新型ランクル300とランクル プラドはどっちが快適?【内装の違いを徹底比較】

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)と弟分のランクル プラド(Landcruiser PRADO)は、様々な違いがありますが、内装・インテリアにも大きな差が…。

そのため、使い勝手や快適性が異なります。

今回デビューを果たした新型ランクル300とランクル プラドの内装・インテリアは、それぞれどのようなデザインをしているのでしょうか?また、この2台のモデルの内装のデザインや装備は、どのような違いがあるのでしょうか?

実写画像を使って、この2台のモデルの内装・インテリアの違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ランクル300とランドクルーザープラドの内装【インパネをチェック】

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)と弟分のランクル プラド(Landcruiser PRADO)のダッシュボード・インパネは、このようなデザインをしています。

■新型ランクル300のインパネ

■ランドクルーザープラドのインパネ

どちらもSUVらしい水平基調のインパネを採用

新型ランクル300とランクル プラドはどちらも、オフロードを走行中の車体の傾きが一目でわかる左右にまっすぐ伸びた水平基調のインパネ・ダッシュボードを採用しています。

ただ、インパネ・ダッシュボード自体は、14年ぶりにフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)の方が洗練されたデザインになっていました。

シンプルで視認性に優れたメーター

また、今回デビューを果たした新型ランクル300とランクル プラドは、どちらもタコメーターとスピードメーターを配したオーソドックスな2眼識のアナログメーターを標準装備。

■新型ランクル300のメーター

■ランドクルーザー プラドのメーター

シンプルなデザインになっている分、老若男女問わず誰でも迷わずに使える使い勝手と視認性の良さがあります。

ただ、タコメーターとスピードメーターの間に備わっているマルチインフォメーションの視認性に関しては、画面サイズがひと回り大きい新型ランクル300(Land Cruiser)の方が良いように感じました。

■新型ランクル300のマルチインフォメーションディスプレイ

■ランクル プラドのマルチインフォメーションディスプレイ

最新の機能&装備を備えている新型ランクル300

新型ランクル300とランクル プラドのインパネはどちらも、本格派のSUVらしく操作性や運転のしやすさを意識したシンプルなデザインになっているのですが、備わっている装備&アイテムの性能に差がありました。

その一つが、エンジンスターターです。

どちらのモデルも、ワンプッシュでエンジンがかかるプッシュ式のエンジンスターターが用意されていますが、新型ランクル300(Land Cruiser)は、盗難防止の役に立つ指紋認証機能付き。

■指紋認証機能付きの新型ランクル300のエンジンスターター

■ランクル プラドのエンジンスターター

また、新型ランクル300(Land Cruiser)は、上下にカチカチと動かすトグルスイッチを採用したエアコンパネルを採用するなど、運転中の操作性に優れるデザインになっているのも好印象でした。

ナビのサイズ&視認性に差がある新型ランクル300とプラド

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300とランクル プラドのダッシュボード・インパネで大きな違いを感じたアイテムの一つが、中央に備わっているナビです。

新型ランクル300(Land Cruiser)に用意されている純正ナビのサイズが12.3インチなのに対し、ランクル プラド(Landcruiser PRADO)は、ひとまわり小さい9インチのナビを採用。

■新型ランクル300の12.3インチの純正ナビ

■ランドクルーザー プラドの9インチのナビ

そのため、ランクル プラド(Landcruiser PRADO)のナビは、画面サイズが小さく感じます。

また、ランクル プラド(Landcruiser PRADO)のナビは、ダッシュボードに埋め込むタイプになっているため、走行中の視線の移動が大きいのも気になるところでした。

新型ランクル300とランドクルーザープラド内装【シートをチェック】

また、2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300とランクル プラドのシートは、このようなデザインをしています。

■新型ランクル300のシート

■ランドクルーザー プラドのシート

上位モデルは本革シートを標準装備

新型ランクル300/ランクル プラドどちらのモデルも、上位モデルは、高級感がただよう本革シートを標準装備。

また、どちらのモデルも、フロントシートまわりが機能&装備は充実しています。

スイッチ一つでシート位置などを調整することができる電動パワーシートだけではなく、真夏や真冬でも快適に過ごすことができるシートヒーター&ベンチレーション機能が用意されているのも好印象でした。

■新型ランクル300の電動パワーシートスイッチ

使い勝手が異なる2列目シート

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300と弟分のランクル プラドはどちらも、中央部分のみを収納することができる4対2対4分割方式の後部座席を採用しています。

ただ、この2台のモデルは、2列目シートの使い勝手で差がありました。

14年ぶりにフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)は、前後にスライドすることができない固定式の2列目シートを採用しています。

■新型ランクル300の2列目シート

そのため、2列目シートの足元空間(ニークリアランス)の広さを調節することができません。

■新型ランクル300の2列目シートの足元空間

一方、ランクル プラド(Landcruiser PRADO)の2列目シートは、前後にスライドすることができるようになっています。

■ランドクルーザープラドの2列目シート

そのため、乗車人数などによって、2列目シート&3列目シートの足元空間(ニークリアランス)を調整することができるようになっていました。

3列目シートは補助シート的な役割

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300とランクル プラドの3列目シートは、このようなデザインをしています。

■新型ランクル300の3列目シート

■ランドクルーザープラドの3列目シート

どちらのモデルも着座位置が低いため、体育座りのような座り方になってしまいます。そのため、長時間ドライブはきつく、補助シートの域はでません。

ただ、3列目シートの座り心地自体は、シートサイズが大きく、凹凸感のある新型ランクル300(Land Cruiser)の方が良かったです。

3列目シートへのアクセスは新型ランクル300の方が上

また、新型ランクル300とランクル プラドは、2列目シートの収納方法&3列目シートへのアクセスが大きく異なります。

ランクル プラドは、2列目シートの背もたれのみ前方に倒して、3列目シートにアクセスするようになっているため、3列目シートへのアクセスはイマイチです。

■ランドクルーザープラドの2列目シートの収納

一方、新型ランクル300は、2列目シートを前方の跳ね上げるタンブル収納を採用。

■新型ランクル300の2列目シートの収納

そのため、3列目シートへのアクセスは、ランクル プラドよりドア開口部が広く確保することができる新型ランクル300の方がスムーズに行えるように感じました。

まとめ:快適性で大きな差がある新型ランクル300とランクルプラドの内装

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300と弟分のランクル プラドの内装・インテリアを比較してみたところ、このようになっていました。

■新型ランクル300とランクル プラドの内装の比較まとめ

・どちらのモデルも水平基調のインパネを採用
・新型ランクル300は最新の機能を搭載
・2列目シートの機能&収納方法が異なる
・3列目シートはどちらも補助シート的

どちらのモデルも、SUVらしい水平基調を強調したインパネ&ダッシュボードを採用。

ただ、エンジンスターターなど機能&装備に関しては、2021年8月にデビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)の方が優れています。

また、3列目シートへのアクセスのしやすさにも差が…。

そのため、使い勝手や快適性に関しては、ランドクルーザー プラドよりも発売されたばかりの新型ランクル300の方が良いのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02