後部座席の足元空間はどれくらい広い!?新型フォレスターの居住性をチェック

スバルを代表する人気SUV新型フォレスター(Forester)が、2018年6月にモデルチェンジを行い、5代目モデルがデビューをしました。

今回新発売された新型モデルは、先代がたのイメージをそのまま引き継ぎつつも、全方位的にレベルアップ!後部座席周りにも2.1AのUSBポートが2つ用意されるなど、使い勝手が格段に良くなっていました。

>>> 新型フォレスターの後部座席の装備【USBやアームレストなどの使い勝手は?】

また、今回新発売された新型フォレスター(Forester)の後部座席周りで良いと思ったのが、足元空間(ニークリアランス)の広さです。

元々、足元空間の広さには定評があったフォレスター(Forester)ですが、今回新発売された5代目モデルは、ホイールベースが拡大された事から、さらに足元空間が広くなった感じが…。

そんな5代目モデルの後部座席の足元空間(ニークリアランス)は、どれくらいの広さになっていたのでしょか?成人男性がこの新型モデル後部座席に座っても、快適に過ごせるだけの広さを確保していたのでしょか?

先日、この新型モデルを試乗した際、後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フォレスターの後部座席レビュー【足元空間の広さはどうだった?】

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)の5代目モデルの後部座席は、このようなデザインになっています。

■新型フォレスターの後部座席

 

今回新発売された新型モデルの後部座席は、体がシートと接触する部分の面積が広くなったおかげで、座り心地が良くなった感じが…。また、先代モデルよりも包まれている感が強くなったのも好印象でした。

そんな新型フォレスター(Forester)の後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さを確認してみたところ、このようになっていました。(ちなみに、運転席は、私が運転をしやすい位置に設定してあります。)

■新型フォレスターの後部座席の足元空間の広さ

思ったよりも広いと思いませんか?

実際にこの時の後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さを計測してみると、約340mmの広さを確保。

今回新発売された5代目新型フォレスター(Forester)は、先代モデルよりもボディサイズが大きくなったとは言え、日産の新型エクストレイルや三菱のアウトランダーなど競合車よりもボディサイズ&hホイールベースは、小さくなっています。

■新型フォレスターと競合車のボディサイズ比較
・スバル 新型フォレスター
グレード:プレミアム(Premium)
全長:4,625mm
ホイールベース:2,670mm
・日産 新型エクストレイル
グレード:20X ハイブリッド
全長:4,690mm
ホイールベース:2,690mm
・マツダ CX-5
グレード:25S プロアクティブ(PROACTIVE)
全長:4,545mm
ホイールベース:2,700mm
・三菱 アウトランダー
グレード:アクティブギア
全長:4,695mm
ホイールベース:2,670mm

このように競合車・ライバル車よりもボディサイズ&ホイールサイズは小さいにも関わらず、これだけ広い後部座席の足元空間(ニークリアランス)を確保しているのは、「ちょっと凄いな。」と、感心してしまいました。

実際に後部座席に座った時の足元空間の広さは…

このような広さになっていた5代目新型フォレスター(Forester)の後部座席の足元空間(ニークリアランス)ですが、実際に座ってみると、どのくらいのゆとりがあるのでしょうか?

私が運転をしやすい位置(中間位置よりやや後ろ)に運転席を設定した状態で、身長175cmの私が後部座席に座ってみると、このような感じに…。

■後部座席に座った時の足元空間

膝先からフロントシートのシートバックまで、かなり余裕がありますよね。

この状態で膝先からシートバックまでどのくらいのスペースがあるのか確認してみたところ、拳を縦にして約3個分の広さが…。

このように膝先からシートバックまでかなりのゆとりがあるため、ちょっと姿勢を変えようとして足の位置を変えてもシートバックにぶつからないので、とっても快適。

私の身長で足を組んで座るには、ちょっと足元のスペースが狭いです。ただ、普通に座る分には十分すぎる程の広さが確保されていたので、個人的には、大満足でした。

この新型モデルの後部座席に座って、意外と良いと思った事が…

また、今回新発売された新型フォレスター(Forester)の後部座席の足元空間(ニークリアランス)を確認していて、良いと思ったのが、フロントシート下のトンネルスペースの広さです。

この新型モデルのフロントシート下のスペースの広さを確認してみたところ、このような感じに…。

■新型フォレスターのフロントシート下のトンネルスペース

思ったよりも、高さがあると思いませんか?

この5代目モデルは、このようにフロントシート下のトンネルも広く取られており、私のような成人男性の足先がスッポリと収まるサイズに…。なので、後部座席の足元空間がもっと狭い状態(運転席をもっと後ろに下げた状態)でも、意外と快適に過ごせそうな感じがしました。

2018年6月にデビューをしたスバルの人気SUV”新型フォレスター(Forester)”の後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さを確認してみたところ、このようになっていました。

この新型モデルは、ミドルクラスSUVの中では、比較的ボディサイズは小さめですが、十分に満足できる後部座席の足元空間(ニークリアランス)を確保。足の位置を自由に変える事ができるため、長時間ドライブでも快適に過ごせるのかなと思いました。

また、今回新発売された新型モデルの後部座席は、背もたれの角度を調節できるリクライニング機能を備えており、楽な姿勢でゆったり座れるのも好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする