新型フォレスター アドバンスの内装【ガソリンとの違いを実車画像で比較】

2018年9月、”e-BOXER”と名付けられたハイブリッドシステムを搭載した新型フォレスター(Forester)の最上位モデル”アドバンス”が、デビューをしました。

他のグレードよりも遅れて発売されたアドバンス(Advance)の外装・エクステリアには、シルバーの加飾が施されており、先進的な雰囲気が漂うスタイリッシュなデザインに…。

>>> 新型フォレスター ハイブリッドの外装【ガソリンには無い3つの魅力とは?】

また、外装ほど違いはありませんでしたが、ハイブリッド車のアドバンス(Advance)とガソリン車では、内装・インテリアにも違いがありました。

今回新発売された新型フォレスター(Forester)のハイブリッド車の”アドバンス”とガソリン車の内装・インテリアは、それぞれどのようなデザインになっていたのでしょうか?また、どのような違いがあるのでしょうか?

5代目モデルの注目モデル”アドバンス(Advance)”とガソリン車の内装・インテリアの違いを実車画像を使って紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フォレスター アドバンスとガソリン車の内装の違いを比較

2018年9月に発売された新型フォレスター(Forester)のハイブリッド仕様”アドバンス(Advance)”の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■新型フォレスター ハイブリッドの内装
グレード:アドバンス(Advance)

一方、ガソリン車の最上位モデル”プレミアム(Premium)”の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■新型フォレスター ガソリン車の内装
グレード:プレミアム(Premium)

この5代目モデルのハイブリッド車とガソリン車の外装・エクステリアの違いは明らかだったので、一目見ただけで、ハイブリッド車とガソリン車の見分けがつきました。

>>> 新型フォレスター ハイブリッドとガソリンの外装【7つの違いを実車画像で比較】

ただ、内装・インテリアに関しては、パッと見ただけではどちらのモデルか見分けがつきません。しかし、この2台のモデルの内装・インテリアの各パーツをしっかりと見ていくと、様々な違いがありました。

そんな新型フォレスター(Forester)のハイブリッド車のアドバンス(Advance)とガソリン車の内装・インテリアの違いを紹介したいと思います。

ハイブリッドとガソリンの内装の違い1:本革シートのカラー

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)のハイブリッド仕様の”アドバンス(Advance)”とガソリン車の大きな違いの一つが、メーカーオプションで用意されている本革シートのカラーです。

ガソリン車の場合、スポーティーな雰囲気が漂うブラックの本革シートしか選択できないのに対し、ハイブリッド車では、ブラックに加えて、オシャレなブラウンレザーの内装色も選べるようになっています。

■新型フォレスターのブラックレザー

■新型フォレスターのブラウンレザー

ブラックレザーの内装・インテリアは、良くも悪くもスバルのクルマらしい質実剛健な雰囲気になっているのですが、ブラウンレザーにすると、一気に華やかな印象に…。

ブラウンに加飾されたパーツの配置やサイズもちょうど良く、オシャレに新型フォレスター(Forester)を乗りこなしたい人には、ピッタリな内装色になっているのかなと思いました。

ちなみに、今回新発売された新型フォレスター(Forester)のブラックレザーとブラウンレザーの内装色の違いは、こちらの記事で詳しくまとめてあります。もし、この2つのモデルの内装色の違いを詳しく知りたい方は、コチラの記事を参考にしてみてくださいね。

>>> 【ブラックorブラウン】新型フォレスターの本革シートはどっちが良い?

ハイブリッドとガソリンの内装の違い2:メーター

新型フォレスター(Forester)のハイブリッド車の”アドバンス(Advance)”とガソリン車の大きな違いの一つが、メーターのデザインです。

■新型フォレスター ハイブリッド車のメーター

■新型フォレスター ガソリン車のメーター

どちらのモデルも左右にタコメーターとスピードメーターを、そして、その間にマルチインフォメーションディスプレイを配した2眼識のメーターになっているのは、共通しています。

ただ、”アドバンス(Advance)”では、タコメーター内部にハイブリッド車を表す”e-BOXER”の専用エンブレムを刻印。

また、ガソリン車と異なり、アドバンス(Advance)のメーターの文字盤内は、ブルーの模様をあしらったハイブリッド車らしい爽やかなデザインに…。

ご覧いただいた通り、新型フォレスター(Forester)のガソリン車とハイブリッド車の内装・インテリアは、とても似ているので、内装・インテリアから特別感を感じる事は少ないです。(もちろん乗り心地や走りでは、特別感を感じますが…。)

そんな中、”e-BOXER”の専用エンブレムを配しているメーターがハイブリッド車らしさを感じる唯一のアイテムなのかなと思いました。

ハイブリッドとガソリンの内装の違い3:マルチファンクションディスプレイ

新型フォレスター(Forester)のハイブリッド車”アドバンス”とガソリン車の内装・インテリアの大きな違いの一つが、インパネ中央に備え付けられているマルチファンクションディスプレイの機能とデザインです。

この2台のモデルで大きく異なるのは、マルチファンクションディスプレイのフードのデザインです。

■ハイブリッド車のマルチインフォメーションディスプレイ

■ガソリン車のマルチインフォメーションディスプレイ

ハイブリッド仕様の”アドバンス(Advance)”では、注目の機能の一つとしてドライバーの状態を見守る安全装備”ドライバーモニタリングシステム”が標準装備されているのですが、ドライバーを監視する専用カメラがマルチファンクションディスプレイのフード部分に備わっています。

なので、ガソリン車よりもハイブリッド車のマルチファンクションディスプレイの方が、フード部分に厚みがありました。

マルチファンクションディスプレイの表示項目にも違いが…

また、新型フォレスター(Forester)のハイブリッド車とガソリン車では、マルチファンクションディスプレイの表示項目にも違いがありました。

ハイブリッド車のマルチファンクションディスプレイには、バッテリーの残量やエンジンやモーターの流れをリアルタイムで書くにすることができる”エネルギーフロー画面”を用意。

■新型フォレスター アドバンスのエネルギーフロー画面

このアドバンスに用意されているエネルギーフロー画面は、グラフィックもキレイで、とても見やすいです。

もしこの新型モデルを試乗する機会がありましたが、ぜひともこのメーターの違いにも注目をしてみてくださいね。

2018年7月にデビューをした新型フォレスター(Forester)のハイブリッド仕様の”アドバンス”とガソリン車の内装・インテリアの違いを比較してみたところ、このようになっていました。

ご覧いただいた通り、ハイブリッド車とガソリン車の内装・インテリアの違いは、外装ほど大きくありません。ただ、選択できる本革シートのカラーやメーターのデザインなど、様々な違いがありました。

特にブラウンのレザーシートは、ハイブリッド車のみの専用デザインとなっています。

今回新発売された新型フォレスター(Forester)のハイブリッド車とガソリン車のどちらのモデルを購入しようか迷っている方は、走りや乗り心地だけではなく、内装・インテリアの違いに注目してみても良いかもしれませんね。

ちなみに、私は先日、この5代目モデルの見積もりを貰ってきたのですが、ハイブリッド車とガソリン車の乗り出し価格の差が予想以上に小さくて、ビックリしました。

>>> 新型フォレスター ハイブリッドの見積もり公開【ガソリン車との差はほんの僅か!?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする