上質で華やかなインテリアに!?新型デイズ ボレロの内装の実車画像レビュー

2019年3月に日産から新発売された2代目新型デイズ(DAYZ)では、ノーマル車とハイウェイスターの他にオーテックが手掛けた”ボレロ(Bolero)”も用意しています。

このカスタム仕様の”ボレロ(Bolero)”は、専用デザインのキュートなホワイトホイールを標準装備するなど、レトロかわいい見た目に…。

>>> オシャレかわいい!?新型デイズ ボレロの外装の魅力を実車画像で徹底解剖

また、新型デイズ ボレロ(DAYZ Bolero)は、外装だけではなく、内装・インテリアも専用デザインとなっており、他のモデルでは味わえない特別感がありました。

オーテックが手掛けたカスタム仕様の”ボレロ(Bolero)”の内装・インテリアは、どのようなデザインになっていたのか?また、専用デザインとなっているインパネやシートは、どのような魅力を備えていたのか?

2019年3月にデビューを果たした特別な新型デイズ”ボレロ(Bolero)”の内装・インテリアを、実車画像を使って、徹底レビューしたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型デイズ ボレロの内装【インパネ・運転席周りのデザインをチェック】

2019年3月にデビューを果たした2代目新型デイズ(DAYZ)のカスタム仕様”ボレロ(Bolero)”の内装・インパネは、このようなデザインになっています。

■ボレロのインパネ

この”ボレロ(Bolero)”のベースとなっているXグレードのインパネは、アイボリーカラーになっているのに対し、この新型モデルでは、ピンクのインパネを採用。

また、この新型モデルのインパネに施されているホワイトカラーのステッチが、良いワンポイントアクセントになっているように感じました。

ハンドルもボレロ専用デザインに…

そんな新型デイズ ボレロ(DAYZ Bolero)の運転席周りのデザインの注目ポイントの一つが、ハンドル・ステアリングホイールです。

■ボレロのハンドル

このボレロ(Bolero)のベースとなっているノーマルモデルのXグレードのハンドル・ステアリングホイールは、シンプルなウレタン製になっており、見た目の安っぽさ・シンプルさが、欠点・デメリットの一つでした。

しかし、カスタマイズ仕様の”ボレロ(Bolero)”では、ホワイトとピンクを組み合わせた専用デザインのハンドル・ステアリングホイールを標準装備。

ピンクのステッチがオシャレで、軽自動車とは思えない高級感とオシャレさを兼ね備えたハンドル・ステアリングホイールとなっていました。

高級感のある送風口(サイドレジスター)を標準装備

ピンクを基調にしたオシャレなデザインになっていた新型デイズ ボレロ(DAYZ Bolero)のインパネですが、印象的だったのが、インパネの左右に備わっている送風口(サイドレジスター)のデザインです。

■ボレロのサイドレジスター

この新型ボレロのサイドレジスターは、艶やかなピアノブラック調の加飾を施したデザインに…。

この新型デイズ ボレロ(DAYZ Bolero)は、ピンク基調の甘い感じのインテリアになっているのですが、内装・インテリアの引き締め役として、ピアノブラック調のサイドレジスターが良いスパイスになっていました。

ボレロ専用のフロアマットも用意

また、2019年3月にデビューを果たした新型デイズ ボレロ(DAYZ Bolero)では、”ボレロ(Bolero)”のエンブレムがにい込まれた専用デザインのフロアマットも用意。

■ボレロ専用デザインのマット

この”ボレロ(Bolero)”では、ドア内側パネルやシートのカラーにマッチをしたアイボリーカラーのフロアマットを採用。フェミニンなカラーになっており、華やかな室内空間を演出しているのに一役買っているように感じました。

新型デイズ ボレロのシートも専用デザインに…

オーテックが手掛けたカスタム仕様の新型デイズ ボレロ(DAYZ Bolero)は、シートも専用デザインになっています。

■ボレロのフロントシート

■ボレロの後部座席

他のモデルと異なり、カスタム仕様のボレロ(Bolero)は、ピンクを基調にしたシートを標準装備。クルマに乗るのが楽しくなりそうな、華やかで明るい車内空間を演出していました。

上質感のあるシート素材

鮮やかなピンクが眩しいオシャレなシートを採用している新型デイズ(DAYZ)ですが、シートに採用されている素材も注目ポイントの一つです。

この”ボレロ(Bolero)”のシートのメイン部分に滑らかな肌触りが特徴のトリコット素材を、そして、サイド部分には、上質な風合いのホワイトのソフトレザー素材を組み合わせたコンビネーションシートを標準装備。

■メイン部分に採用されているトリコット素材

■シートサイドのソフトレザー素材

シートサイドに施されているピンクのダブルステッチがオシャレですよね。

この”ボレロ(Bolero)”のシートは、新型デイズ(DAYZ)の標準仕様では味わえない上質感と肌触りの良さがあり、好印象でした。

ちなみに、新型デイズ ボレロ(DAYZ Bolero)の運転席と助手席の間に備わっているアームレストもソフトレザー素材となっており、肌触りの良いデザインに…。アームレスト一つとっても、軽自動車とは思えない高級感と快適さを兼ね備えていました。

■ボレロのアームレスト

2019年3月にフルモデルチェンジをして新発売された日産の新型デイズ(DAYZ)のカスタム仕様”ボレロ(Bolero)”の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

この新型モデルの内装・インテリアは、ピンクを基調にした華やかでオシャレなデザインに…。

ただ、ピンク基調と言っても、甘すぎ無いため、幅広い年齢層に愛される車内空間になっているように感じました。

>>> 新型デイズは運転しやすい!先代より操作しやすいと感じた3つの理由とは?

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする