意外と運転しやすい!?新型フォレスターの後方視界の視認性を実車画像で確認

道を選ばない走破性の良さとツールとしての使い勝手の良さが魅力のスバルのミドルクラスSUVの新型フォレスターが、2018年6月にフルモデルチェンジを行いました。

今回新発売された5代目モデルは、先代よりもボディサイズが一回り大きくなっています。ただ、サイドミラーの取り付け位置を工夫するなど、様々な視認性と運転性を確保する対策が施されているため、ボディサイズの大きさは、全く気になりませんでした。

また、今回新発売された新型フォレスター(Forester)は、前方視界だけではなく、後方視界もかなり良いように感じました。

2018年6月にデビューをした5代目モデルの後方視界は、どのような感じだったのでしょうか?また、私が実際にこの新型モデルを運転していて、良いと思った事は、何だったのでしょうか?

フルモデルチェンジをして新発売された5代目新型フォレスター(Forester)の後方視界について、他のクロスオーバーSUVよりも良いと思ったところ、実車画像を使って、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

5代目新型フォレスターの後方視界をチェック:競合車よりも良いと思った事とは?

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売されたスバルのミドルクラスSUV新型フォレスター(Forester)の運転席は、このような感じになっています。

■新型フォレスターの運転席

この新型モデルの最低地上高(地面からフロアまでの高さ)は約220mm、フロントシートの高さは約680mmあるため、運転席に座ると、着座位置・アイポイントの高さを実感する事ができます。

そして、この新型モデルの運転席に乗り込んで、クルマの後方を確認してみると、このような感じに…

■新型フォレスターの後方視界

今回新発売されたこの新型モデルの後方視界を確認してみた時の私の第一印象は…

「リアガラスのエリアがメッチャ広い。」

最近、スタイリッシュなクーペスタイルのSUVが流行っており、リアガラスのエリアが狭かったり、ピラーがリヤガラスを貫いていてリアガラスを上下2分割にしているものもあり、デザイン性重視になってきており、後方の視界性が犠牲にクルマが増えています。

しかし、今回新発売された新型フォレスター(Forester)は、この時代の流れに逆らっているデザインに…。

フロントガラスと同様にこのリヤガラスも上下左右ともに十分なサイズになっており、広範囲に見渡す事ができるようになっていました。また、この広いサイズになっているリアガラスは、安全面だけではなく、SUVらしい解放感にも貢献しているように感じました。

>>> 5代目新型フォレスターの安全装備【先代より進化した5つのポイントとは!?】

斜め後方の視界の広さも好印象

また、フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)は、斜め後方の視界も広く確保されていました。

こちらの画像は、実際に運転席から左後方を確認した時の様子。

■新型フォレスターの斜め後方の視界

クルマによっては、後部座席横のサイドウィンドウが切りあがっていて、斜め後方の視界が悪いクルマがあるなか、この5代目モデルでは、長方形のような形をさいたサイドウィンドウを採用。

サイドウィンドウのサイズも十分な広さを確保しており、安心して運転できるサイズのガラスエリアになっているように感じました。

また、今回新発売された新型フォレスター(Forester)は、後方に三角窓を用意していません。ただ、Cピラー自体が細めのデザインになっているため、三角窓が用意されていないのも全く気にはなりませんでした。

スマートリヤビューミラーで後方の視認性がさらにアップ

今回フルモデルチェンジをして新発売をした5代目新型フォレスター(Forester)の試乗をしていて、良いと思った機能の一つが、オプション設定になっている”スマートリヤビューミラー”です。

フォレスターに初めて導入された”スマートリヤビューミラー”とは、バックドアガラスの上部に取り付けたカメラで車体後方の映像を撮影し、その映像をバックミラーに内蔵されたディスプレイに表示してくれる機能です。

実際にスマートリヤビューミラーを使ってみると、このような感じ…。

■新型フォレスターのスマートリヤビューミラー

後部座席に同乗者がいる場合や荷室・ラゲッジルームにたくさんの荷物を積み込んだ場合、リアガラスが遮られてしまい、後方の視認性が悪くなることってありますよね。

しかし、このスマートリヤビューミラーを使用すると、このような時にもしっかりと後方を確認できるので、とても便利だなと思いました。

また、新型フォレスター(Forester)は元々十分なリヤガラスエリアを確保していますが、スマートリヤビューミラーを使用すると、さらに広い範囲を確認する事ができます。

この確認できる範囲の広さもスマートリヤビューミラーの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

また、先ほども紹介した通り、この新型モデルは、SUVではトップクラスの後方の視界性を確保しています。ただ、このスマートリヤビューミラーを使用すると、さらに広い範囲を確認する事が可能です。

>>> 新型フォレスターのスマートリヤビューミラー【後方の視界は本当に良くなる!?】

この確認できる範囲の広さもスマートリヤビューミラーを装着するメリットの一つなのかなと思いました。

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売されたスバルの人気SUV新型フォレスター(Forester)の後方の視界を確認したところ、このようになっていました。

この新型モデルは、フロントガラスと同様に大きめのリヤガラスを備えているため、後方視界もSUVカテゴリーの中でトップクラスに…。また、この新型モデルは、箱型のデザインになっており、後方の車体感覚が掴みやすく、運転がしやすくなっているのも好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする