新型CRV/CR-Vのメーター比較【ハイブリッドとガソリンの違いを徹底解剖】

2018年8月、海外専用モデルとして発売されていたホンダのスタイリッシュSUV新型CRV/C-RVが、日本市場に戻ってきました。

今回新発売された新型モデルは、ガソリン車とハイブリッド車の2つのパワートレーンを用意していますが、ハイブリッド車の方が内装・インテリアが先進的なデザインになっていました。

>>> 新型CRV/CR-V ハイブリッドの内装レビュー【先進的な機能&装備を徹底解剖】

そんな新型CRV/CR-Vのハイブリッド車とガソリン車の内装・インテリアの大きな違いの一つが、メーターです。

この新型モデルのガソリン車とハイブリッド車では、デザインからマルチインフォメーションディスプレイの表示項目まで、様々な違いが…。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vのガソリン車とハイブリッド車のそれぞれのメーターは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、この2台のモデルのメーターは、どのような違いがあったのでしょうか?

2018年8月に日本再デビューを果たしたホンダのミドルクラスSUVのメーターの違いを、実車画像を使って、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型CRV/CR-Vのメーター画像比較【ハイブリッド車とガソリン車の違いは?】

2年半ぶりに新発売された新型CRV/CR-Vのハイブリッド車とガソリン車のメーターは、それぞれこのようなデザインになっています。

■新型CRV/CR-V ガソリン車のメーター

■新型CRV/CR-V ハイブリッド車のメーター

ハイブリッド車/ガソリン車どちらも画面が3分割されたフルデジタルメーターを採用しており、基本的なデザインは同じになっています。

ただ、パッと見ただけでも、この2つのモデルのメーターのデザインは、明らかにちがいますよね。

そんな新型CRV/CR-Vのガソリン車とハイブリッド車のメーターの違いを詳しく紹介していきたいと思います。

違い1:メーターの中央上部にある表示項目

2018年8月に日本復活を果たした新型CRV/CR-Vのハイブリッド車とガソリン車のメーターの大きな違いの一つは、メーター中央上部に備わっている表示項目です。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型モデルのガソリン車は、メーター中央上部にタコメーターを標準装備。

■ガソリン車の中央上部に用意されているタコメーター

赤いメーター針がとても印象的で、キビキビと走るガソリン車に相応しいスポーティーなデザインになっていました。

一方、新型CRV/CR-Vのハイブリッド車はタコメーターではなく、回生状況や出力状況をリアルタイムで表示をしてくれるパワー/チャージメーターを中央上部に標準装備。

■ハイブリッド車のパワー/チャージメーター

ハイブリッド車に用意されているパワー/チャージメーターは、グリーンを基調としたデザインに…。

スポーティーな印象が強かったガソリン車のメーターとは異なり、このハイブリッド車のメーターは、クリーンさと先進性を強調したデザインになっているように感じました。

スポーツモードをONにすると、特別な演出が…

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vのハイブリッド車では、エンジンとモーターのチカラをフルに使用し、力強い発進加速を楽しめる”スポーツモード(SPORT MODE)”が用意されています。

■新型CRV/CR-Vのスポーツモードスイッチ

ボタン式のシフトレバーの右側に用意されているスポーツモードスイッチを押すと、メーター中央下のマルチインフォメーションディスプレイに”SPORT ON”と表示され、メーター上部が赤く変わり、一気にスポーティーさがアップします。

■スポーツモードONの時のハイブリッド車のメーター

“スポーツモード(SPORT MODE)”をONにした時の演出も、新型CRV/CR-Vのガソリン車には無いハイブリッド車ならではの注目ポイントの一つなのかなと思いました。

違い2:メーター左側の表示項目

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vのガソリン車とハイブリッド車では、メーターの左側の表示項目にも違いがありました。

実際にこの2台のモデルの表示項目を比べてみると、このような感じに…

■ガソリン車のメーター

■ハイブリッド車のメーター

ガソリン車は一般的な水温系になっているのに対し、ハイブリッド車は見慣れない表示項目が…。

この新型モデルを試乗した際に確認してみたのですが、どうやらハイブリッド車の左側に設置されているメーターは、モーターによる発電やブレーキの回生力から得られたバッテリーの残量を表す”電圧バッテリー残量計”のようです。

このようにバッテリーの残量計が大きく配置されているのは、ちょっと珍しいですよね。

この大きく見やすいデザインになっているバッテリー残量計も、新型CRV/CR-Vのハイブリッド車ならではの表示項目の一つなのかなと思いました。

ちなみに、この新型モデルのメーターの右側の表示項目は、ガソリンタンクの残量計となっており、ハイブリッド車/ガソリン車で違いはありませんでした。

■新型CRV/CR-Vのガソリンタンクの残量計

違い3:マルチインフォメーションディスプレイ

また、メーターの中央下に大きく用意されているマルチインフォメーションディスプレイの表示項目も、新型CRV/CR-Vのガソリン車とハイブリッド車の大きな違いの一つです。

■新型CRV/CR-Vのマルチインフォメーションディスプレイ

ただ、基本的なマルチインフォメーションディスプレイの表示項目は、ハイブリッド車とガソリン車で同じになっています。

例えば、これらの表示項目は、ハイブリッド車とガソリン車で共通になっています。

■航続可能距離表示/平均燃費表示/瞬間燃費表示

■平均燃費履歴表示

■平均車速表示/経過時間表示

■コンパス表示/交差点案内表示

■ドライバー注意力モニター

■リヤシートベルト使用状況表示

また、新型CRV/CR-Vのハイブリッド車のみに用意されているマルチインフォメーションディスプレイの表示項目もありました。

その一つが、運転操作の状態に応じて車両アイコンが前後に移動をして、急加速や急減速を防ぐ”ECOドライブディスプレイ”です。

■ECOドライブディスプレイ

また、エンジンの作動状況やエネルギーの流れをグラフィック形式で表示をしてくれる”パワーフロー/ エンジン作動表示”も、ハイブリッド車ならではの表示項目です。

■パワーフロー/ エンジン作動表示

このようにハイブリッド車の方がマルチインフォメーションディスプレイの表示項目が多くなっているので、試乗をする際は、色々と画面を切り替えて確かめてみてくださいね。

ちなみに、ハイブリッド車には用意されていないガソリン車専用のマルチインフォメーションディスプレイの表示項目はありません。

競合車・ライバル車に用意されているようなアイドリングストップの累計時間や節約燃料など、ガソリン車ならではの表示項目を用意しても良かったのかなと思いました。

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vのハイブリッド車とガソリン車のメーターは、それぞれこのようなデザインになっていました。

ご覧いただいた通り、この2台のモデルのメーターは、全く違うデザインになっています。また、マルチインフォメーションディスプレイの表示項目にも違いがありました。

このように新型CRV/CR-Vのガソリン車とハイブリッド車は、メーターのデザインも大きく異なるので、もし乗り比べをする際は、メーターの違いにも注目をしてみてくださいね。

>>> 競合車には無いメリットとは?新型CRV/CR-Vの安全性インプレッション

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする