少し難あり?新型ランクル300の後方の視界&視認性を実車画像でチェック

2021年8月にデビューを果たしたトヨタの新型ランクル300(Land Cruiser)は、ボンネットの中央部分に溝状の凹みを作っていることもあり、前方の視界&見切りは、非常に良いです。

そんな新型モデルの攻防の視界&視認性は、どうだったのでしょうか?前方の視界と同様、後方の視界も良かったのでしょうか?

14年ぶりにフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)の後方&斜め後方の視界&視認性を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ランクル300の真後ろの視界&視認性をチェック

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)の運転席から、真後ろを確認した時の視界&視認性は、このような感じになっています。

■新型ランクル300の真後ろの視界

3列仕様の真後ろの視界はイマイチ

今回デビューを果たした新型モデルのリヤガラスは大きいため、基本的には、後方の視界&視認性は、非常に良いです。

ただ、注意が必要なのは、3列シートの7人乗り仕様です。

この新型モデルの3列目シートは、シートサイズ&ヘッドレストが大きくなっています。

■新型ランクル300の3列目シート

そのため、この新型モデルの3列目シートを展開すると、リヤガラスのほとんどをカバーしてしまうため、後方の視界&視認性が格段に悪くなります。

後方の視界&視認性を考えるなら、普段3列目シートを使用していない時は、収納しておいた方が良いかもしれませんね。

デジタルインナーミラーの用意はなし

また、今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)の後方の視界&視認性を確認して残念に感じたのは、ルームミラーの性能&使い勝手です。

この新型モデルは、指紋認証付きのエンジンスターターなど最新の機能&装備が標準装備されているため、クルマの後方に搭載したカメラ映像をルームミラー部分に映し出すデジタルインナーミラーも標準装備されているものと思っていました。

しかし、今回デビューを果たした新型モデルには、スッキリとしたクリアな後方視界をサポートするデジタルインナーミラーの用意はなく、オーソドックスなミラーを全グレードに標準装備。

■新型ランクル300のルームミラー

そのため、後部座席に同乗者がいる時や荷室・ラゲッジスペースに沢山の荷物を積み込んだ時は、後方に視界が悪くなります。

ちなみに、同じトヨタから発売されている高級SUV”ハリアー(Harrier)”は、クリアな後方視界をサポートするデジタルインナーミラーの用意があったんですよね。

■ハリアーのデジタルインナーミラー

ハリアー(Harrier)にデジタルインナーミラーを用意しているのなら、新型ランクル300(Land Cruiser)にもデジタルインナーミラーを装着しても良かったのかなと思いました。

スムーズな駐車をサポートするマルチテレインモニター

2021年8月にデビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)は、前後左右に備わったカメラを駆使して車両周囲の状況確認をすることができるマルチテレインモニターをオプションで用意しています。

【ランクル】機能紹介【マルチテレインモニター】

このマルチテレインモニターは、真上から見おろすようなビューや斜め上から俯瞰して車体を確認するビューなど様々な角度から車体と周囲を確認することができるため、車体の大きさの割には、バックや駐車は、非常にしやすいです。

また、この新型モデルのマルチテレインモニターには、まるで車体が透けているかのように、車体下の様子を確認することができる”アンダーフロア―ビュー”を用意しているのも、好印象でした。

■新型ランクル300のアンダーフロアビュー

画像引用:https://toyota.jp/landcruiser/

ちなみに、真上から見下ろすような視点でクルマと周囲を確認することができるパノラミックビューモニターは、全グレード標準装備になっていました。

新型ランクル300の斜め後方の視界&視認性をチェック

3列目シート展開時の後方の視界に少し難を感じたトヨタの新型ランクル300(Land Cruiser)ですが、斜め後方の視界は、どうだったのでしょうか?

こちらが、運転席から斜め後方の視界&視認性を確認した時の様子です。

■新型ランクル300の斜め後方の視界

斜め後方の視界&視認性は良好

今回デビューを果たした新型モデルは、先代モデルと同様、サイドミラーも大きく、ベルトライン(=サイドウィンドウの下端のライン)も低めになっています。

■新型ランクルのサイドウィンドウ

そのため、斜め後方の視界は、非常に良いです。

リヤガラスとサイドウィンドウの間に三角窓(リヤクォーターガラス)の用意はありませんが、そのことが気にならないくらい、新型ランクル300(Land Cruiser)の斜め後方の視界&視認性は、優れていました。

サイドアンダーミラーの用意はなし

また、今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)と先代モデルの大きな違いの一つが、キノコのような形状をしたサイドアンダーミラーです。

先代モデルは、運転席から死角に入る左側方の部分を映し出す”サイドアンダーミラー”は全グレード標準装備になっていました。

しかし、今回デビューを果たした新型モデルは、サイドアンダーミラーを全グレード撤廃。

ただ、この新型モデルは、パノラミックビューモニターやマルチテレインモニターが用意されているおかげで、斜め後方の視界&視認性の悪さは、一切感じませんでした。

また、新しく生まれ変わった新型ランクル300(Land Cruiser)は、サイドアンダーミラーがないスッキリとした見た目になっているのも注目ポイントの一つですよ。

まとめ:真後ろの視界&視認性に少し難のある新型ランクル300

2021年8月にデビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)の後方の視界&視認性は、このようになっていました。

■新型ランクル300の後方の視界のまとめ

・3列目シート展開時の後方の視界はイマイチ
・マルチテレインモニターをオプションで用意
・斜め後方の視界は良好
・サイドアンダーミラーの用意はなし

今回デビューを果たした新型モデルは、3列目シートがリヤガラスを覆いかぶしてしまうため、後方の視界&視認性はイマイチ…。

ただ、斜め後方の視界&視認性は、非常に良かったです。

また、この新型モデルは、4つのカメラを駆使して様々な角度からクルマの周囲を確認することができるマルチテレインモニターを用意しており、スムーズにバック&駐車を行えるのも好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02