【ハイウェイスターvsノーマル車】新型デイズの内装の違いとは?

軽自動車の枠を遥かに超えた存在感を誇るハイト系ワゴン2代目新型デイズ(DAYZ)が、2019年3月に日産からデビューを果たしました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された2代目モデルは、スポーティーなハイウェイスターと親しみやすいノーマルモデルの2つのスタイルを用意しています。

ただ、この2台のモデルは、外装だけではなく、内装・インテリアのカラーや用意されている装備・アイテムなどにも大きな差が…。

2019年3月にデビューを果たした新型デイズ(DAYZ)のハイウェイスターとノーマルモデルの内装色は、それぞれどのようになっていたのでしょうか?また、機能や装備には、どのような違いがあったのでしょうか?

フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)のハイウェイスターとノーマルモデルの内装・インテリアの違いを、実車画像を使って、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型デイズのハイウェイスターとノーマルモデルの内装色の違いをチェック

2019年3月にフルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)のハイウェイスターのハイウェイスターとノーマルモデルで大きく異なるのが、内装色(インテリアカラー)です。

そんな新型モデルはウェイスターとノーマルモデルの内装色(インテリアカラー)の違いを紹介したいと思います。

ハイウェイスターはスタイリッシュなエボニーの内装色を採用

スポーティーさが特徴の新型デイズ(DAYZ)の上位モデル”ハイウェイスター”は、スタイリッシュさを演出するエボニー(漆黒)を、内装色に採用しています。

■エボニーを基調にしたハイウェイスターの内装

また、シートのメイン部分には、ハイウェイスターの頭文字でもある”HWS”をちりばめたモノグラム調のデザインになっています。

このハイウェイスターの内装・インテリアは、シックモダンな雰囲気になっており、男性が乗っても違和感を感じないデザインになっていました。

>>> 新型デイズ ハイウェイスターの内装インプレ【軽の枠を超えた高級感に驚愕】

ちなみに、新型デイズ(DAYZ)のハイウェイスターでは、ブラウンを基調にしたエレガントな雰囲気の内装・インテリアに変更できるメーカーオプション”プレミアムコンビネーションインテリア”を用意しています。

このプレミアムコンビネーションインテリアは、ブルーをアクセントカラーに使用した凝ったデザインに…。

ワンランク上の高級感や上質感を求める方には、オシャレで落ち着いた内装を演出するプレミアムコンビネーションインテリアは、ピッタリななのかなと思いました。

>>> 新型デイズのプレミアムコンビネーションインテリアは豪華!?実車画像レビュー

ノーマルモデルは、エレガントなアイボリーの内装色を採用

一方、下位モデルに位置をする新型デイズ(DAYZ)のノーマルモデルの内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■アイボリーを基調にしたノーマルモデルの内装・インテリア

エボニーを内装色に採用し、クールな印象が強かったハイウェイスター(Highway STAR)に対し、ノーマルモデルは、華やかさを演出するアイボリーを内装色に採用。

シートには、ソファーのような温もりのあるファブリック素材を使用している事もあり、ノーマルモデルは、女性が好みそうなカジュアルでオシャレな内装・インテリアになっていました。

また、アイボリーを基調にしたノーマルモデルの内装・インテリアは、車内が明るく開放感のあるデザインになっていたのも好印象でした。

>>>【あと一歩のところが多々…】新型デイズ ノーマル車の内装の実車画像インプレ

新型デイズのハイウェイスターとノーマルモデルの内装【機能や装備の違いをチェック】

日産から新発売された新型デイズ(DAYZ)のハイウェイスターとノーマルモデルの内装・インテリアを見比べてみると、内装色だけではなく、搭載されている機能や装備、ハンドルなどに使用されている素材などに違いがありました。

ハイウェイスターとノーマルモデルの内装・インテリアの機能や装備、アイテムには、どんな違いがあったのでしょうか?

実車画像を使って、この2台の機能や装備、アイテムなどの違いを紹介したいと思います。

同一車線自動運転技術プロパイロット機能

2019年3月にデビューを果たした新型デイズ(DAYZ)のハイウェイスターとノーマルモデルの大きな違いの一つが、高速道路での運転をラクにしてくれる同一車線自動運転技術のプロパイロット機能です。

この新型モデルの最大の注目ポイントの一つ”プロパイロット機能”ですが、用意されているのは、上位モデルのハイウェイスターのみとなっており、ノーマルモデルでは用意されていません。

今後、特別仕様車などで、ノーマルモデルにもプロパイロット機能が搭載されるかもしれません。しかし、現時点では、プロパイロット機能を搭載したモデルが欲しいと思ったら、嫌でもハイウェイスターを選ぶしかないので、ご注意くださいね。

ハンドル・ステアリングホイール

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)のハイウェイスターとノーマルモデルの違いの一つが、ハンドル・ステアリングホイールです。

■ハイウェイスターのハンドル

■ノーマルモデルのハンドル

どちらもオーソドックスな3本スポークのハンドル・ステアリングホイールを標準装備しているのに違いはありませんが、使用されている素材に違いがあります。

ノーマルモデルのハンドル・ステアリングホールは、ウレタン製のシンプルなデザインになっているのに対し、ハイウェイスターのハンドル・ステアリングホイールは、高級感を演出する本革を採用。

■ハイウェイスターに採用されている本革

また、ウレタン製と本革巻きのハンドル・ステアリングホイールでは、見た目のデザインだけではなく、握り心地にも違いが…。

見た目のデザイン、使い勝手どれをとっても上位モデルのハイウェイスターに搭載されているハンドル・ステアリングホイールの方が、一枚も二枚も上手のように感じました。

シフトレバー

また、新型デイズ(DAYZ)のハイウェイスターとノーマルモデルでは、シフトレバーのデザインにも違いがありました。

■ハイウェイスターのシフトレバー

■ノーマルモデルのシフトレバー

ノーマルモデルは、スイッチ部分がプラス素材になっているのに対し、上位モデルのハイウェイスターでは、メッキ調のシフトレバーを標準装備。

ハンドルだけではなく、シフトレバーも、ハイウェイスター(Highway STAR)の方が高級感のあるデザインになっているのが、印象的でした。

ドア内側パネル

また、新型デイズ(DAYZ)のハイウェイスターとノーマルモデルでは、ドア内側パネルのデザインや素材感が異なります。

■ノーマルモデルのドア内側パネル

■ハイウェイスターのドア内側パネル

どちらのモデルのドア内側パネルも、シートやダッシュボードにマッチしたオシャレなデザインになっているのですが、この2台のモデルでは、ドアハンドルのデザインに違いがありました。

ノーマルモデルのドア内側ハンドルは、ご覧の通り、プラスチック素材のシンプルなデザインに…。

■ノーマルモデルのドアハンドル

一方、ハイウェイスター(Highway STAR)は、メッキ調のドアハンドルを採用。

■ハイウェイスターのドア内側ハンドル

ドア内側ハンドルをメッキにするだけで、見た目の雰囲気が大きく異なりますよね。

ドア内側パネル一つとっても、ノーマルモデルよりもハイウェイスター(Highway STAR)の方が高級感があるデザインになっていました。

サンバイザー

また、パッと見ただけでは分りませんが、新型デイズ(DAYZ)のハイウェイスターとノーマルモデルでは、サンバイザーのデザインや使い勝手にも違いがあります。

■新型デイズのサンバイザー

運転席側のサンバイザーは、ハイウェイスター/ノーマルモデルどちらも共通のデザインに…。バニティミラーとカードホルダーが用意されており、運転席側のサンバイザーは、どちらのモデルも使い勝手の良いデザインになっていました。

しかし、新型デイズ(DAYZ)のハイウェイスターとノーマルモデルでは、助手席側のサンバイザーに違いが…。

助手席側のサンバイザーにバニティミラーが備わっているのは、ハイウェイスターのみ。ノーマルモデルの助手席側のサンバイザーには、お化粧を直す際に便利なバニティミラーが用意されていません。

旦那さんが主に運転をして、奥さんが助手席に座る機会が多いファミリーやご夫婦は、助手席側にもバニティミラーが用意されているハイウェイスターの方が便利なのかなと思いました。

パーキングブレーキ

2019年3月にフルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)のハイウェイスターとノーマルモデルの内装・インテリアで大きく異なるのが、パーキングブレーキのデザインと機能性です。

ノーマルモデルは、ご覧の通り、オーソドックスな足踏み式のパーキングブレーキを全グレード標準装備しています。

■ノーマルモデルのパーキングブレーキ

一方、ハイウェイスターの上位モデル”プロパイロット エディション”では、スムーズに発進/停車ができる電動式のパーキングブレーキを標準装備。

■ハイウェイスターの電動式パーキングブレーキ

また、”ハイウェイスター(Highway STAR)”のプロパイロットエディションでは、ブレーキペダルから足を離しても停車状態を維持してくれるオートブレーキホールド機能も標準装備。

このように使い勝手が良く、便利な機能が搭載されているのも新型デイズ ハイウェイスター(DAYZ Highway STAR)の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

2019年3月にフルモデルチェンジをして新発売された新型デイズ(DAYZ)のハイウェイスターとノーマルモデルの内装・インテリアを比較してみたところ、このような違いがありました。

ノーマルモデルのカジュアルなデザインも良いのですが、ハンドルやシフトレバーなどの質感に物足りなさが…。良くも悪くも軽自動車っぽいデザインになっていました。

一方、上位モデルのハイウェイスターは、普通乗用車と比較しても勝るとも劣らない機能を装備。また、内装・インテリアのデザイン性や質感も軽自動車のレベルを遥かに超えていました。

せっかく新車を購入するのなら、内装・インテリアにもこだわりたい!という方は、ノーマルモデルよりもハイウェイスターの方が、満足度が高くて良いのかなと思いました。

ただ、内装のデザインだけではなく、パワートレインなどの違いの影響もあり、新型デイズ(DAYZ)のハイウェイスターとノーマルモデルの車体本体価格・乗り出し価格は大きく異なるので、ご注意くださいね。。

>>> 新型デイズの見積もり公開【ハイウェイスターと標準車の価格差に驚愕!】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする