新型デイズの色選びは要注意【グレードで選べるボディカラーが違う!】

軽自動車でありながら、クラスを超えた存在感を放つ2代目新型デイズ(DAYZ)が、2019年3月にデビューを果たしました。

今回新発売された新型モデルは、2トーンカラーとモノトーン(単色)あわせて、17色のカラーバリエーションを用意。

ただ、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)は、グレードによって選べるカラーバリエーションが大きく異なります。なので、グレード選び、色選びをする際は、注意が必要です。

2019年3月にデビューを果たした2代目新型デイズ(DAYZ)では、どのようなカラーバリエーションを用意していたのでしょうか?また、各グレード、どのようなカラーバリエーションを用意していたのでしょうか?

クルマを購入する際に注意しないといけない、この新型モデルの各グレードのカラーバリエーションを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型デイズに用意されているボディカラーのバリエーションをチェック

先ほどもお話した通り、2019年3月にフルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)は、2トーン、モノトーンあわせて17色をラインナップしていますが、それぞれ次のようなカラーバリエーションを用意していました。

■新型デイズの2トーンカラー

・ホワイトパール×プレミアムサンシャインオレンジ
・スパークリングレッド×ブラック
・アッシュブラウン×フローズンバニラパール
・ソーダブルー×アッシュブラウン

■新型デイズのモノトーンカラー

・ホワイト
・ホワイトパール
・スターリングシルバー
・ソーダブルー
・ブロッサムピンク
・プレミアムサンシャインオレンジ
・オーシャンブルー
・プレミアムパープル
・スパークリングレッド
・プレミアムオリーブ
・アッシュブラウン
・チタニウムグレー
・ブラック

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)では、ホワイトパールやブラックな、スターリングシルバーなどの定番色から、プレミアムオリーブやソーダブルー、ブロッサムピンクなどのユニークなカラーまで、幅広くラインナップ。

■新型デイズのソーダブルー画像

■新型デイズのプレミアムオリーブ画像

また、ルーフをオレンジ色にした”ホワイトパール×プレミアムサンシャインオレンジ”など、他の車種ではなかなか見かけないユニークな2トーンカラーも用意しています。

■新型デイズのホワイトパール×プレミアムサンシャインオレンジ

このように幅広いカラーをラインナップし、自分好みのカラーを選べるようになっているのは、フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)の魅力の一つだと思いました。

新型デイズのカラーバリエーション【グレード別に紹介】

このように2トーン、モノトーンあわせて17色のカラーバリエーションを用意している新型デイズ(DAYZ)ですが、グレードによって、選べるカラーの種類や数に大きな差があります。

今回新発売された新型モデルのそれぞれのグレードは、どのボディーカラーを選ぶ事ができるのか?また、各グレードのボディーカラーのラインナップには、どのような特徴があるのか紹介します。

ノーマルモデル Sグレードに用意されているボディカラー

2019年3月にデビューを果たした新型デイズ(DAYZ)の中で最廉価モデルに位置をするノーマル車の”Sグレード”は、他のグレードよりも内外装がシンプルになっていますが、選べるボディカラーも限られています。

そんな最廉価モデル”Sグレード”で選べるボディカラーは、次の3つの色となっています。

■ホワイト

■スターリングシルバー

■ブラック

今回新発売された新型デイズ(DAYZ)の最廉価モデル”Sグレード”は、商用モデルという事もあり、選べるボディーカラーは、定番の黒・白・シルバーの3色のみと言うシンプルな設定に…。

ソーダブルーやプレミアムオリーブなどの、この新型モデルらしいユニークなカラーを選ぶ事ができません。なので、グレード選びを楽しみたい方は、他のグレードを選んだ方が良いのかもしれませんね。

ちなみに、光沢感のないソリッドなホワイトは、他のグレードでは選べない、この”Sグレード”のみの専用カラーとなっているので、ご注意を…。

■Sグレード専用カラー

・ホワイト

ノーマルモデル Xグレードに用意されているボディカラー

新型デイズ(DAYZ)の最廉価モデル”Sグレード”では、選べるボディカラーに限りがありましたが、ノーマルモデルの最上位”Xグレード”にすると、選べるボディカラーが一気に広がります。

そんな新型モデルの標準車の最上位”Xグレード”に用意されているボディカラーを紹介したいと思います。

■ホワイトパール

■スターリングシルバー

■ソーダブルー

■ブロッサムピンク

■プレミアムサンシャインオレンジ

■オーシャンブルー

■スパークリングレッド

■プレミアムオリーブ

■アッシュブラウン

■ブラック

新型デイズ(DAYZ)のノーマル車の最上位モデル”Xグレード”では、10色のカラーバリエーションをラインナップ。

ホワイトやブラックなどの定番色に加え、ソーダブルーやプレミアムオリーブなど、このクルマのために開発された新色も用意。

これだけ幅広いカラーバリエーションを用意していると、どの色にしようか迷っちゃいますよね。

オーソドックスな黒、白、シルバーから、華やかなソードブルーやブロッサムピンクまで、幅広いボディカラーを用意しているのが、このXグレードのカラーバリエーションの特徴なのかなと思いました。

ちなみに、次の4色に関しては、このXグレードの専用色となっているので、ご注意を…。

■Xグレード専用のボディカラー

・ソーダブルー
・ブロッサムピンク
・プレミアムオリーブ
・アッシュブラウン

ハイウェイスターのカラーバリエーション

新型デイズ(DAYZ)の上位モデル”ハイウェイスター(Highway STAR)”では、精悍なスタイルを際立たせる11色のボディカラーを用意しています。

■ホワイトパール

■プレミアムサンシャインオレンジ

■オーシャンブルー

■プレミアムパープル

■スパークリングレッド

■チタニウムグレー

■ホワイトパール×プレミアムサンシャインオレンジ

■スパークリングレッド×ブラック

■アッシュブラウン×フローズンバニラパール

■ソーダブルー×アッシュブラウン

今回新発売された新型デイズ(DAYZ)の上位モデル”ハイウェイスター(Highway STAR)”では、精悍な顔つきにピッタリなスタイリッシュなキレの良いカラーを多数用意。

また、ルーフのカラーがボディと異なる2トーンカラーを用意しているのもこの”ハイウェイスター(Highway STAR)”の魅力の一つです。

ちなみに、次の6つのボディカラーは、ハイウェイスターのみで選択できる専用カラーとなっています。

■ハイウェイスター専用のボディカラー

・プレミアムパープル
・チタニウムグレー
・ホワイトパール×プレミアムサンシャインオレンジ
・スパークリングレッド×ブラック
・アッシュブラウン×フローズンバニラパール
・ソーダブルー×アッシュブラウン

2019年3月にデビューを果たした日産のハイト系ワゴン新型デイズ(DAYZ)では、このように17色のボディカラーをラインナップしていました。

この新型モデルでは、オーソドックスなカラーから、女性に人気がありそうなパステルカラーまで幅広いカラーバリエーションを用意しているため、必ず自分好みのお気に入りのカラーが見つかると思います。

ただ、この新型モデルでは、グレードによって、選べないボディカラーも多数あるので、ご注意くださいね。

>>> ハイウェイスターと標準車で全然違う!?新型デイズのヘッドライトを点灯してみた

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする