競合車よりも劣る!?新型デイズの自動ブレーキで気になったところとは?

フルモデルチェンジをして、スタイリッシュなデザインに生まれ変わった2代目新型デイズ(DAYZ)が、2019年3月にデビューを果たしました。

そんな新型モデルの魅力の一つは、優れた安全性です。

運転中に発生した不測の事態に対応してくれる”SOSコール”が日産車として初採用されるなど、安全装備の充実度に関しては、競合車・ライバル車を遥かに凌駕していました。

ただ、新型デイズ(DAYZ)の自動ブレーキ”インテリジェントエマージェンシーブレーキ”の性能に関しては、競合車・ライバル車に若干劣るような感じが…。

2019年3月にデビューをした2代目モデルの自動ブレーキ”インテリジェントエマージェンシーブレーキ”は、どのような特徴&性能を備えているのでしょうか?また、競合車・ライバル車よりも劣っていると感じたところは、どこだったのでしょうか?

フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)の自動ブレーキ”インテリジェントエマージェンシーブレーキ”の性能について、徹底解説していきたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型デイズの自動ブレーキの特徴&魅力をチェック

ミリ波レーダーやレーザーレーダーなど、車種やメーカーによって、自動ブレーキの種類は異なりますが、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)では、フロントガラスに設置された単眼カメラで前走車を検知をするシステムを採用しています。

■新型デイズの単眼カメラ

このフロントガラスに搭載されたカメラが、自動車だけではなく、歩行者を常に検知し、自動車や歩行者と衝突する可能性がある場合には、注意を喚起。

それでもなお、ドライバーが回避行動を行わなかった場合、自動的にブレーキを作動し、衝突の回避、もしくは、被害の軽減を図ってくれます。

新型デイズに搭載されている自動ブレーキの単眼カメラの性能はスゴイ!

今回デビューをした新型デイズ(DAYZ)では、日産の人気ミニバン”セレナ(SERENA)”と全く同じイスラエルのモービルアイ(Mobileye)社のカメラを採用しているのですが、実はこのカメラの性能は、かなりスゴイです。

下記の動画は、新型セレナ(SERENA)の安全性テストの様子なのですが、障害物の先から子供のダミー人形が飛び出すという厳しい条件でも衝突を回避。2016年度の歩行者対応自動ブレーキ試験で1位を獲得しています。

■新型セレナの歩行者の自動ブレーキ試験

車の影から飛び出してくる歩行者にもしっかりと対応して、衝突を回避してくれるのは、かなりスゴイですよね。

このように信頼性が高い自動ブレーキが備わっているのは、かなり心強いなと思いました。

新型デイズの自動ブレーキのココが残念【競合車に劣っているところとは?】

このように信頼性の高いカメラを備えている新型デイズ(DAYZ)の自動ブレーキですが、もう少し改善してもらいところもありました。また、競合車・ライバル車と比較して、見劣りをする部分もありました。

私が、この新型モデルの自動ブレーキ”インテリジェントエマージェンシーブレーキ”を確認してみて、欠点・デメリットと感じた部分を紹介したいと思います。

自動ブレーキの対応範囲

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズの自動ブレーキ(インテリジェントエマージェンシーブレーキ)の欠点・デメリットの一つは、対応できる範囲の狭さです。

今回新発売された新型モデルの自動ブレーキの対応できる範囲は、次のようになっています。

■新型デイズの自動ブレーキの対応範囲

対自動車:約10km/h~約80km/h
対歩行者:約10km/h~約60km/h

ちなみに、この新型モデルの競合車・ライバル車の一つでもあるスズキのワゴンRの自動ブレーキ”デュアルセンサーブレーキサポート”の対応範囲は、このようになっています。

■新型デイズの自動ブレーキの対応範囲

対自動車:約5km/h~約100km/h
対歩行者:約5km/h~約60km/h

新型デイズ(DAYZ)よりも競合車のスズキのワゴンR(WGON R)の方が、自動ブレーキの対応範囲が広くなっています。

特に対自動車の自動ブレーキの対応範囲の上限に大きな差が…。

現在、新東名など、高速道路の最高速度が120km/hまで引き上げられているところもあります。

つまり、新型デイズ(DAYZ)で新東名を最高速の時速120km/hで走行している時、何が事故があり、前走車が止まっていたら、自動ブレーキが作動せずにそのまま衝突してしまう可能性が…。

高速道路を走行中の安全性を考えると、この新型デイズ(DAYZ)の自動ブレーキの対車両の対応範囲を、せめてスズキのワゴンRと同じ、約100km/hくらいまで引き上げて貰いたかったなと言うのが、正直なところです。

夜間の歩行者の検知性能は落ちる

また、フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)の自動ブレーキで残念だったのは、夜間の歩行者の検知性能です。

先ほどもお話した通り、今回新発売された新型モデルの対歩行者の自動ブレーキは、トップクラスの性能を備えています。

ただ、いつもお世話になっているディーラーさんに、この新型モデルの自動ブレーキの夜間の歩行者の認識性能を確認してみたところ、

「速度や周囲の状況によっては、検知する可能性はあるが、日中よりも精度は確実に劣ります。」

と言う曖昧な答えに…。

確かに新型デイズ(DAYZ)のカタログやウェブサイトを確認してみても、夜間の歩行者を検知できるとは、一言も明記をしていないんですよね。

ただ、その一方、ホンダの人気軽商用車”N-VAN(Nバン)”など、夜間の歩行者を検知できる自動ブレーキを装着しているクルマも徐々に増えているんですよね。

>>> 新型Nバンの自動ブレーキはスゴイ!【特徴や魅力を徹底解剖】

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)は、SOSコールを備えるなど、十分な安全装備を用意していると思いますが、夜間の歩行者も認識・検知できる自動ブレーキを備えていたら、完璧だったのになと思いました。

2019年3月にデビューをした日産のハイト系ワゴン新型デイズの自動ブレーキの性能を確認してみたところ、このようになっていました。

今回新発売された新型モデルに搭載されている自動ブレーキは、軽自動車の中でもトップクラスの性能を備えています。特に日中の対歩行者に対する自動ブレーキの反応は、かなり良いと思いました。

ただ、自動ブレーキの範囲や夜間の歩行者の認識性能など、あと一歩物足りない感じが…。

ここらへんの自動ブレーキの改善・改良に関しては、今度のマイナーチェンジでしっかりと対応してくれる事を切に願っています。

>>> 新型デイズの純正のカーナビ”MM318D-L”は買い!【機能性&使い勝手レビュー】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする