4代目より大幅に進化!?新型フォレスターのメーターの使い勝手レビュー

2018年6月、スバルの人気グローバルモデル新型フォレスター(Forester)の5代目モデルがフルモデルチェンジをして、デビューをしました。

今回新発売された新型モデルは、キープコンセプトとなっているため、4代目モデルを踏襲したデザインになっています。ただ、実際にこの5代目モデルを見てみると、4代目モデルよりも明らかに高級感・儒質感のある外装・内装になっていました。

>>> 新型フォレスターの内装の実車画像レビュー【使い勝手&デザイン性を徹底チェック】

また、今回新発売された5代目新型フォレスター(Forester)は、メーター&マルチファンクションディスプレイのデザインも進化していて、視認性が良くなった感じが…。

この5代目モデルのメーター&マルチファンクションディスプレイは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、4代目モデルと比較して、どのような違いがあったのでしょうか?

2018年3月にデビューをした新型フォレスター(Forester)のメーター&マルチファンクションディスプレイの視認性・使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。また、4代目との違い・進化をしたポイントを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

5代目新型フォレスターのメーター【使い勝手はどうだった?】

2018年6月にデビューをしたスバルの人気SUV”新型フォレスター(Forester)”のメーターは、このようなデザインになっています。

■新型フォレスターのメーター:エンジンOFF時
グレード:プレミアム

そして、実際にエンジンを立ち上げてみると、このような感じに…。

■新型フォレスターのメーター:エンジンON時
グレード:プレミアム

今回私が見たモデルは、中間グレードの”プレミアム(Premium)”だったのですが、左右にタコメーターとスピードメーターを配置したアナログ式の2眼式メーターを採用。

■新型フォレスターのタコメーター

■新型フォレスターのスピードメーター

今回新発売された5代目モデルのタコメーターやスピードメーターは、メーター針や文字盤にホワイトカラーを採用。文字盤の数値も見やすく、シンプルながら視認性に優れたデザインになっているように感じました。

また、タコメーターやスピードメーターがゼロ(0)を指している時に真横にくるようになっている”水平指針”のメーターを採用しているのも、走りにこだわったスバルらしいなと感じました。

先代モデルよりも見やすくなったマルチインフォメーションディスプレイ

そんな新型フォレスター(Forester)のメーターを確認していて、先代モデルよりも格段に良くなったと感じたのが、タコメーターとスピードメーターの間に備わっているマルチインフォメーションディスプレイです。

先代モデルも今回新発売された5代目モデルと同様に、タコメーターとスピードメーターの間にマルチインフォメーションディスプレイが備わったデザインになっていました。

しかし、今回新発売された5代目新型フォレスター(Forester)は、4代目モデルよりもマルチインフォメーションディスプレイの画面が一回り大きいサイズに…。

実際に先代モデルと5代目モデルのマルチインフォメーションディスプレイを見比べてみると、このような違いがありました。

■4代目モデルのマルチインフォメーションディスプレイ

■5代目モデルのマルチインフォメーションディスプレイ

このように2台のモデルを見比べると、画面サイズの違いが一目瞭然ですよね。

個人的には、先代モデルよりもマルチインフォメーションディスプレイの視認性が良くなったのが、好印象でした。

5代目新型フォレスターのマルチファンクションディスプレイの表示項目&視認性をチェック

また、今回新発売された5代目新型フォレスター(Forester)は、インパネ中央の画面上段に様々な情報を表示してくれるマルチファンクションディスプレイを配置しています。

先代モデルのマルチファンクションディスプレイの画面サイズは4.3インチとなっていたのですが、今回新発売された5代目モデルでは、画面サイズが一回り大きい6.3インチサイズに…。

■4代目モデルのマルチファンクションディスプレイ

■5代目モデルのマルチファンクションディスプレイ

4代目モデルのマルチファンクションディスプレイは、若干画面サイズの小ささが気になりましたが、今回新発売された新型モデルは、画面サイズが大きくなった事により、視認性が良くなりました。

また、今回新発売された5代目新型フォレスター(Forester)のマルチファンクションディスプレイは、サイズが大きくなった事により、グラフィックも鮮明になった感じが…。

ちなみに、こちらは、Xモードを起動した時の4代目モデルと5代目モデルのマルチファンクションディスプレイの画面です。

■4代目モデルのXモード

■5代目モデルのXモード

見た目のグラフィック性能が全く異なりますよね。

やはり画面サイズが大きくなった新型モデルの方が、グラフィックも鮮明になり、見やすくなった感じが…。

メーターと同様に今回新発売された新型フォレスター(Forester)のマルチファンクションディスプレイの視認性・使い勝手が良くなっているのも、個人的に高ポイントでした。

5代目新型フォレスターのマルチファンクションディスプレイの表示項目は?

このように画面サイズが一回り大きくなった新型フォレスター(Forester)のマルチインフォメーションディスプレイですが、どのような表示画面を用意しているのでしょうか?

ちなみに、ハンドルの左側に設置されているステアリングスイッチでディスプレイに表示されている情報を切り替える事が可能です。

■マルチファンクションディスプレイの切り替えスイッチ

そして、実際にこの新型モデルのマルチファンクションディスプレイの表示項目を確認してみたところ、このような表示項目を用意していました。

■燃費表示
平均燃費や瞬間燃費、航続可能距離を表示してくれる画面です。

■サブメーター表示
任意に設定をした画面を最大3つまで表示してくれる画面です。

ちなみに、今回は水温計、油温計、アクセル開度を表示しています。
また、それ以外にも、平均車速やカレンダー、瞬間燃費などを表示する事が可能になっているようですよ。

■エアコン画面
空調パネルを操作した際に割りこまれる画面です。

■時計画面
時計やカレンダーを表示してくれる画面です。

■アイサイト画面
スバルの安全装備システム”アイサイト(Eye Sight)”の作動情報を表示してくれる画面です。

■予防安全画面
ステアリングホイールの舵角、車両の傾斜状況、動力伝達状況など走行状況に関する情報を表示してくれる画面です。

■電装品作動状態
プリリクラッシュブレーキなどの安全装備やヘッドライト/フォグランプの点灯状態などを表示してくれる画面です。

■Xモード駆動画面:スノー・ダートモード時
Xモードを切り替え、”スノー・ ダートモード”にした時に割りこまれる表示です。

■Xモード駆動画面:ディープスノー・マッド時
Xモードを切り替え、”ディープスノー・マッドモード”にした時に割りこまれる表示です。

■フロント/サイドビューモニター
フロントグリルと助手席側のドアミラーに設置されたカメラの映像を表示してくれます。

今回新発売された新型フォレスター(Forester)に用意されているマルチファンクションディスプレイは、画面サイズが大きくなっただけではなく、情報量も多くなった感じが…。

また、ただ情報量が多くなっただけではなく、グラフィックを上手に活用して、直感的に何を表示しているのか分かるようなデザインになっているのも好印象でした。

2018年6月にデビューをした5代目新型フォレスター(Forester)のメーター&マルチファンクションディスプレイは、このようなデザインになっていました。

今回新発売された新型モデルは、基本的は先代モデルと近いデザインになっていましたが、マルチファンクションディスプレイの画面サイズが大きくなるなど、視認性に優れたデザインに…。

また、マルチファンクションディスプレイのグラフィックがキレイになっており、見やすいデザインになっていたのも好印象でした。

ちなみに、今回新発売されている新型モデルは、アクティブさが特徴のX-BRAKE(Xブレイク)や発進時にモーターがアシストをするハイブリッド車”e-BOXER”は、専用デザインのメーターとなっています。

もしディーラーさんで様々なグレードを見比べる機会がありましたら、このメーターのデザインや情報の違いにも、注目をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする