新型フォレスターで車中泊する事は可能!?【居心地や快適性を徹底チェック】

SUVらしいチカラ強さと使い勝手の良さを兼ね備えているスバルのミドルクラスSUVの新型フォレスター(Forester)が、2018年6月にフルモデルチェンジをしてデビューをしました。

視界性が良く運転がしやすいため、街乗り目的でこのクルマを購入していく方も多いですが、このクルマは、オフロードにも強いという事もあり、キャンプやスキー/スノーボードなどのアウトドアレジャーのお供に購入していく方も多いそうです。

>>> 広くて使い勝手も抜群!?新型フォレスターの荷室を徹底チェック

また、ディーラーさんの話によると、新型フォレスター(Forester)を買ったら、車中泊をしてみたいと思っているお客さんも大勢いるそうです。

今回新発売された5代目モデルは広い荷室・ラゲッジスペースを備えていますが、車中泊をする事は可能なのでしょうか?また、車中泊をする際の居心地の良さや快適性は、どうだったのでしょうか?

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)で車中泊をする事が可能かどうか確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フォレスターで車中泊は可能?車内の広さ&快適性を徹底チェック

結論から申し上げますと、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)ですが、少し工夫をすれば、快適に車中泊をする事が可能です。

そんな5代目モデルで車中泊をするのにピッタリなシートアレンジは、後部座席の背もたれを収納して荷室・ラゲッジスペースの広さを最大にした時のシートアレンジです。

■新型フォレスターの後部座席を収納した時の荷室

かなり広いですよね。

また、先代モデルでは、後部座席を収納した時、背もたれの部分で大きな段差が生じてしまいました。

■先代モデルの荷室・ラゲッジスペース

なので、先代モデルで快適に車中泊をするには、この後部座席の背もたれを収納した部分の段差を埋め、自力でフルフラットにする必要がありました。

しかし、今回フルモデルチェンジをして新発売されたこの新型モデルは、後部座席の背もたれ部分の段差が解消され、ほぼフルフラットな形状に…。(厳密には、若干の手前下がりになっていますが、ほとんど気になりません。)

なので、先代モデルと異なり5代目新型フォレスター(Forester)は、このままマットや布団を敷いて横になっても、十分快適に過ごせると思いますよ。

また、この新型モデルは、は荷室・ラゲッジスペースの高さが約810mmあり、居住空間が広いため、荷室・ラゲッジスペースに横になっても、圧迫感や窮屈感を一切感じないのも好印象でした。

大柄な男性が5代目新型フォレスター車中泊をするには、ちょっと工夫が必要

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)の後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースの奥行きは約1,805mmとなっており、ミドルクラスSUVの中でトップクラスの広さを備えています。

なので、小さいお子さんや小柄な女性が車中泊をするのには、十分な広さになっています。

実際に身長155cmの私の妻がこの新型モデルの荷室・ラゲッジスペースで横になったところ、全く窮屈感を感じることなく快適に過ごす事ができたそうです。

ただ、身長約175cmある私が、収納した後部座席のヘッドレスト部分に合わせて横になると、足がテールゲートに触れてしまうため、若干の窮屈な感じが…。

なので、身長170cm以上ある男性が新型フォレスター(Forester)で快適に車中泊をするには、次のような作業が必要になります。

1.フロントシートを前方にスライドする
2.後部座席の背もたれを収納する
3.フロントシートと後部座席の間のスペースを埋める

フロントシートと後部座席の間にあるスペースを埋めてるのは、ちょっと手間ですが、このようにすると、身長185cmくらいまでなら横になれるだけの広さを確保する事ができます。

私も実際にフロントシートを前方にスライドした状態で横になったのですが、テールゲートに足が触れることなくなったおかげで、快適性が格段にアップ。これなら窮屈感を感じることなく、ゆっくりと休むことができるように感じました。

このようにちょっと工夫をすれば、大柄な男性でも快適に車中泊をする事ができるだけの居住スペースを確保できるのは、新型フォレスター(Forester)の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

新型フォレスターは車中泊に便利な機能や装備が盛り沢山

また、2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)では、車中泊の役に立つ便利な機能や装備がたくさん用意されています。

例えば、テールゲートの内側に用意されているコンビニフックは、服やアイテムを掛けておくのに便利です。

■新型フォレスターのテールゲートのコンビニフック

また、オレンジのアクセントラインが印象的なアクティブモデルのX-BREAK(Xブレイク)では、テールゲート部分にもLEDのランプを用意。

■新型フォレスター Xブレークのリヤゲートランプ

このリヤゲートに用意されたLEDのライトは、夜に車中泊の準備をする時やキャンプ・アウトドアグッズを探す時などに重宝します。

今回新発売されたこの新型モデルは車中泊をするために設計・デザインされたクルマではありませんが、このように車中泊をするのに便利な機能や装備が充実しているのも、見逃せないポイントの一つですよ。

ちなみに、今回新発売された5代目モデルではハイブリッド車が登場しましたが、ガソリン車とハイブリッド車では、床下収納(サブトランク)の広さ・造りが異なります。

この新型フォレスター(Forester)では、フロントシート周りに荷物を置く事ができますが、ハイブリッド車よりも荷室・ラゲッジスペースの下の部分も有効活用できるガソリン車の方が、車中泊には向いているのかなと思いました。

>>> 新型フォレスターのガソリン車とハイブリッド車の床下収納の違いの実車画像で比較

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)で車中泊ができるかどうか確認したところ、このようになっていました。

この5代目モデルは、車中泊をするのに十分な荷室・ラゲッジスペースの広さを確保。

フロントシートと後部座席の間のスペースの隙間を埋めれば、背の高い成人男性でも、快適に車中泊をする事ができます。また、先代モデルと異なり、この5代目モデルは後部座席を収納した時に大きな段差がないのも好印象でした。

この新型モデルは天井も高く、車内の移動もラクなので、車中泊をしたい人にはピッタリな一台になのかなと思いました。

>>> 新型フォレスター ハイブリッドの見積もり公開【ガソリンとの差はどれくらい?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする