新型ランクル300のおすすめのメーカーオプションはコレ【ディーラーに聞いてみた】

2021年8月にデビューを果たしたトヨタの新型ランクル300(Land Cruiser)は、Tコネクトナビやクールボックス、リヤエンターテイメントシステムなど様々なメーカーオプションを用意しています。

ただ、この新型モデルは、メーカーオプションが多すぎて、どのアイテムを装着したら良いか迷っちゃいますよね。

オプション価格も高いですし…

そこでいつもお世話になっているディーラーさんに、新型ランクル300(Land Cruiser)に装着した方が良いおすすめのメーカーオプションを聞いてみました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

Tコネクトナビ【新型ランクル300のおすすめのメーカーオプション】

ディーラーさんに、新型ランクル300(Land Cruiser)のおすすめのメーカーオプションを聞いた際、一番最初に言ったアイテムが”Tコネクトナビ”です。

新型ランクル300はディスプレイオーディオを標準装備

今回デビューを果たした新型モデルは、ディスプレイオーディオが全グレードに標準装備されています。

■新型ランクル300のディスプレイオーディオ

ただ、この新型モデルに用意されているディスプレイオーディオは画面サイズが9.0インチしかないため、ボディサイズが大きいこの新型モデルには、不釣り合いに感じました。

12.3インチの大画面を採用しているTコネクトナビ

一方、メーカーオプションで用意されているTコネクトナビは、トヨタ車で最大級となる12.3インチの大画面を採用。

■新型ランクル300のTコネクトナビ

ディスプレイオーディオよりも画面サイズが大きいため、視認性が非常に良いです。

また、この新型モデルのTコネクトナビは、スイッチが一切ないスッキリとした見た目になっているのも、好印象でした。

マルチテレインモニターも装着

また、ディーラーさん曰く、「Tコネクトナビを装着すると、様々な角度からクルマの周辺を映し出すことができるマルチテレインモニターもついてくる。」のも、Tコネクトナビをおすすめする理由とのこと。

【ランクル】機能紹介【マルチテレインモニター】

私も実際にマルチテレインモニターを使わせてもらったのですが、アンダーフロアビューなど、ディスプレイオーディオ装着仕様では、確認できないアングルでクルマの周囲を確認することができるようになるんですよね。

ディーラーさんも仰っていましたが、今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)は、ボディサイズが大きくいため、色々なアングルからクルマの周囲を確認することができるマルチテレインモニターは重宝するのかなと思いました。

グレードで異なるTコネクトナビのオプション価格

トヨタ車の中で最大級の大きさを誇る新型ランクル300(Land Cruiser)のTコネクトナビですが、注意が必要なことがあります。

それは、オプション価格です。

この新型モデルの上位モデルと下位モデルでは、Tコネクトナビとセットで付いてくるサウンドシステム(スピーカー)に違いがあるため、オプション価格が異なります。

■新型ランクル300のTコネクトナビのオプション価格

ご覧いただければ分かると思いますが、Tコネクトナビ装着時、JBLプレミアムサウンドシステムがセットでついてくるZXグレードやGRスポーツは、下位グレードよりもオプション価格が10万円ほど高くなります。

このようにメーカーオプションで用意されているTコネクトナビは、グレードによって、オプション価格が異なるので、ご注意くださいね。

ルーフレール【新型ランクル300のおすすめのメーカーオプション】

また、ルーフレールも、ディーラーさんがおすすめしてくれた新型ランクル300(Land Cruiser)のメーカーオプションの一つです。

■新型ランクル300のルーフレール

SUVらしさを強調するルーフレール

今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)は、全グレード、ルーフレールが用意されていないんですよね。

ルーフレールが備わっていないと、どこかSUVらしさに欠ける感じが…。

見積もりをもらった時、ディーラーさんも言っていましたが、「ルーフレールを装着した方が、見た目の迫力やSUVらしさが増して良い」とのことでした。

オプション価格がお手頃な新型ランクル300のルーフレール

また、ディーラーさんが新型ランクル300(Land Cruiser)に用意されているルーフレールをおすすめした理由の一つは、オプション価格です。

この新型モデルのルーフレールのオプション価格は3万3000円と、かなりお求めやすいお値段に…。

これくらいのお値段なら、見た目重視で購入しても良いのかなと思いました。

ちなみに、この新型モデルは、ディーラーオプションでシルバーのルーフレール(オプション価格:4万4000円)も用意しています。

■ディーラーオプションのルーフレール

画像引用:https://toyota.jp/landcruiser

ただ、ディーラーさんの話によると、メーカーオプションで用意されているこのブラックのルーフレールの方が圧倒的に人気が高いようですよ。

寒冷地仕様【新型ランクル300のおすすめのメーカーオプション】

また、寒冷地仕様も、ディーラーさんイチオシの新型ランクル300(Land Cruiser)のメーカーオプションです。

寒冷地仕様と言うと、北海道や東北など雪の降る地域のみに必要なオプションと言うイメージがありますよね。

しかも、この新型モデルでは、寒冷地仕様でなくても、シートヒータやステアリングヒーター、ドアヒーターはしっかりと備わっていますし…。

なぜ、ディーラーさんは、寒冷地仕様をおすすめしてくれたのでしょうか?その理由を聞いてきました。

PCTヒーターを装着可能

ディーラーさんが、新型ランクル300(Land Cruiser)の寒冷地仕様をおすすめした理由の一つは、PCTヒーターが補助ヒーターとして搭載されるからです。

一般的なヒーターは、エンジンの熱を利用するため、エンジンが暖まるまでヒーターの温風は出ないのが、欠点&デメリットの一つです。

しかし、電気で発熱するPCTヒーターは、エンジンの熱を利用するわけではないので、スグに温かい風を送り届けてくれます。

新型ランクル300(Land Cruiser)の寒冷地仕様には、PCTヒーター以外にも、LEDリヤフォグランプやカメラ洗浄機能、フロントガラスに配した熱線でワイパーが動かなくなるのを防ぐウインドシールドデアイサーなどの機能も含まれます。

ただ、PCTヒーターだけでも、十分に装着する価値はあるのかなと思いました。

新型ランクル300の寒冷地仕様はお手頃

また、新型ランクル300(Land Cruiser)に用意されている寒冷地仕様のオプション価格は、2万5300円~3万1900円とお手頃なお値段なのも魅力の一つです。

■新型ランクル300の寒冷地仕様のオプション価格

これくらいのお値段だったら、寒冷地仕様を装着して、真冬の寒い日でも快適に運転ができるようにしても良いかもしれませんね。

まとめ:魅力的なメーカーオプションが多数ある新型ランクル300

いつもお世話になっているディーラーさんに、装着した方が良いメーカーオプションを訪ねてみたところ、次の3つのアイテムを紹介してもらいました。

■新型ランクル300のおすすめのメーカーオプション

・12.3インチサイズのTコネクトナビ
・SUVらしさを強調するルーフレール
・真冬の寒い日に重宝をする寒冷地仕様

ディーラーさんに聞いてみたところ、Tコネクトナビやルーフレール、寒冷地仕様の3つのアイテムを紹介してくれました。

特に様々なアングルでクルマの周囲を確認できるマルチテレインモニターも付いてくるTコネクトナビは、非常に良いアイテムだと思いました。

ただ、この新型モデルのTコネクトナビはオプション価格が高いので、購入をする際は、頑張って値引き交渉をしてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02