ちょっと死角は多い!?新型デイズの後方の視界を実車画像で徹底解剖

2019年3月にデビューを果たした日産のハイト系ワゴン2代目新型デイズ(DAYZ)は、運転のしやすさと使い勝手の良さを兼ね備えた魅力的な一台です。

ただ、後方の視界に関しては、ちょっと死角が多いような…。

なので、競合車・ライバル車と比較して、今回フルモデルチェンジをして新発売された2代目モデルは、バックや駐車をする際、注意が必要です。

そんな新型デイズ(DAYZ)の後方の視界は、どのような感じだったのでしょうか?また、実際に試乗をして、後方の視界で気になったところは、どこだったのでしょうか?

真後ろと斜め後ろの視界に分けて、この2代目モデルの後方視界を徹底レビューしたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型デイズの真後ろの視界を徹底解剖

2019年3月にデビューを果たした日産のハイト系ワゴン新型デイズ(DAYZ)の運転席から見た真後ろ(リヤウインドウ)の様子は、このようになっています。

■新型デイズの真後ろの視界

この2代目モデルのリヤウィンドウは、競合車・ライバル車と比較して、勝るとも劣らないサイズを確保しています。また、下端よりも上端の横幅が長くなている逆台形のような形をしており、後方の視界を確保しているのも、とても良いです。

なので、後部座席に誰も乗車していない時の真後ろの視界は、とても良いです。

ただ、後部座席に2人乗車したり、荷室・ラゲッジスペースに背の高い荷物を積み込むと、リヤウィンドウが隠れてしまうため、真後ろの視界は、かなり遮られてしまうのかなと思いました。

インテリジェント ルームミラーの用意はナシ

後部座席に乗車する人がいたり、荷室・ラゲッジスペースに大きな荷物を載せると、クルマ後方の視界が著しく悪くなる新型デイズ(DAYZ)ですが、この欠点を解決するアイテムとして注目を集めているのが、”インテリジェント ルームミラー”です。

このインテリジェント ルームミラーとは、クルマ後方に搭載されたカメラの映像をルームミラーの鏡面に映し出し、クリアな後方視界を確保するというアイテムです。

実際に、日産の電気自動車”新型リーフ(LEAF)”に搭載されているインテリジェント ルームミラーを使ってみると、このような感じに…。

■新型リーフのインテリジェント ルームミラー

一般的なルームミラーと距離感が変わってしまうため、少々慣れが必要ですが、後部座席に乗車する人や荷物に遮られないクリアな視界を常にキープできるのは、嬉しいですよね。

しかも、インテリジェント ルームミラーを使用すると、目視ではカバーできない範囲まで確認する事ができると言うメリットも…。

しかし、今回フルモデルチェンジをして新発売された2代目新型デイズ(DAYZ)では、クリアな後方視界を確保してくれるインテリジェント ルームミラーの用意はありませんでした。

この2代目モデルが発売される前、ディーラーさんが、

「フルモデルチェンジをして新発売される2代目モデルは、ノートe-POWERなど普通乗用車に匹敵をする機能や装備を備えているので、期待していてください。」

と言っていたので、インテリジェント ルームミラーも装着されている事を期待していたんですよね。

しかし、この新型モデルのルームミラーを確認してみると、後方のカメラ映像を映し出すインテリジェント ルームミラーの用意はナシ…。

高速道路の運転をラクにする”プロパイロット機能”や電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールドなど最新のアイテムを搭載するのなら、インテリジェント ルームミラーも採用しても良かったのかなと思いました。

新型デイズの斜め後ろの視界を徹底解剖

一方、2019年3月にデビューをはたした新型デイズ(DAYZ)の斜め後方の視界・確認のしやすさは、どうだったのでしょうか?

この2代目モデルの運転席から斜め後方を確認してみると、視界は、このような感じになります。

■運転席から斜め後方を確認した時の様子

斜め後方の視界もあまり良く無いような…。

運転席から斜め後方の視界を確認してみて気になったのが、後部座席のサイドウィンドウの形状です。

■新型デイズのサイドウィンドウ

この2代目モデルは、見た目のスタイリッシュさを強調するために、後部座席のサイドウィンドウは、競合車・ライバル車よりもサイズが小さめになっております。また、後方に行くにつれて、ガラスエリアが徐々にスリムになっていっています。

なので、競合車・ライバル車よりも死角が多く、斜め後方の視界は、あまり良いとは思えませんでした。

後方の三角窓の用意もナシ

また、新型デイズ(DAYZ)の斜め後方の視界を確認していて気になったのが、サイドウィンドウの後方に三角窓(リヤクォーターガラス)が用意されていなかった事です。

サイドウィンドウの小ささと相まって、斜め後方の視界の悪さを助長しているような感じが…。

しかも、リヤガラスとサイドウィンドウの間にあるピラー(Cピラー)が大きいため、死角も多いです。

今回フルモデルチェンジをして新発売された2代目モデルは、スタイリッシュなデザインが魅力の一つですが、このデザインのおかげで、斜め後方の視界・見やすさは、だいぶ犠牲になっているのかなと感じました。

2019年3月にフルモデルチェンジをして新発売された日産のハイト系ワゴンの新型デイズ(DAYZ)の後方&斜め後方の視界は、このようになっていました。

この新型モデルの前方の視界は十分に満足できるレベルになっていましたが、後方の視界に関してはは、競合車・ライバル車よりも劣っている感じが…。

特に気になったのは、斜め後方の視界です。

後方から接近をしてくるバイクや自転車がスッポリと隠れてしまうくらい大きな死角があるのは、この2代目モデルの大きな欠点&デメリットの一つなのかなと感じました。

これからこ試乗に行かれる方は、この2代目モデルの欠点・デメリットの一つでもある後方&斜め後方の視認性をしっかりと確認をしてみてくださいね。

>>> ココが残念!新型デイズが競合車よりも劣っている3つの欠点&デメリット

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする