシートを展開した状態の荷室の使い勝手は、あまり良く無いように感じました。

そんな7人乗り仕様の床下収納(サブトランク)の広さを確認するために、荷室フロアを持ち上げてみると、このような感じになっていました。

■新型CRV/CR-Vの7人乗り仕様の床下収納(サブトランク)

この7人乗り仕様は3列目シートを備えているので、5人乗り仕様と比較すると、持ち上げる事ができる荷室フロアは狭くなっています。

ただ、床下収納(サブトランク)自体は、大きく、また、深さもあるので、想像していた以上に使い勝手は良い感じが…。また、この7人乗り仕様の床下収納(サブトランク)の広さは、5人乗り仕様に引けを取らない大きさを備えているように感じました。

5人乗り仕様と7人乗り仕様の床下収納は、どっちが大きい!?

このようにパッと見た感じでは大きな違いがない新型CR-V/CRVの5人乗り仕様と7人おり仕様の床下収納(サブトランク)ですが、どちらの方が大きいサイズになっていたのでしょうか?

先日、この新型モデルを試乗した際、5人乗り仕様と7人乗り仕様の荷室の下に備わっている床下収納(サブトランク)のサイズを測ってみたところ、それぞれこのようになっていました。

■新型CRV/CR-Vの7人乗りと5人乗りの床下収納のサイズ比較
・5人乗り2列シート仕様
奥行き:約745mm
横幅   :約350mm
・7人乗り2列シート仕様
奥行き:約720mm
横幅 :約250mm

新型CR-V/CRVのガソリン車の5人乗り仕様と7人乗り仕様の床下収納(サブトランク)のサイズを確認してみたところ、若干ですが5人乗り仕様の床下収納の方が広くなっていました。

ただ、この2台のモデルの床下収納(サブトランク)のサイズの違いはごく僅か。

ひと回り床下収納(サブトランク)のサイズが小さい7人乗り3列シート仕様でも、十分に満足できるサイズを備えているように感じました。

また、どちらのモデルの床下収納(サブトランク)も約150mmの深さを備えており、靴や洗車道具、子供の玩具など収納するアイテムを選ばず、気楽にポンポンと収納できるのも好印象でした。

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売されたホンダのミドルクラスSUV新型CR-V/CRVのガソリン車の5人乗り仕様と7人乗り仕様の荷室フロア下に用意されている床下収納(サブトランク)は、それぞれこのようなデザインになっていました。

この2台のモデルの床下収納(サブトランク)の広さを確認してみたところ、広い荷室を備えている5人乗り仕様の床下収納の方が若干広くなっていましたが、7人乗り仕様でも十分に満足できるサイズを確保。

特に7人乗り仕様の場合、3列目シート使用時は荷室・ラゲッジスペースが狭くなってしまうので、この広くて使い勝手の床下収納(サブトランク)は、重宝するのかなと思いました。

このように今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVの5人乗り仕様と7人乗り仕様では、荷室・ラゲッジスペースの広さや使い勝手だけではなく、床下収納(サブトランク)のサイズや使い勝手も異なるので、注意をしてくださいね。

>>> 7人乗りと5人乗りの3つの違いとは?新型CRV/CR-Vガソリン車の荷室の比較レビュー

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする