バリエーションは豊富!?新型デイズのシートアレンジを実際に試してみた

日産のすべての技術を注ぎ込んだハイト系ワゴン新型デイズ(DAYZ)の2代目モデルが、2019年3月にデビューを果たしました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された2代目モデルは、ホイールベースを拡大した事もあり、先代よりも居住性がアップ。後部座席を一番前にスライドしても、十分な足元空間(ニークリアランス)を備えているのには、ビックリしました。

また、シートアレンジのバリエーションの多く、使用するシチュエーションによって、様々なアレンジをする事ができるのも好印象でした。

フルモデルチェンジをして新発売された2代目モデルでは、どのようなシートアレンジを用意しているのでしょうか?また、各シートアレンジの居住性・快適性は、どうだったのでしょうか?

日産からデビューを果たした2代目新型デイズ(DAYZ)のシートアレンジのバリエーションを色々と試してみたので、実車画像を使って、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型デイズのシートアレンジ:4人乗車時

2019年3月にデビューを果たした新型デイズ(DAYZ)の4人乗車時(通常時)のシートアレンジは、このようになっています。

■4人乗車時のシートアレンジ

今回新発売された新型モデルの後部座席は、前後にスライドする機能を用意。

■後部座席を一番前にスライドした時の様子

■後部座席を一番後ろにスライドした時の様子

後部座席のスライド機能は一体型となっており、左右独立して、シートの位置を調整できないのは、このクルマの欠点の一つです。

ただ、後部座席を一番後ろにスライドすると、足を組んで座る事ができるくらい広い足元空間(ニークリアランス)を備えているのは、このクルマの良いところだと思いました。

■後部座席を一番後ろにスライドした時の足元の広さ

また、この新型モデルの後部座席には、背もたれの角度を調節できるリクライニング機能も備えており、長時間ドライブでも快適に過ごせるようになっているのも好印象でした。

>>> 新型デイズの後部座席のリクライニング機能【フルフラットになるか確認してみた】

新型デイズのシートアレンジ:3人乗車時

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)の後部座席を左右どちらかの背もたれを前方に収納すると、3人乗車のシートアレンジとなります。

実際にこの新型モデルの後部座席の背もたれを収納してみると、このような感じに…。

■新型デイズの3人乗車のシートアレンジ

後部座席を収納すると、背もたれを収納した方の荷室・ラゲッジスペースがかなり広くなりますね。

新型デイズ(DAYZ)は全長に制限のある軽自動車と言う事で、後部座席を一番後ろにスライドすると、荷室・ラゲッジスペースは、かなり狭くなってしまいます。

■後部座席を一番後ろにスライドした時の荷室

>>> 新型デイズの荷室サイズを計測【アレンジで広さはどれくらい変わる?】

後部座席に一人しか乗車しないのなら、片側の後部座席の背もたれを収納して、車内空間を有効活用するのも良いのかなと思いました。

また、この新型モデルの後部座席の”背もたれ収納レバー”は、背もたれの左右の肩口のところに用意されており、荷室側からでも後部座席側からでもラクに操作できるようになっているのも好印象でした。

■後部座席の背もたれ収納レバー

新型デイズのシートアレンジ:2人乗車時

2019年3月にデビューを果たした日産のハイト系ワゴン新型デイズ(DAYZ)の2人乗車時のシートアレンジを確認してみたところ、次の2つのアレンジが用意されていました。

■新型デイズ 2人乗車時のシートアレンジ

・後部座席を収納する荷室優先モード
・足を伸ばして座る事ができるリラックスモード

この新型モデルに用意されている”荷室優先モード”や”リラックスモード”は、どのような感じだったのでしょうか?

この新型モデルに用意されている2人乗車用のシートシートアレンジを実際に確認してみたので、紹介したいと思います。

後部座席を収納する荷室優先モード

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)では、後部座席の両側の背もたれを収納するシートアレンジ”荷室優先モード”が用意されています。

3人乗車時と同様に、後部座席の肩口に用意されているレバーを操作して、背もたれを収納する2人乗車用のシートアレンジにすると、このような感じに…。

■新型デイズ 2人乗車時のシートアレンジ

この新型モデルの後部座席は、背もたれを収納した際、座面が沈み込むような仕組みになっていないため、後部座席と荷室の境目部分で、約75mmほどの段差が生じてしまうのが、少々残念です。

ただ、後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、ハイト系ワゴンの中で一番広くなっています。

荷室・ラゲッジスペースにたくさんの荷物を積み込む方には、とても心強いシートアレンジになっているのかなと思いました。

足を伸ばして休憩する事ができるリラックスモード

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)は、フロントシートの背もたれと後部座席の座面を密着させるシートアレンジ”リラックスモード”も用意しています。

実際にリラックスモードにしてみると、このような感じに…。

■新型デイズのリラックスモード

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)では、後部座席の背もたれのリクライニング角度が大きく無いため、また、座面の長さが若干たりないため、このリラックスモードで車中泊をするのは、少々難しいです。

ただ、足を伸ばしてリラックスしたい時には、重宝するシートアレンジなんかなと思いました。

2019年3月にデビューを果たした日産のハイト系ワゴン新型デイズ(DAYZ)では、このようなシートアレンジを用意していました。

この新型モデルに用意されているシートアレンジは、比較的、オーソドックスなものばかりです。

ただ、この新型モデルは、車内空間が広い頃もあり、どのシートアレンジにしても、快適に過ごす事ができるようになっていたのが、好印象でした。

>>> 新型デイズの後部座席は広い!?スライド&足元空間を計測してみた

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする