競合車よりも大きい!?新型CRV/CR-Vのサンルーフのサイズを確認してみた

街乗りにピッタリなクロスオーバーSUVの元祖として人気が高いホンダのミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vが2年間のブランクを経て、日本再デビューを果たしました。

今回新発売されたこの新型SUVの最上位モデル”EX マスターピース(Materpiece)”は、ナビやルーフレールだけではなく、車内を明るく開放的にしてくれるサンルーフも標準装備となっています。

>>> 新型CRV/CR-Vのサンルーフ実車画像レビュー【使用した時の解放感はスゴイ!?】

2種類の開閉方法を備えるなど使い勝手の良さも印象的だったこの新型モデルのサンルーフですが、私が実際に見て驚いたのが、ガラスエリアの大きさです。

この新型モデルに用意されているサンルーフは、後部座席・3列目シートに座っても、十分な解放感を得られる広さを確保していました。

そんな新型CRV/CR-Vの最上位グレード”EX マスターピース(Materpiece)”に標準装備されているサンルーフのサイズは、どれくらいだったのでしょうか?また、開口部(開閉できるガラスエリア)のサイズは、どのくらいだったのでしょうか?

2018年8月に今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vのサンルーフのサイズ・大きさを計測してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型CRV/CR-Vのサンルーフのガラスエリアのサイズ・広さは?

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vの最上位グレード”EX マスターピース(EX Masterpiece)”に標準装備されているサンルーフは、このようなデザインになっています。

■新型CRV/CR-Vのサンルーフ

このように見ると、この新型モデルに用意されているサンルーフのガラスエリアは、かなり広くとられているのが分かりますよね。

この広々としたサンルーフのおかげで、後部座席(2列目シート)や3列目シートに座っても、サンルーフならではの解放感や明るさを十分に感じる事ができます。

そんな新型CRV/CR-Vに標準装備されているサンルーフのガラスエリアのサイズを確認してみたところ、このようになっていました。

■新型CRV/CR-Vのサンルーフのガラスエリアのサイズ
・全長:約870mm
・横幅:約720mm

ちなみに、競合車・ライバル車の一つでもあるスバルの新型フォレスター(Forester)にメーカーオプションとして用意されているサンルーフのサイズは、このようになっています。

■新型フォレスターのサンルーフ

■新型フォレスターのサンルーフのガラスエリアのサイズ
・全長:約600mm
・横幅:約680mm

>>> 新型フォレスターのサンルーフの使い勝手や機能、開け方などの詳細はコチラ

競合車の一つでもある新型フォレスター(Forester)のサンルーフも十分なサイズを備えていますが、このように2台のモデルを比較すると、いかに新型CRV/CR-Vのサンルーフのサイズが大きいか分かりますよね。

他のクルマでは味わえない広々とした解放感や清々しさを味わえるサンルーフが標準装備されているのも、今回、ホンダから新発売されたこの新型モデルの魅力の一つなのかなと思いました。

新型CRVのサンルーフを開けた時の開口部の広さは?

このように大きいサイズのサンルーフを備えている新型CRV/CR-Vですが、サンルーフを開けた時の開口部の広さは、どのようになっていたのでしょうか?

今回新発売された新型モデルに用意されているサンルーフは、ガラスエリア全体が開くのではなく、2分割されたガラスエリアの前方部分のみ開ける事が可能です。

そんな新型モデルのサンルーフを実際に開けてみると、このような感じになります。

■新型CRV/CR-Vのサンルーフを開けた時の様子

この新型モデルに用意されているサンルーフの後方部分は固定式になっているため、前方部分しかスライド開閉する事ができません。そのため、開け閉めできる開口部の広さは、それ程大きくありません。

そんな新型モデルに用意されているサンルーフの開口部の広さを確認してみたところ、このようになっていました。

■新型CRV/CR-Vのサンルーフの開口部のサイズ
・全長:約370mm
・横幅:約680mm

新型CRV/CR-Vのガラスエリアの全長は約870mmなので、開け閉めをできる開口部のサイズは全体の半分以下に…。そのため、車中泊をして夜景や星空をみたり、走行中、サンルーフを全開にして、紅葉や渓谷などの景色を楽しむには、少々物足りなさを感じます。

車内の空気を入れ替えたり、外の風を感じるのには、この開口部のサイズで十分ですが、個人的には、この広いサンルーフを全開にできるようにして貰いたかったです。

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売されたホンダの新型CRV/CR-Vの最上位モデルの”EX マスターピース(EX Masterpiece)”に標準装備されているサンルーフのサイズを計測してみたところ、このようになっていました。

この新型モデルに用意されているサンルーフは、ガラスエリアの前方部分しか開かないため開け閉めできる部分のサイズは、それ程大きくありません。

ただ、サンルーフのガラスエリア自体はとても大きく、ミドルクラスSUVの中でもトップクラスの広さを誇っていました。

車体本体価格が競合車よりも高いホンダのミドルクラスSUVの新型CRV/CR-Vですが、サンルーフなどの嬉しい機能や装備が充実しているという事を考えると、この価格設定になってしまうと言うのは、仕方のない事なのかもしれませんね。

>>> 新型CRV/CR-Vって本当に高い!?新型フォレスターの見積もりと比較してみた

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする