他グレードよりも劣る事とは?新型フォレスターX-BREAKの欠点&不満

2018年6月、アイポイントの高さを活かした運転のしやすさが魅力のミドルクラスSUV新型フォレスター(Forester)の5代目モデルが、スバルからデビューをしました。

そんな5代目モデルの注目のグレードの一つが、特別仕様車から標準グレードに格上げをされたX-BREAK(Xブレイク)です。

今回新発売された新型フォレスターのX-BREAK(Forester X-BREAK)は、撥水加工を施したシートや荷室など、他のグレードに用意されていない機能や装備が充実しているのが魅力の一つです。

>>> 内装の違いを徹底解剖!新型フォレスター X-BREAKの6つの専用装備とは?

ただ、その一方、新型X-BREAK(Xブレイク)は、プレミアムやアドバンスなど他のグレードよりも見劣りする部分も…。

アウトドア派に最適な機能性とデザインを備えている新型フォレスターのX-BREAK(Forester X-BREAK)の欠点・デメリットは、何だったのか?また、他のグレードよりも見劣りする点は、何だったのか?

オレンジのアクセントカラーが特徴のアクティブモデル”新型X-BREAK(Xブレイク)”の欠点・デメリットを包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フォレスターX-BREAKの欠点1:機能&装備の充実度

今回新発売された新型フォレスターのアクティブ仕様X-BREAK(Xブレイク)の欠点・デメリットの一つが、機能や装備の充実度です。

先ほども申し上げた通り、この新型X-BREAK(Xブレイク)は、撥水加工を施したシートやロープホールが備わったルーフレールなど、他のグレードには無い機能や装備が用意されているのが魅力の一つです。

■新型X-BREAK(Xブレイク)の撥水加工シート

■新型X-BREAK(Xブレイク)のルーフレール

ただ、その一方、プレミアム(Premium)やアドバンス(Advance)など新型フォレスターの上位モデルには標準装備されている機能や装備がX-BREAK(Xブレイク)には付いていないことも…。

その一つが、キーレスアクセス&プッシュスタート機能です。

最近のクルマでは当たり前に用意装備されているプッシュスタートエンジンが、この新型X-BREAK(Xブレイク)では標準装備されておらず、メーカーオプション設定になっています。

■新型フォレスターのキーレスアクセス&プッシュスタート

車体価格などを考えると、ちょっとコレは残念ですよね。

また、プレミアム(Premium)やアドバンス(Advance)などの上位モデルでは3段階から温度調節できるシートヒーターが標準装備されていますが、この新型フォレスターのX-BREAK(Forester X-BREAK)では、2段階の温度調節機能に…。

シートヒーターのスイッチも、新型X-BREAK(Xブレイク)ではセンターコンソール部分に変更。空調パネル部分でシートヒーターの温度調節ができるプレミアムやアドバンスよりも、操作性・使い勝手が劣るように感じました。

■新型フォレスターX-BREAKのシートヒータースイッチ

これ以外にも様々な違いが…

また、これ以外でも、新型フォレスターのX-BREAK(Forester X-BREAK)とプレミアム(Premium)やアドバンス(Advance)では、機能や装備に様々な違いがありました。

例えば、新型X-BREAK(Xブレイク)では、足元を彩るアルミパッド付きのスポーツペダルも標準装備されていません。

■新型フォレスターのアルミパッド付きのスポーツペダル

運転席と助手席の位置や背もたれの角度を電動で調整できる”運転席&助手席8ウェイパワーシート”もメーカーオプション設定になっています。

このように新型X-BREAK(Xブレイク)は、他のグレードに用意されていない機能や装備が充実している一方、あったら便利な機能が標準装備されていないのが、少々気になるところでした。

ちなみに、新型フォレスターのX-BREAK(Xブレイク)では、撥水加工を施した荷室フロアを採用するなど、他のグレードよりも荷室・ラゲッジスペースの使い勝手は良くなっています。

ただ、このグレードでも、電動でテールゲートを開閉できる”パワーリヤゲート”はメーカーオプション設定になっているので、ご注意を…。

新型フォレスターX-BREAKの欠点2:安全装備の充実度

また、安全装備の充実度も、今回新発売された新型フォレスターのアクティブモデル”X-BREAK(Xブレイク)”の欠点・デメリットの一つです。

この新型X-BREAK(Xブレイク)でも、アイサイトの最新バージョンでもある”バージョン3″が標準装備されているため、自動ブレーキなど最低限の安全装備は備わっています。

>>> どんな機能を用意!?新型フォレスターの安全装備”アイサイト”を徹底解剖

しかし、この新型X-BREAK(Xブレイク)では、プレミアムやアドバンスで標準装備されている安全性を強化する”アイサイトセーフティプラス(運転支援)”は付いておらず、メーカーオプション設定になっています。

>>> 新型フォレスターのアイサイトセーフティプラス(運転支援)の使い勝手を徹底解剖

長距離ドライブをする機会が多い新型X-BREAK(Xブレイク)こそ、安全性を強化するアイサイトセーフティプラス(運転支援)を標準装備して貰いたかったのですが…。

このように安全面を強化する”アイサイトセーフティプラス(運転支援)”がメーカーオプション設定になっているのも、X-BREAK(Xブレイク)の欠点・デメリットの一つなのかなと、思いました。

今回新発売された5代目新型フォレスターから標準グレードに格上げをしたX-BREAK(Xブレイク)は、他のグレードには用意されていない嬉しい機能が充実している一方、このような欠点・デメリットがありました。

メーカーオプションになっているキーレスアクセス&プッシュスタートなどはメーカーオプションとなっており、標準装備のままでは他のグレードや競合車よりも見劣りをします。

なので、この新型X-BREAK(Xブレイク)を注文する際は、”キーレスアクセス&プッシュスタート”や”アイサイトセーフティプラス(運転支援)”などのメーカーオプションを選ぶかどうかを慎重に検討する必要があるのかなと思いました。

ちなみに、この新型X-BREAK(Xブレイク)の車体本体価格は、291万6000円となっており、”プレミアム”グレードよりも約11万円安くなっております。

ただ、メーカーオプション設定になっているキーレスアクセス&プッシュスタートやアイサイトセーフティプラス(運転支援)などを装備すると、スグに”プレミアム”と同じような価格になってしまうので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする