新型フォレスターのフロントビューモニターはおススメ?使い勝手を実車画像で紹介

2018年3月、スバル随一の人気車種新型フォレスター(Forester)がフルモデルチェンジを行い、5代目がデビューをしました。

今回新発日された新型モデルは、スバルの代名詞でもある安全装備システム”アイサイト(Eyesight)”の最新バージョン”バージョン3(Ver.3)”が、全グレード標準装備されています。

なので、どのグレードを選んでも、十分に満足できる安全装備が用意されています。

また、今回新発売された新型フォレスター(Forester)では、メーカーオプションで”アイサイトセーフティプラス(支援拡張)”と言う装備を用意しており、安全性をさらに高める事が可能です。

先日、この5代目モデルを試乗した際、この”アイサイトセーフティプラス(支援拡張)”を機能の一つでもるフロントビューモニターの視認性や使い勝手を確認する事ができたのですが、思ったよりも良い感じが…。

“アイサイトセーフティプラス(支援拡張)”の機能の一つでもあるフロントビューモニターとは、どのような機能なのでしょうか?また、メーカーオプション設定になっている”フロントビューモニターは、装備した方が良いのでしょうか?

新型フォレスター(Forester)の”アイサイトセーフティプラス(支援拡張)”に用意されている機能の一つ”フロントビューモニター”の視認性や使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フォレスターのフロントビューモニターの視認性レビュー

5代目新型フォレスター(Forester)にメーカーオプションとして用意されているフロントビューモニターとは、フロントグリルに搭載されたカメラの映像(クルマの前方の様子)を、インパネの中央に配置されているマルチファンクションディスプレイに表示させる事ができる機能です。

■新型フォレスターのマルチファンクションディスプレイ

このフロントビューモニターは、センターコンソールに用意されている”カメラ切り替えスイッチ”で表示させることが可能です。

■新型フォレスターのカメラ切り替えスイッチ

そして、実際にカメラ切り替えスイッチを押して、マルチファンクションディスプレイにフロントビューモニター映像を表示してみたところ、このような感じに…

■新型フォレスターのフロントビューモニター

映像も意外とキレイですよね。

今回新発売された新型フォレスター(Forester)に用意されているマルチファンクションディスプレイの画面のサイズは、6.3インチサイズと先代モデルよりも大きくなっている事もあり、運転席からのフロントビューモニターの視認性も思ったよりも良いように感じました。

ちなみに、今回新発売されたこの5代目モデルでは、前方の視界をマルチファンクションディスプレイに映し出す”フロントビューモニター”だけではなく、助手席側の前輪近くを映し出す”サイドビューモニター”も用意しています。

■新型フォレスターのサイドビューモニター

前方の視界は、目視だけで十分だと思うかもしれません。

ただ、このようにフロントビューモニターやサイドビューモニターは、死角になりやすい部分をカメラの映像でしっかりとサポートしてくれるので、意外と重宝するのかなと、実際にこの機能を使ってみて思いました。

新型フォレスターのフロントビューモニターの魅力&メリット

このような視認性になっている新型フォレスター(Forester)のフロントビューモニターですが、この機能を搭載するメリット&魅力は、何なのでしょうか?

その一つが、確認できる視野の広さです。

狭い路地や見通しの悪い交差点など、左右の見通しが悪く、歩行者や自動車などの接近が確認しにくい場面と言うのは、多々ありますよね。

しかし、今回新発売された新型フォレスター(Forester)のフロントビューモニターは、目視できるよりも広い範囲の映像を映し出してくれるため、見通しが悪い交差点や車庫から発進する際の安全をサポートしてくれます。

実際に目視で確認できる範囲とフロントビューモニターでは、どのくらい確認できる範囲が異なるのか、また、見え空が異なるのか確認してみたところ、このようになっていました。

■新型フォレスターのフロントビューモニター映像

■新型フォレスターの運転席から前方を確認した時の様子

フロントビューモニターと運転席から前方を確認した様子では、同じ前方視界でも見え方が全く異なりますよね。

フロントビューモニターの方は若干画面が婉曲しているのが少し気になりますが、横幅・奥行きとも目視できる範囲よりもフロントビューモニターの映像の方が一回り広くなっています。

また、赤いガイドラインはフロントグリルから約50cmのところに設定されているので、クルマの前方にどのくらいのスペースが空いているのかを確認するのにも役立ちます。

フロントビューモニターの映像の距離感覚は、実際の距離と若干異なりますが、目視で確認しにく部分を補ってくるれるのは、とても良いと思いました。

2018年6月にデビューをしたスバルの人気SUV”新型フォレスター(Forester)”に用意されているフロントビューモニターの視認性&使い勝手を確認してみたところ、このようになっていました。

試乗をする前は、フロントビューモニターはあまり必要ないのかなと思っていた部分もあるのですが、実際に確認してみると、思ったよりも使い勝手が良い感じが…。

フロントビューモニターは、目視では確認する事ができない左右180度近くまで確認する事ができるため、見通しが悪い交差点に進む時などに大いに活躍をしてくれるのかなと思いました。

ちなみに、この新型フォレスター(Forester)に用意されているフロントビューモニターは、後方の視界をサポートしてくれる”スマートリヤビューミラー”とセットとなって、”アイサイトセーフティプラス(支援拡張)”というメーカーオプションで用意されています。

そして、この”アイサイトセーフティプラス(支援拡張)”のオプション価格は、64,800円となっています。(※プレミアム/アドバンスの場合)

フロントビューモニターの使い勝手の良さとオプション価格を考えると、十分に装着する価値はあるのかなと思いました。もしこのフロントビューモニターが気になる方は、試乗をする際、ご自分の目で確認をしてみてくださいね。

>>> 4代目より大幅に進化!?新型フォレスターのメーターの使い勝手レビュー

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする