新型フォレスターの内装の実車画像レビュー【使い勝手&デザイン性を徹底チェック】

2018年6月、スバルの中でも特に人気が高いミドルクラスSUVの新型フォレスター(Forester)がフルモデルチェンジを行い、5代目がデビューをしました。

今回新発売された新型モデルは、キープコンセプトとなっているため、4代目モデルを踏襲した外装・エクステリアに…。ただ、先代となる4代目モデルよりもスタイリッシュで、引き締まった見た目になっているように感じました。

>>> 新型フォレスターの外装の実車画像レビュー【ガソリン車の魅力&特徴を徹底解剖】

また、今回新発売された新型フォレスター(Forester)は、外装と同様に、内装・インテリアも4代目モデルを踏襲したデザインに…。

フルモデルチェンジをして新発売された新型SUVの内装・インテリアは、どのようなデザインになっているのでしょうか?また、今回新発売された新型モデルの内装・インテリアの注目ポイントは、何だったのでしょうか?

2018年6月にデビューをしたスバルの人気SUV”新型フォレスター(Forester)”の内装・インテリアを実車画像を使って、徹底的にレビューをしてみたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フォレスターの内装レビュー:新しくなったインパネの注目ポイントは?

2018年6月にデビューをした5代目新型フォレスター(Forester)の内装・インパネは、このようなデザインになっています。

■新型フォレスターの内装・インパネ

インパネ中央上段に配置されたマルチファンクションディスプレイやダイヤル式になっている空調パネルなど、基本的なインパネのレイアウトは、先代モデルと同じデザインになっています。

■新型フォレスターのマルチファンクションディスプレイ

ただ、今回新発売された新型モデルのインパネは、先代モデルよりも立体的なデザインになっており、見た目のデザイン性が明らかに良くなった感じが…。

特にオレンジのアクセントカラーを施したX-BRAKE(Xブレイク)の内装・インテリアは、スバルのクルマとは思えない程オシャレ&プレミアム感なデザインになっているように感じました。

■新型フォレスター X-BRAKEのインパネ

また、今回新発売された5代目モデルは、インパネ(ダッシュボード)やウィンドガラスの形状・サイズを一から見直したようで、運転席からの視界が良く、運転しやすいデザインになっているのも好印象でした。

注目ポイント1:使い勝手が良くなったX-MODE

そんな新型フォレスター(Forester)の内装・インテリアを確認していて印象的だった装備・機能の一つが、悪路や滑りやすい道路を運転する時に使用するX-MODEスイッチです。

■新型フォレスターのXモードスイッチ

先代モデルでもX-MODE(Xモード)スイッチを用意していましたが、今回新発売された新型モデルは、シフトレバーの後方の操作がしやすい位置に配置。

また、この新型モデルのX-MODE(Xモード)スイッチはダイヤル式になっており、先代モデルよりも操作性が格段に良くなっているように感じました。

注目ポイント2:ドライバーさんを助ける便利な装備が充実

また、今回新発売された新型フォレスター(Forester)の内装・インテリアを確認してみて印象的だったのが、運転を楽にしてくれる機能や装備が充実していた事です。

例えば、今回新発売された新型フォレスター(Forester)では、電動式のパーキングブレーキやブレーキペダルから足を離してもブレーキ状態を保持してくれる”オートブレーキホールド”を標準装備しています。

■電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールド

また、最上位モデルの”アドバンス(Advance)”では、世界初搭載となる機能”ドライバーモニタリングシステム”を採用しています。

この”ドライバーモニタリングシステム”とは、運転席に乗りこんだ際、ドライバーの顔認証を行い、予め設定しておいたシートポジションやミラーの位置に自動的に調節してくれるという機能です。

また、今回新発売された新型フォレスター(Forester)では、居眠り運転やわき見運転を検知する機能など、安全装備も充実。

マツダのCX-5や日産のエクストレイルなど、この新型モデルのライバルも強力ですが、この新型フォレスター(Forester)の運転をラクにしてくれる機能や安全装備の充実度は、ライバル車を遥かに凌駕しているように感じました。

新型フォレスターの内装レビュー:新設計のシートで快適性がアップ!?

今回新発売された5代目新型フォレスター(Forester)のシートは、このようなデザインになっています。

■新型フォレスターのフロントシート

■新型フォレスターの後部座席

先代モデルと同様に、今回新発売された新型モデルもブラックをベースにした落ち着いた雰囲気のシートになっています。

しかし、この新型モデルのために新開発されたシートは、より体にフィットするデザインに…。特に後部座席のホールド感&フィット感が良くなっているのが好印象でした。

注目ポイント1:シートヒーターを全グレード標準装備

また、今回新発売された新型フォレスター(Forester)の注目ポイントの一つは、シートヒーターです。

なんとこの新型モデルでは、全グレードフロントシートだけではなく、後部座席のシートヒーターを標準装備。

■後部座席のシートヒータースイッチ

最上位モデルのアドバンス(Advance)だけではなく、ベースグレードとなる”ツーリング)Touring)”でもフロントシート&後部座席のシートヒータースイッチが標準装備されているのが、嬉しいですよね。

また、この新型モデルの後部座席には、USBソケットや上下2段に分かれたシートバックポケットも標準装備されています。

■新型フォレスターの後部座席用USBポート

■新型フォレスターのシートバックポケット

このようにファミリーカーとしての使い勝手が向上したのも、この新型モデルの見逃せないポイントの一つなのかなと思いました。

注目ポイント2:後部座席の居住空間

また、今回新発売された5代目を確認していて良いと思った事の一つが、後部座席の居住性・居心地の良さです。

今回新発売されたこの新型モデルは、先代モデルよりもホイールベースを30mmほど拡大したおかげで、後部座席の足元空間(ニークリアランス)が広くなった感じが…。

日産のエクストレイル(X-TRAIL)やマツダのCX-5など競合車・ライバル車よりも後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さが拡大され、成人男性が座っても、快適に過ごせるだけの広さになっていました。

また、後部座席の背もたれの角度を調節できるリクライニング機能も備えており、長時間ドライブをしても快適に過ごせるようになっていたのも高ポイントでした。

2018年6月にデビューをしたスバルの人気ミドルクラスSUV”新型フォレスター(Forester)”の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

この5代目モデルの内装・インテリアは、良くも悪くもスバルらしいデザインになっています。

ただ、先代モデルよりも格段にデザイン性がアップしており、満足度が高まった感じが…。また、世界初となる”ドライバーモニタリングシステム”など機能や装備が充実しているのも注目ポイントの一つです。

今回新発売された新型フォレスター(Forester)は、居住性(特に後部座席周り)も格段にアップしており、アウトドアレジャーなど趣味で使用するだけではなく、家族みんなで使用するファミリーカーとしても重宝するのかなと思いました。

>>> 4代目より大幅に進化!?新型フォレスターのメーターの使い勝手レビュー

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする