競合車よりも劣る!?新型フォレスターのシートアレンジを実車画像でチェック

SUVらしいチカラ強さと場所を選ばない使い勝手の良さが魅力のスバルの人気SUV新型フォレスター(Forester)の5代目が、2018年6月にデビューをしました。

今回新発売されたこの5代目モデルは、先代よりも拡大されたホイールベースをすべて後部座席のスペースにあてた事もあり、後部座席の居住性が格段にアップ!大人でも快適に過ごせる広さを備えておりました。

>>> 後部座席の足元空間は本当に広い!?新型フォレスターの足元空間を計測してみた

このように後部座席の快適性は大幅にアップした新型モデルですが、シートアレンジの豊富さに関しては、競合車・ライバル車よりも少し劣る感じが…。

今回新発売された新型フォレスター(Forester)は、どのようなシートアレンジを用意しているのでしょうか?また、私がこの5代目モデルのシートアレンジに物足りなさを感じた理由は何だったのか?

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された5代目モデルのシートアレンジを確認してきたので、実車画像付きで紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フォレスターのシートアレンジ実車画像レビュー

2018年6月にデビューをした5代目新型フォレスター(Forester)のフロントシート・後部座席は、このようなデザインになっています。

■新型フォレスターのフロントシート

■新型フォレスターの後部座席

発売前は、今回デビューをする5代目モデルは最近トレンドの7人乗りの3列シートモデルも用意しているのではないのか?との噂が流れましたが、発売されたのは、2列シート仕様の5人乗りモデルのみ。残念ながら、7人乗りの設定はありませんでした。

そんな新型フォレスター(Forester)を試乗をした際に確認してみたところ、この新型モデルは、次のようなシートアレンジを用意しておりました。

■5人乗車時のシートアレンジ

■4人乗車時のシートアレンジ

■3人乗車時のシートアレンジ

■2人乗車時のシートアレンジ

今回新発売された新型フォレスター(Forester)の後部座席は、背もたれを左右別々に収納できる6対4分割方式を採用しています。そして、乗車人数や車内に積み込む荷物の量、大きさによって、様々なシートアレンジを行えるようになっています。

ただ、この新型モデルに用意されているシートアレンジは、良くも悪くもこれだけ。

お客さんの目を引くような便利なシートアレンジが一切用意されておらず、競合車の一つでもある日産の新型エクストレイル(X-TRAIL)と比較すると、少し物足りさを感じました。

そんな新型フォレスター(Forester)のシートアレンジですが、競合車・ライバル車と比較して、どこに物足りなさを感じたのでしょうか?私が実際にこの新型モデルのシートアレンジを確認してみて、不満に感じた事、残念に感じた事を包み隠さず紹介したいと思います。

シートアレンジの不満 その1:後部座席のスライド機能

フルモデルチェンジをして新発売された5代目新型フォレスター(Forester)のシートアレンジで残念だったことの一つが、後部座席のスライド機能が用意されていなかった事です。

スライド機能が用意されていると、普段は後部座席を後ろにスライドしてシート周りを広く使い、荷物が多い時は後部座席を前にスライドして、荷室の広さを優先するなど、後部座席/荷室の使い勝手が格段に良くなるんですよね。

しかし、今回新発売された5代目モデルでは、後部座席のスライド機能は用意されていませんでした。

今回新発売された新型フォレスター(Forester)では、後部座席の足元空間(ニークリアランス)が広くなったため、後部座席のスライド機能を用意しても良かったと思うのですが…。

ちなみに、競合車・ライバル車の一つでもある日産のミドルクラスSUV新型エクストレイル(X-TRAIL)では、後部座席のスライド機能が標準装備されています。

■新型エクストレイルの後部座席のスライド機能

荷室・ラゲッジスペースの使い勝手を考えると、新型フォレスター(Forester)よりも後部座席のスライド機能を標準装備している新型エクストレイル(X-TRAIL)の方が良いのかなと思いました。

シートアレンジの不満 その2:トランクスルー機能

また、フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)のシートアレンジを確認してみて、ちょっと残念に感じたのが、この新型モデルでも、トランクスルー機能が用意されていなかった事です。

競合車・ライバル車の一つでもある日産の新型エクストレイル(X-TRAIL)では、後部座席の中央部分のみを収納できるトランクスルー(アームレストスルー)機能を装備しています。

■新型エクストレイルのトランクスルー機能

なので、後部座席を収納することなく、スキーやスノボーの板など長尺物を積み込むことができちゃいます。また、スキーやスノボーの板などを積み込んだ状態でも、快適に過ごすことができます。

しかし、今回新発売された新型フォレスター(Forester)では、トランクスルー機能(アームレストスルー機能)を用意していません。なので、長尺物を積み込む時には、後部座席の左右のどちらかを収納しなければいけません。

後部座席を収納するのは、意外と手間ですし、何より、後部座席のどちらかを収納した時の居住性・居心地は、あまり良くありません。

長尺物を積み込む際の使い勝手や快適性も、今回新発売されたこの5代目モデルのの気になる事の一つでした。

シートアレンジの不満3:リラックスモード

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)のシートアレンジを確認していて、残念だったのは、フロントシートの背もたれと後部座席の2列目シートの座面を密着させるリラックスモードが用意されていなかった事です。

■車内でくつろぎたい時に重宝するリラックスモード

フロントシートと後部座席を密着させるリラックスモードが用意されていると、車内で足を伸ばして休憩したい時や仮眠を取りたい時に助かるんですよね。

しかし、今回新発売されたこの新型モデルでは、車内でくるろぎたい時にピッタリなシートアレンジ”リラックスモード”の用意がありませんでした。

ちなみに、新型フォレスター(Forester)のフロントシートの背もたれをを一番後ろまでリクライニングしてみると、このように後部座席の座面と重なってしまいます。

フロントシートと後部座席をフルフラットするシートアレンジ”リラックスモード”がこの新型モデルに用意されたら、キャンプなどアウトドアシーンでの使い勝手がもっと良くなるのに…と、少し残念に思いました。

2018年6月にフルモデルチェンジをしてデビューをしたスバルの人気SUV新型フォレスター(Forester)のシートアレンジを確認してみたところ、このようになっていました。

この新型モデルでは、6対4分割方式になっている後部座席を活用したシートアレンジのみ。後部座席のスライド機能なども用意されおらず、また、競合車に乗っている人が羨ましがるようなオリジナリティ溢れるシートアレンジも用意されていません。

高いアイポイントを活かした運転のしやすさや道を選ばない走破性など、競合車には無い魅力がこの新型フォレスター(Forester)にはあります。ただ、シートアレンジの豊富さに関しては、この新型モデルは、競合車・ライバル車よりもはるかに劣るのかなと感じました。

>>> 新型フォレスターの後部座席のリクライニング幅はどれくらい?【座り心地チェック】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする