モデルによって数が違う!新型ランクル300のUSB【タイプ&個数、設置場所を徹底解説】

2021年8月にデビューをしたトヨタの新型ランクル300(Land Cruiser)は、全グレードにUSBポートを標準装備しています。

ただ、モデルによって車内に用意されているUSBポートの数が異なります。

今回デビューを果たした新型モデルの各モデルは、車内にいくつのUSBポートを用意しているのでしょうか?また、この新型モデルのUSBポートの使い勝手は、どうだったのでしょうか?

14年ぶりにフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)の車内に用意されているUSBポートのタイプや数、設置場所を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ランクル300のUSBはいくつ用意?【タイプ&個数をチェック】

2021年8月にデビューを果たしたトヨタの新型ランクル300(Land Cruiser)の車内に用意されているUSBポートの数は、このようになっています。

■新型ランクル300のUSBポートの数

5人乗車仕様…4個
7人乗車仕様…6個

乗車人数によってUSBポートの数が異なる

今回デビューを果たした新型モデルは、全グレードにUSBポートを標準装備しているのですが、車内に用意されているUSBポートの数は、乗車人数によって異なります。

最廉価モデルに位置をするGXグレードやGRスポーツ・ZXグレードの5人乗車仕様では、フロントシートまわりに2個、後部座席まわりに2個、合計4つのUSBポートを用意しています。

■5人乗車仕様のUSBポートの内訳

フロントシートまわり…2個
後部座席まわり …2個

一方、VXグレードやAXグレードなどの7人乗車仕様では、3列目シートまわりにもUSBポートを用意。

■5人乗車仕様のUSBポートの内訳

フロントシートまわり…2個
2列目シートまわり …2個
3列目シートまわり …2個

この新型ランクル300(Land Cruiser)の3列目シートはサイズが小さく、補助シート的な役割です。

■新型ランクル300の3列目シート

使う頻度がそれほど多くない3列目シートにもしっかりとUSBポートを備えているのは、この新型モデルの7人乗車仕様の魅力&メリットの一つですよ。

車内に用意されているUSBポートの種類はタイプC

2021年8月にデビューを果たしたトヨタの新型ランクル300(Land Cruiser)は、車内に最大で6個のUSBポートを用意しています。

この新型モデルに用意されているUSBポートは、インパネ中央下部に備わっているナビ連携用のみタイプAだったのですが、それ以外はすべてタイプCを採用。

なので、タイプA対応のUSBケーブルを持っている方は、ご注意くださいね。

新型ランクル300のUSBポートの設置場所【使い勝手を徹底チェック】

車内に最大で6個のUSBポートを備えているトヨタの新型ランクル300(Land Cruiser)ですが、各シートのUSBの設置場所は、次のようになっています。

■新型ランクル300のUSBポート設置場所

・フロントシートまわり…インパネ中央下部
・2列目シートまわり …センターコンソール後方
・3列目シートまわり …シート横

この新型モデルの各シートに用意されているUSBのデザインや使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

フロントシート用のUSBポートの使い勝手

今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)のフロントシート用のUSBポートは、インパネの中央下部に備わっています。

■インパネ中央下部のフロントシート用USB:運転席側

■インパネ中央下部のフロントシート用USB:助手席側

開閉式になっているこの新型モデルのフロントシートのUSBポートですが、右側にはナビ接続用のタイプAのUSBを、そして、左側に充電用のタイプCのUSBポートを用意。

ただ、使い勝手で少し気になるところも…。

運転席&助手席どちらからでも手が届きやすい位置にUSBポートを用意しているは、嬉しいポイントの一つです。

また、助手席側に備わっているタイプCのUSBポートの手前には、充電中のスマホやiPhoneを置いておくのに便利な収納トレーを用意しているのも、嬉しいポイントの一つです。

ただ、インパネの右側(運転席側)に集約されたドライブモードセレクトや4WDモードのセレクターが邪魔で、助手席側のUSBポートに比べて、ケーブルの抜き差しが少ししにくい感じが…。

また、この新型モデルの運転席側のUSBポートの近くには、スマホやiphoneを置いておくスペースがありません。

そのため、接続中のUSBケーブルが、シフトレバーや4WDセレクターの操作を妨げそうになるのも、気になるところでした。

2列目シート用のUSBポートの使い勝手

新型ランクル300(Land Cruiser)の2列目シート用のUSBポートは、センターコンソールの下部に用意されています。

■新型ランクル300の2列目シート用USB

ホコリなどが入らないようリッド(蓋)が用意されているのは、嬉しいですよね。

ただ、この新型モデルの2列目シートまわりには、普通サイズのシートバックポケットしかなく、スマホやiPhoneを収納しておくのに便利な小型ポケットの用意はありません。

なので、充電中のスマホやiPhoneは、2列目シートの中央に備わっているドリンクホルダーに置いておくのが良さそうですね。

■新型ランクル300の2列目シートのドリンクホルダー

3列目シート用のUSBポートの使い勝手

新型ランクル300(Land Cruiser)の3列目シート用のUSBポートは、シートの左右にそれぞれ1つずつ用意されています。

■新型ランクル300の3列目シート用のUSB

3列目シート用のUSBポートも、ホコリが内部に侵入するのを防ぐリッド(蓋)が用意されているのは、嬉しいですよね。

また、3列目シート用のUSBポートの後ろには、2つの穴が繋がったメガネタイプのドリンクホルダーが備わっており、スマホやiPhoneを手軽に収納できるのが好印象でした。

まとめ:各シートにUSBを用意している新型ランクル300

2021年8月にデビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)に用意されているUSBポートの数や設置場所、使い勝手を確認したところ、このようになっていました。

■新型ランクル300のUSBのまとめ

・車内に4個~6個のUSBを標準装備
・乗車人数によってUSBポートの数も異なる
・3列目シートにもUSBポートを用意

この新型モデルは、5人乗車仕様と7人乗車仕様でUSBポートの数は異なりますが、7人乗車仕様では、3列目シートにもUSBポートを装着。

どの席に座っても、手が届く範囲にUSBポートが用意されているのは、この新型モデルの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02