意外と数が多くて使いやすい!?新型デイズのドリンクホルダー実車画像レビュー

2019年3月、日産のクルマの中でもトップ暮らしの人気を誇る軽自動車新型デイズ(DAYZ)
が、初のフルモデルチェンジを行いました。

今回デビューを果たした新型モデルは、競合車・ライバル車には無いユニークで使い勝手が良い収納スペースを備えているのが、魅力の一つです。

>>> 新型デイズの収納スペースは多い!【工夫満載の小物入れを実車画像で確認】

また、運転席周り/後部座席周りに用意されているドリンクホルダーの数も多く、使い勝手に優れているのも好印象でした。

今回フルモデルチェンジをして新発売された2代目モデルのドリンクホルダーは、いくつ用意されていたのでしょうか?また、使い勝手は、どのような感じだったのでしょうか?

日産からフルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)のドリンクホルダーの数や配置、使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型デイズに備わっているドリンクホルダーは、いくつ?

2019年3月にデビューを果たした2代目新型デイズ(DAYZ)の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■新型デイズの内装・インテリア

ダッシュボードの助手席側からセンターにかけて大きなトレイを採用するなど、多くの収納スペースを備えているこの新型モデルですが、ドリンクホルダーの数も充実していました。

そんな新型デイズ(DAYZ)のドリンクホルダーの数を確認してみたところ、次のようになっていました。

■日産 新型デイズのドリンクホルダーの数

運転席周り   :5個
後部座席周り:2個

今回フルモデルチェンジをして新発売されたこの新型モデルでは、運転席周りに5個、後部座席周りに2個、合計7個のドリンクホルダーを標準装備。

乗車人数が4人という事を考えれば、十分に満足できるドリンクホルダーの数を備えているように感じました。

新型デイズのドリンクホルダーの配置場所、使い勝手をチェック

このように今回フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)では、十分に満足できるドリンクホルダーの数を備えていましたが、使い勝手はどうだったのでしょか?

運転席周りと後部座席まわりに分けて、この新型モデルに用意されているドリンクホルダーの配置や使い勝手を確認してみましょう。

運転席周りのドリンクホルダーの配置&使い勝手をチェック

2019年3月にデビューをした新型デイズ(DAYZ)の運転席周りを確認したところ、次の3ヵ所に合計5個のドリンクホルダーが用意されていました。

■新型デイズの運転席周りのドリンクホルダー

ダッシュボードの左右               :2個
インストセンタースライドトレイ:1個
ドア内側パネル(フロントドア)   :2個

また、この新型モデルの運転席周りに用意されてるドリンクホルダーの配置&使い勝手を確認してみたところ、このようになっていました。

ダッシュボードの左右のドリンクホルダー

今回デビューを果たした新型デイズ(DAYZ)のダッシュボードの左右に備わっているドリンクホルダーは、このようなデザインになっています。

■ダッシュボードの左右のドリンクホルダー

実際にこのドリンクホルダーにドリンクを置いてみると、このような感じに…。

意外と深さがあるので、安定感があります。

このドリンクホルダーの上部には、エアコンの吹き出し口があるため、飲み物の冷たさを長時間キープできるようになっていたのは、好印象でした。

ただ、このダッシュボードの左右に備わっているドリンクホルダーは、四角い形になっているものの、500mlのパックの飲み物を収納するには、ちょっと小さい感じが…。

せっかくなら500mlのパックの飲み物を収納できるサイズにしても良かったのかなと思いました。

インストセンタースライドトレイ

新型デイズ(DAYZ)のダッシュボードの中央には、引き出して使用する事ができるトレイが備わっているのですが、その上部に備わっている部分のアイテムを引き出すと、飲み物を1個収納できるドリンクホルダーとして使用する事ができます。

■インストセンタースライドトレイ

■ドリンクホルダーと使用時のインストセンタースライドトレイ

実際にこのスペースにドリンクを置いてみると、このような感じに…。

このドリンクホルダーにはストッパーが用意されていないため、運転中にドリンクを置くと、少しガタガタと音がします。

ただ、トレイが思ったよりも頑丈に作られているため、意外と安定感はありました。

ドア内側パネル

今回デビューをした新型デイズ(DAYZ)のフロントドアの内側パネルには、ペットボトルを収納できるドリンクホルダーを用意しています。

■フロントドアの内側パネル(運転席側)

■フロントドアの内側パネル(助手席側)

実際にこのスペースに飲み物を置いてみると、このような感じになります。

■運転席側のドア内側パネルに飲み物を収納

■助手席側のドア内側パネルに飲み物を収納

500mlのドリンクもスッポリと収納できるサイズに…。

また、比較的大きめな500mlのペットボトルを収納しても、ドリンクホルダーのスペースにゆとりがあり、出し入れがしやすいデザインになっていたのは、好印象でした。

ただ、助手席側のドア内側パネルのドリンクホルダーはサイズが大きく、安定感に欠けるのがし、少々気になるところでした。

後部座席周りのドリンクホルダーの配置&使い勝手をチェック

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)では、後部座席周りにも2つドリンクホルダーが用意されています。

■後部座席のドア内側パネルのドリンクホルダー

クルマによっては、ドア内側パネルの下部にドリンクホルダーを設置している車種もありますが、この新型モデルでは、ドア内側パネルのアームレスト前方にドリンクホルダーを設置。

ドリンクホルダーに手が届きやすく、スムーズに飲み物を取ったり置いたりできるのが、とても良かったです。

2019年3月にデビューを果たした日産のハイト系ワゴンの新型デイズ(DAYZ)のドリンクホルダーの数や配置を確認したところ、このようになっていました。

今回新発売された新型モデルは、運転席/後部座席合わせて7個のドリンクホルダーを標準装備。十分過ぎるほどのドリンクホルダーを備えているので、わざわざ市販のドリンクホルダーを購入する必要はないのかなと思いまいた。

また、この新型モデルでは、手が届きやすい位置にドリンクホルダーが設置されており、使い勝手に優れているのも好印象でした。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、ドリンクホルダーの使い勝手も確かめてみてくださいね。

>>> 先代よりも操作性が良くなった!?新型デイズのエアコンの使い勝手インプレ

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする