ハイウェイスターと標準車で全然違う!?新型デイズのヘッドライトを点灯

スタイリッシュなデザインに生まれ変わった日産のハイト系ワゴン新型デイズ(DAYZ)が、2019年3月にデビューを果たしました。

今回新発売された新型モデルはスタイリッシュなデザインのハイウェイスターとカジュアルで親しみやすい標準車の2つのスタイルを用意していますが、フロントマスクを印象付けるヘッドライトのデザインに大きな違いが…。

2019年3月にデビューを果たした2代目モデルのハイウェイスターと標準モデルのヘッドライトは、それぞれどのようなデザイン&光源になっていたのでしょうか?また、この2台のモデルのヘッドライトには、どのような違いがあったのでしょうか?

日産から新発売された2代目新型デイズ(DAYZ)のハイウェイスターとノーマル車のデザインや点灯時の明るさ、視認性などを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

日産 新型デイズのノーマル車のヘッドライトは、どんなデザイン?

2019年3月にデビューをした新型デイズ(DAYZ)の下位モデル”ノーマル車”ヘッドライトは、このようなデザインになっています。

■ノーマル車のヘッドライト

下位モデルにあたる”標準車”では、ヘッドランプやクリアランスランプ(車幅等)、ウィンカーを一つにまとめたオーソドックスなデザインになっていました。

標準モデルは、ハロゲンのヘッドライトを標準装備

また、今回新発売された新型デイズ(DAYZ)のノーマル車のヘッドライトに使用されている光源は、オレンジ色に発色をするハロゲンを採用。

実際にこの新型モデルのヘッドライトを点灯してみると、このような感じに…。

■クリアランスランプ点灯時

■ヘッドライト&クリアランスランプ点灯時

■ヘッドライト&クリアランスランプ&ウィンカー点灯時

今回新発売されたノーマル車では、ヘッドライトの内側が上下2段に分かれており、上段にクリアランスランプ、下段にウィンカーを備えたデザインを採用。

オーソドックスなハロゲンを採用している事もあり、スタイリッシュさや眼差し(まなざし)の鋭さは、後ほど紹介するハイウェイスター(Highway STAR)よりも劣ります。

ただ、新型デイズ(DAYZ)の標準仕様のヘッドライトの周りには、メッキ調の加飾が施されていることもあり、十分に満足できる上質さとカジュアルさを兼ね備えたデザインになっていました。

日産 新型デイズのハイウェイスターのヘッドライトは、どんなデザイン?

一方、日産から新発売された新型デイズ(DAYZ)のハイウェイスターのヘッドライトはノーマル車と異なり、クリアランスランプとウィンカーがヘッドライトのユニットから独立したユニークなデザインを標準装備。

■ハイウェイスターのヘッドランプ

■ハイウェイスターのクリアランスランプ&ウィンカー

このようにボディ下部にウィンカーが設置されるデザインは、ちょっと珍しいですよね。

この独特なデザインのヘッドライトが、他のクルマとは一味も二味も違うスタイリッシュで洗練されたフロントマスクを印象付けているのかなと思いました。

また、新型デイズ(DAYZ)のハイウェイスターのヘッドライトは、レンズ内に”ク”の字状のメッキ加飾を施した専用デザインになっており、洗練さを強調したデザインになっているも好印象でした。

ハイウェイスターでは、LEDヘッドライトを標準装備

このように独特なデザインになっている新型デイズ(DAYZ)のハイウェイスターですが、ヘッドライトの光源には、白い光を照射してくれるLEDヘッドライトを採用。

実際にこの新型モデルのヘッドライトを点灯してみると、このような感じに…。

■クリアランスランプ点灯時

■ヘッドライト&クリアランスランプ点灯時

■ヘッドライト&クリアランスランプ&ウィンカー点灯時

今回新発売された新型ハイウェイスター(Highway STAR)では、上に3個、下に4個のLEDランプを搭載した上下2段式の7眼LEDヘッドライトを標準装備しています。

印象的な7眼式のLEDヘッドライトを標準装備しているハイウェイスター(Highway STAR)の方が、ハロゲンを採用しているノーマル車よりもスタイリッシュで洗礼されたデザインになっている感じが…。

また、ボディの下部に備わった大きな”L字型”のクリアランスランプも、”どっしり感”のあるスポーティーモデルらしさを強調しいるように感じました。

ちなみに、ハイビーム時では7つすべてのランプが点灯するのに対し、ロービーム時では、一番内側の上下のランプ以外の5つを点灯するなど、ヘッドライトの向きによって、点灯するライトの数や場所が異なります。

■ロービーム時のハイウェイスターのヘッドライト

■ハイビーム時のハイウェイスター

この新型モデルのハイウェイスター(Highway STAR)では、ハイビームとロービーム点灯時で、見た目の印象がだいぶ違うような感じが…。

ハイビームとロービームで、フロントマスクの印象や迫力が大きく事なる事も、新型デイズのハイウェイスター(Highway STAR)の見逃せないポイントの一つだと思いますよ。

2019年3月に日産からデビューを果たした新型デイズ(DAYZ)のノーマル車とハイウェイスター(Highway STAR)のヘッドライトは、このようなデザインになっていました。

ノーマル車/ハイウェイスターどちらも薄型のヘッドライトを標準装備していましたが、7眼式のLEDヘッドライトを標準装備したハイウェイスターの方が洗練さたフロントマスクに…。

また、最新のLEDヘッドライトを標準装備しているハイウェイスター(Highway STAR)の方は、軽自動車の枠には収まらな車格と存在感を備えているように感じました。

最新のLEDを採用したハイウェイスター(Highway STAR)と、ハロゲンを標準装備したノーマル車では、ヘッドライトの輝きや視認性だけではなく、フロントマスクの印象の印象にも大きな違いがあります。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、視認性だけではなく、見た目の印象にも影響を与えるヘッドライトのデザインにも注目をしてみてくださいね。

>>> 新型デイズの外装の違いを実車画像で比較【ハイウェイスターvsノーマル車】

特にユニークなデザインになっているハイウェイスター(Highway STAR)のLEDヘッドライトは、要注目ですよ。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする