競合車より劣っている!?新型CRV/CR-Vの後部座席の欠点&デメリット

2016年8月に販売中止となったホンダのミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vが、ハイブリッド車と7人乗り仕様を引っ下げて、2年半ぶりに日本市場に帰ってきました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型モデルは、先代モデルよりも車内が広くなった事もあり、後部座席の居住性も大幅にアップ。足元空間(ニークリアランス)も十分に広く、ゆったりとリラックスした座り心地になっていました。

>>> 新型CRV/C-R 5人乗りの後部座席の足元空間は広い!?快適性を徹底解剖

このように足元空間(ニークリアランス)も広く快適な新型CRV/CR-Vの後部座席ですが、欠点・デメリットも…。

2018年8月にデビューをしたホンダのミドルクラスSUVの後部座席は、どのようなデザインになっていたのか?また、この新型モデルの後部座席に座って実感をした欠点・デメリットは、何だったのでしょうか?

2年半ぶりに復活を果たした新型CRV/CR-Vの後部座席の欠点・デメリットを包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型CRV/CR-Vの後部座席:実際に試乗して気づいた欠点&デメリットとは?

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売されたホンダのミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vの5人乗り仕様と7人乗り仕様の後部座席は、それぞれこのようなデザインになっています。

■新型CRV/CR-Vの5人乗り仕様の後部座席

■新型CRV/CR-Vの7人乗り仕様の後部座席

7人乗り仕様の後部座席には、スライド機能や小さく折り畳めるタンブル機能が備わるなど、5人乗り仕様/7人乗り仕様では、後部座席のデザインや機能が若干異なります。

>>> 【7人乗りvs5人乗り】新型CRV/CR-Vの後部座席の3つの違いとは?

ただ、実際に座ってみると、どちらのモデルの後部座席も次のような欠点・デメリットが目に付きました。

後部座席の欠点1.リクライニング機能

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vの後部座席に座ってちょっと残念に感じた事の一つが、リクライニング機能です。

この新型モデルの後部座席はサイズが大きくゆったりと座れるデザインになっているため、背もたれの角度を調整する事ができるリクライニング機能も大きいのかなと思いきや、ほとんどリクライニングする事ができないです。

実際にこの新型モデルの後部座席をリクライニングしてみると、このような感じ…

■新型CRV/CR-Vの後部座席をリクライニングした時の様子

「えっ!?たったこれだけ!?」って、感じですよね。

試乗をした際、ディーラーさんに教えてもらったのですが、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vの後部座席のリクライニング機能は、2段階との事。

なので、パッと見ただけでは、後部座席をリクライニングしているのか、していないのか分かりません。

■後部座席をリクライニングしていない状態 

■後部座席をリクライニングした状態

実際にこの新型モデルの後部座席の背もたれを一番後ろまで倒してみると、多少腰の角度がラクになり、リクライニングの効果を実感できます。ただ、個人的には、もう少し背もたれの角度を調節できる幅・角度を大きくして貰いたかったです。

ちなみに、競合車・ライバル車の一つでもあるスバルの新型フォレスター(Forester)は、3段階のリクライニング機能を用意しており、新型CRV/CR-Vよりもリクライニングできる幅が大きくなっております。

>>> 新型フォレスターの後部座席のリクライニング幅はどれくらい?【座り心地チェック】

今回フルモデルチェンジをして新発売されたこの新型モデルの後部座席も、新型フォレスター(Forester)くらいのリクライニング幅は欲しかったなと感じました。

後部座席の欠点2.シートヒーター

また、2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vの後部座席を確認してみて気になった事の一つが、シートヒーターが用意されていなかった事です。

ちょっとこれは残念ですよね。

この新型モデルは車内が広い事もあり、ヒーターを使ってから、車内が温かくなり始めるまで、かなりの時間を要します。車内が温まるまで、暖を取る事ができる後部座席用のシートヒーターが用意されていると、大助かりをするのですが…。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vは、大型のサンルーフやナビ、本革シートなどが嬉しい機能や装備が元々標準装備されているので、後部座席用のシートヒーターも当然のように標準装備されていると思っていました。

ちなみに、スバルの新型フォレスター(Forester)やマツダのCX-5/CX5は、しっかりと後部座席用のシートヒーターが用意されていました。

■新型フォレスターの後部座席用のシートヒーター

競合車・競合車に用意されている後部座席用のシートヒーターが、この新型CRV/CR-Vに用意されていないのは、すごく残念に感じました。

また、この新型モデルの乗り出し価格の事を考えると、やっぱり後部座用のシートヒーターくらい用意しておいて貰いたかったです。

>>> 新型CRV/CR-Vって本当に高い!?新型フォレスターの見積もりと比較してみた

2年半ぶりに復活をした新型CRV/CR-Vの後部座席は、このようなデザインになっていました。また、実際にこの新型モデルの後部座席を確認してみたところ、このような欠点・デメリットが目に付きました。

今回新発売された新型モデルはシートサイズも大きく、また、足元空間(ニークリアランス)も広いため、誰でもゆったりとリラックスして座れるのが、魅力の一つです。

ただ、後部座席の背もたれの角度を調整できるリクライニング性能や寒い日に重宝するシートヒーターに難点が…。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vの後部座席は、このような欠点・デメリットもあるので、これから試乗に行かれる方は、リクライニングした時の座り心地などもしっかりと確認してみてくださいね。

>>> 実車を見て実感!競合車には無い新型CRV/CR-Vの便利な機能&装備3つとは?

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする