サンルーフで新型フォレスター アドバンスの税金が安くなる!?【見積もり大公開】

2018年6月、日本を代表するSUVとして人気が高かったスバルの新型フォレスター(Forester)がフルモデルチェンジを行い、5代目がデビューをしました。

今回新発売された新型モデルの中でも特に注目が高いハイブリッド仕様のアドバンス(Advance)は、4つのグレードの中で唯一エコカー減税対象車となっています。

>>> 【減税率を確認】新型フォレスターのエコカー減税はグレードで違う!?

そんな新型フォレスター(Forester)のハイブリッド仕様”アドバンス(Advance)”ですが、メーカーオプションのサンルーフを装備すると、税金が安くなり、サンルーフをお得に購入できるとの噂が…。

そこでいつもお世話になっているディーラーさんにお願いをして、メーカーオプションのサンルーフを装着した時とサンルーフを装着していない時の”アドバンス(Advance)”の見積もりを貰ってきました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)のハイブリッド車にサンルーフを装着すると、本当に税金は安くなるのでしょうか?また、サンルーフを装着した時と装着していない時の税金は、いくら違うのでしょうか?

先日、サンルーフを装着した時と装着していない時の”アドバンス(Advance)”の見積もりを貰って来たので、税金の違い、乗り出し価格の違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フォレスターのアドバンスの見積もり比較【サンルーフで税金は本当に安くなる?】

こちらが、今回私が貰って来た新型フォレスター(Forester)のハイブリッド仕様”アドバンス(Advance)”の見積もりです。

■新型フォレスター アドバンスのサンルーフ装備車の見積もり

■新型フォレスター アドバンスのサンルーフ未装備車の見積もり

2つの見積もりの条件を同じにするため、ボディカラー、サンルーフ以外のオプションなどは、全く同じにしております。

■今回注文をしたボディカラー
クリスタル ホワイトパール

■今回注文をしたメーカーオプション
・パワーリヤゲート
・本革シート
・アイサイト セーフティプラス(視界拡張)
・ルーフレール
・(サンルーフ)

■今回注文をしたディーラーオプション
・スバル ナビ パック(Diatone)
・ベースキット
・カーゴトレーマット
・ウルトラガラスコーティング
・ETCセットアップ料

この時のサンルーフを装備したアドバンス(Adovance)の乗り出し価格は、このようになっていました。

■新型フォエレスター アドバンス サンルーフ装備車の乗り出し価格

■サンルーフ装備車の乗り出し価格の詳細
車体本体価格:3,466,800円
オプション代: 574,063円
税金&諸経費: 301,575円
乗り出し価格:4,342,438円

一方、サンルーフを装備しなかった時のアドバンス(Advance)の見積もりの乗り出し価格は、このようになっていました。

■新型フォエレスター アドバンス サンルーフ未装備車の乗り出し価格

■サンルーフ未装備車の乗り出し価格の詳細
車体本体価格:3,412,800円
オプション代: 574,063円
税金&諸経費: 327,775円
乗り出し価格:4,314,638円

今回新発売された新型フォレスター(Forester)のハイブリッド仕様”アドバンス(Advance)”のサンルーフ装備車/未装備車の乗り出し価格を比較してみると、当然のことながらサンルーフ装備車の方が2万7800円ほど高くなっています。

ただ、ここで注目をして貰いたいのは、税金&諸経費の金額です。

サンルーフを装備していないモデルの税金&諸経費は32万7775円だったのに対し、サンルーフ装備車は30万1575円となっており、確かに税金&諸経費が2万6200円ほど安くなっています。

ちょっとこの金額の差は、大きいですよね。

最初は信じていませんでしたが、新型フォレスター(Forester)のハイブリッド仕様”アドバンス”の見積もりを貰ったところ、サンルーフを装着すると、本当に税金は安くなっていました。

なぜサンルーフを装備した方が税金が安くなる理由

このように新型フォレスター(Forester)のハイブリッド仕様”アドバンス(Advance)”では、サンルーフを装着していないモデルよりもサンルーフを装着したモデルの方が税金が安くなるのでしょうか?

その理由は、エコカー減税(自動車取得税/自動車重量税)です。

今回新発売されたこの5代目モデルのハイブリッド車は、エコカー減税の対象車となっており、自動車取得税/自動車重量税のそれぞれの減税率は、このようになっています。

■サンルーフ未装着時の新型フォレスターのエコカー減税率
自動車取得税:40%
自動車重量税:50%

しかし、サンルーフを装着して車体重量が1,660kgを超えると、エコカー減税の減税率が次のように高くなります。

■サンルーフ未装着時の新型フォレスターのエコカー減税率
自動車取得税:60%
自動車重量税:75%

実際に私が貰って来たアドバンス(Advance)のサンルーフ装着モデルと未装着モデルの自動車取得税と自動車重量税を比較してみると、こんなに差が…。

こちらは、私が貰って来た新型フォレスター アドバンスのサンルーフを装着していないモデルの税金&諸経費の明細です。

■アドバンスのサンルーフ未装着モデルの税金

【サンルーフ未装着モデルの税金の詳細】
自動車取得税:57,500円
自動車重量税:15,000円
課税額の合計:72,500円

一方、こちらがメーカーオプションのサンルーフを装着したモデルの税金&諸経費の明細部分です。

■アドバンスのサンルーフ装着モデルの税金

サンルーフ装着モデルの税金の詳細】
自動車取得税:38,800円
自動車重量税: 7,500円
課税額の合計:46,300円

ご覧いただいた通り、サンルーフを装着モデルと未装着モデルを比較すると、サンルーフを見装着モデルの方が税金が2万6200円ほど安くなっています。

ちなみに、スバルの新型フォレスター(Forester)に用意されているサンルーフのオプション価格は、5万4000円となっています。

先ほども紹介した通り、今回私が貰ったこの新型モデルのサンルーフ装備車と未装備車の乗り出し価格の差は約2万8000円です。

つまり、ハイブリッド仕様のアドバンス(Advance)の場合、オプション価格の約半額となる2万6000円でサンルーフを装着できる事に…。

今度下取りに出す時のリセールバリューも高くなりますし、もしハイブリッド仕様のアドバンス(Advance)を購入するのなら、サンルーフを装着するのは、全然アリなのかなと思いました。

もし新型フォレスター(Forester)のハイブリッド仕様アドバンス(Advance)の購入を検討しているのなら、格安で購入できるサンルーフの装着するのも良いと思いますよ。

>>> 新型フォレスターのルーフレールはグレードで違う!?実車画像で違いを確認

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする