新型ランクル300の安全装備は大充実【魅力や注目ポイント、欠点を徹底解説】

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタの新型ランクル300(Land Cruiser)は最新の機能&装備を備えていますが、イザという時にドライバーや同乗者の身を守ってくれる安全装備も充実しています。

ただ、若干残念なところもありましたが…。

今回デビューを果たした新型モデルは、どのような安全装備を備えているのでしょうか?また、この新型モデルの安全装備は、どのような特徴&魅力を備えているのでしょうか?

14年ぶりにフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)に用意されている安全装備の特徴や魅力、残念なところを包み隠さずお話したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ランクル300に用意されている安全装備とは?【グレード別に紹介】

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)は様々な安全装備を用意していますが、上位モデルと下位モデルで用意されている安全装備に少し差があります。

そこで、上位モデルと下位モデルに分けて、この新型モデルに用意されている安全装備を紹介したいと思います。

下位モデルに用意されている安全装備

新型ランクル300(Land Cruiser)の下位モデルに位置をするGXグレード/AXグレードに用意されている安全装備は、このようになっています。

■新型ランクル300の下位モデルの安全装備
グレード:GXグレード/AXグレード

・プリクラッシュセーフティシステム(自動ブレーキ)
・レーンディパーチャーアラート(LDA)
・レーダークルーズコントロール
・ロードサインアシスト(RSA)
・オートマチックハイビーム(AHB)
・先行車発進告知機能(TMN)
・ブラインドスポットモニター(BSM)
・パーキングブレーキサポート(前後方接近物/後方接近車両/後方歩行者)
・ITSコネクト(※メーカーオプション)
・プラスサポート(※ディーラーオプション)
・VDIM
・パノラミックビューモニター
・マルチテレインモニター(※GXグレード以外)※安全装備の機能の詳細については、トヨタのホームページをご覧ください。

今回デビューを果たした新型モデルは、プリクラッシュセーフティシステムやレーザークルーズコントロール、高速道路での車線変更をサポートするブラインドスポットモニターが備わるなど、下位モデルでも安全装備は充実しています。

ただ、上位モデルとは、異なる機能もあります。

その一つが、車線逸脱の可能性をドライバーにお知らせしてくれる安全装備です。

ZXグレードなど上位モデルは、高速道路を運転している時、車線の中央を走るように
ハンドル操作をサポートしてくれる”レーントレーシングサポート”が用意
されています。

レーントレーシングアシスト(LTA)

一方、下位モデルは、ハンドル操作をサポートしてくれる”レーントレーシングサポート”の代わりに、車線からのはみ出しをお知らせしてくれる”レーンディパーチャーアラート”を搭載。

レーンディパーチャーアラート(LDA)

また、ヘッドライトも、照射範囲を自動で調整してくれるアダプティブハイビームではなく、先行車を検知して、ハイビームとロービームを切り替えるだけの”オートマチックハイビーム”となっています。

新型ランクル300(Land Cruiser)の下位モデルも基本的な安全装備は用意されていますが、上位モデルと比較すると、少し安全性が劣るので、ご注意くださいね。

上位モデルに用意されている安全装備

一方、VXグレードやZXグレード、GRスポーツなど新型ランクル300(Land Cruiser)の上位モデルに用意されている安全装備は、このようになっています。

■新型ランクル300の上位モデルの安全装備
グレード:VXグレード/ZXグレード/GRスポーツ

・プリクラッシュセーフティシステム(自動ブレーキ)
・レーントレーシングアシスト(LDA)
・レーダークルーズコントロール
・ロードサインアシスト(RSA)
・アダプティブハイビーム(※ZXグレード/GRスポーツのみ)
・先行車発進告知機能(TMN)
・ブラインドスポットモニター(BSM)
・パーキングブレーキサポート(前後方接近物/後方接近車両/後方歩行者)
・ITSコネクト(※メーカーオプション)
・プラスサポート(※ディーラーオプション)
・VDIM
・パノラミックビューモニター
・マルチテレインモニター

今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)の上位モデルでは、下位モデルよりも安全装備が充実しており、高速道路の運転を楽にしてくれる”レーントレーシングアシスト(LDA)”を標準装備。

そのおかげもあり、下位モデルよりも高速道路を楽&快適に運転をすることができます。

また、新型ランクル300(Land Cruiser)の上位モデルは、先行車や対向車を避けて前方を照らしてくれる”アダプティブハイビームシステム”が備わっており、周囲に配慮した運転をすることができるのも魅力の一つですよ。

■新型ランクル300のヘッドライト

ちなみに、アダプティブハイビームシステムが標準装備されているのは、ZXグレードとGRスポーツ(GR SPORT)のみです。中間モデルに位置をするVXグレードは、下位モデルと同じオートマチックハイビームとなっているので、ご注意くださいね。

新型ランクル300の安全装備のココが凄い【魅力&メリットとは?】

このような安全装備を備えているトヨタの新型ランクル300(Land Cruiser)ですが、競合車やライバル車にはない魅力&メリットが…。

この新型モデルの安全装備は、競合車・ライバル車よりもドコが優れているのか?新型ランクル300(Land Cruiser)に用意されている安全装備の魅力&メリットを紹介したいと思います。

下位モデルでも安全装備が充実

今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)の魅力の一つは、下位モデルの安全装備の充実度です。

この新型モデルは、最廉価モデルに位置をするGXグレードでも、自動ブレーキなどの基本的なアイテムだけではなく、高速道路の運転を楽にするブラインドスポットモニター(BSM)も標準装備されています。

■新型ランクル300のブラインドスポットモニターのインジケーター

また、自動停車まで対応したクルーズコントロール(クルコン)も標準装備されています。

最廉価モデルのGXグレードでも、このような機能がオプションではなく、標準装備されているのは、嬉しいですよね。

このようにグレードを問わず、安全装備が充実しているのは、新型ランクル300(Land Cruiser)の良いところなのかなと思いました。

安全性に優れた最新の自動ブレーキを搭載

また、2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)の安全装備の魅力&注目ポイントの一つは、自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)です。

この新型モデルは、昼夜の車両&歩行者だけではなく、昼間のみですが、自転車も検知することができる最新モデルを全グレードに標準装備。

意外と自転車を検知することができる自動ブレーキを搭載しているクルマって、少ないんですよね。

また、この新型モデルに搭載されている自動ブレーキは、右左折をする時の対向車や対面から向かってくる歩行者を検知することができるのも、注目ポイントの一つですよ。

快適性が増したクルーズコントール

また、高速道路の運転を楽にしてくれるクルーズコントロール(クルコン)も、新型ランクル300(Land Cruiser)の注目の安全装備の一つです。

先ほども簡単にお話した通り、今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)は、前走車が停車すると自分のクルマも停車をする全車速対応のクルーズコントロールを全グレード標準装備しています。

■新型ランクル300のクルコン設定スイッチ

しかも、この新型モデルのクルーズコントロール(クルコン)は、カーブの時速度を自動で抑制してくれる機能付き。

クルーズコントロールを使用していると、設定した速度でR(アール)のきついカーブに突入をして、怖い思いをする時があるんですよね。

しかし、カーブ手前で自動的に減速をしてくれるこの新型モデルでは、このような怖い思いをする心配はありません。

この快適性が増したクルーズコントール(クルコン)も、新しく生まれ変わった新型ランクル300(Land Cruiser)の良さの一つなのかなと思いました。

新型ランクル300の安全装備のココが残念【欠点&デメリットとは?】

このように安全装備が充実しているトヨタの新型ランクル300(Land Cruiser)ですが、ちょっと残念に感じるところもありました。

この新型モデルの安全装備システムの欠点&残念に感じたことは、何だったか?包み隠さずお話したいと思います。

他のトヨタ車より劣るパーキングサポートブレーキ

今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)で残念だった安全装備の一つが、アクセルの踏み間違いや踏み過ぎなどが原因で起こる衝突の防止や被害を軽減してくれる”パーキングサポートブレーキ”です。

【トヨタの安全技術】ブレーキ。アクセル。踏み間違えてしまっても。

この新型モデルに用意されている”パーキングブレーキサポート”は、前方や後方にある障害物を検視してお知らせしてくれる機能を備えているのですが、クルマの側面の障害物を検知する機能は備えていません。

ちなみに、同じトヨタから発売されている人気コンパクトカーのアクア(AQUA)などでは、サイドミラーの下に備わっているカメラとセンサーでクルマの側面にある障害物を検知して、お知らせしてくれる機能を備えているんですよね。

【機能操作説明】パーキングサポートブレーキ(周囲静止物)

個人的には、車体が大きく、死角が多い新型ランクル300(Land Cruiser)こそ、この側面の障害物を検知して、お知らせをしてくる機能が必要だと思うのですが…。

この新型モデルのパーキングブレーキサポートは、巻き込み事故を防ぐ側方の障害物を検知してお知らせしてくれる機能を備えていないのが、少々残念でした。

もしマイナーチェンジをする際は、前後だけではなく、側面の障害物を検知してお知らせしてくれる機能を備えてもらいたいですね。

ブライドスポットモニターの停車時警報機能

また、斜め後方から接近してくる車両などを検知して、お知らせしてくれるブラインドスポットモニター(BSM)も、少し残念な安全装備の一つです。

【トヨタの安全技術】クルマが見張る。その死角。

新型ランクル300(Land Cruiser)に用意されているブラインドスポットモニター(BSM)は、降車時の危険も知らせてくれる停車時警報機能が備わっています。

なので、クルマから降りる際、後方から接近してくる自転車を検知して、お知らせをしてくれることも…。

非常に便利そうに思えるこの新型のモデルブライドスポットモニターの停車時警報機能ですが、ディーラーさんの話によると、どうやらエンジンがかかっている時にしか作動しないようなんですよね。

クルマから降りる時は、エンジンを停止している方が圧倒的に多いので、そうなると、活躍する場面は限られてしまうような感じが…。

この降車時の危険も知らせてくれる機能は、普段使いから役に立つ機能なので、どうにかエンジンがかかっていない時でも、作動するよう改良してもらいたいですね。

まとめ:安全装備も充実している新型ランクル300

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)に用意されている安全装備を確認したところ、このようになっていました。

■新型ランクル300の安全装備のまとめ

・上位モデルだけではなく、下位モデルも安全装備が充実
・最新の自動ブレーキを全グレードに標準装備
・快適性が増したクルコンを搭載
・パーキングサポートブレーキの性能は他のトヨタ車よりも劣る

この新型モデルに用意されているパーキングサポートブレーキは、側面の障害物を検知することができないなど残念なところはありましたが、競合車と比べると、安全装備は充実しています。

また、カーブ手前で減速する機能を備えたクルーズコントロールやハンドル操作をサポートしてくれるレーントレーシングアシストなど、高速道路の運転を楽にしてくれる機能が充実しているのも、新型ランクル300の嬉しいポイントの一つでした。

このように今回デビューを果たした新型モデルは、運転をサポートしてくれる機能や装備が充実しているので、このクルマのみに用意されている最新の機能や装備にも注目をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02