人気が高いのも納得!新型ランクル300のガソリン車の魅力&欠点

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタの新型ランクル300(Land Cruiser)は、ガソリン車とディーゼル車の2つのパワートレインを用意しています。

先日、この新型モデルの見積もりをもらった時にどちらのモデルの方が人気が高いのか聞いてみたところ、現在のところ、ガソリン車の方が若干ですが、人気が高いようです。

そんな新型モデルのディーゼル車にはないガソリン車の魅力&メリットは、何なのでしょうか?逆にガソリン車の欠点&デメリットは、何なのでしょうか?

14年ぶりにフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)のガソリン車の魅力&メリット、欠点を包み隠さずお話したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ランクル300のガソリン車の魅力&メリットとは?

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)のガソリン車には、次のような魅力&メリットがあります。

使い勝手の良い7人乗り仕様を採用

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルのガソリン車の魅力&メリットの一つは、乗車人数です。

今回デビューを果たした新型モデルは、2列シートの5人乗り仕様と3列シートの7人乗り仕様の2つのタイプを用意していますが、ディーゼル車は、5人乗り仕様になっているんですよね。

5人乗り仕様は、荷室・ラゲッジスペースを広く使えるというメリットがあるのですが、乗車人数が限られてしまうという欠点&デメリットが…。

■新型ランクル300の5人乗り仕様

画像引用:https://toyota.jp/landcruiser

一方、新型ランクル300(Land Cruiser)のガソリン車は、3列シートの7人乗り仕様を採用。

ガソリン車に採用されている3列目シートは着座位置が低く、補助シートとしてしか利用することができません。

■新型ランクル300の3列目シート

ただ、3列目シートが用意されていると、イザという助かるのは間違いありません。

また、今回デビューを果たした新型モデルの3列目シートは床下に収納するタイプになったおかげで、シート収納時の荷室・ラゲッジスペースは、5人乗り仕様とほぼ変わらない広さ&使い勝手になっているんですよね。

■新型ランクル300の5人乗り仕様の荷室

■新型ランクル300の7人乗り仕様の荷室

このように使い勝手に優れる3列シートの7人乗り仕様を選ぶことができるのは、新型ランクル300(Land Cruiser)のガソリン車の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

車体本体価格の安さ

また、車体本体価格の安さも、新型ランクル300(Land Cruiser)のガソリン車の魅力の一つです。

ガソリン車とディーゼル車を用意しているGRスポーツ&ZXグレードの車体本体価格を比較すると、どちらのモデルもガソリン車の方が30万円ほど安くなっています。

■新型ランクル300のガソリンとディーゼルの車体本体価格

また、新型ランクル300(Land Cruiser)のディーゼル車はエコカー減税の対象車から外れてしまったため、乗り出し価格で比較しても、ディーゼル車の方が高くなっています。

■ガソリンとディーゼルの乗り出し価格
グレード:GRスポーツ

乗り出し価格で32万円の差というのは、かなり大きいですよね。

このようにディーゼル車よりも安く購入できるのも、ガソリン車の魅力の一つですよ。

普段使いでの使いやすさ

また、街乗り&普段使いで使いやすいのも、新型ランクル300(Land Cruiser)のガソリン車の魅力の一つです。

ディーゼル車は、渋滞や信号待ちなどストップ&ゴーを繰り返すと、エンジン内にススが溜まり、エンジンの調子が悪くなるという欠点&デメリットがあるんですよね。

ディーラーさん曰く、「ディーゼル車を乗るのなら、1週間に1度くらいは30分以上運転することをおすすめします。」とのこと。

一方、この新型モデルのガソリン車には、このような心配はありません。

燃費性能や低速域からのトルクフルな走りなどガソリン車にはない魅力を備えている新型ランクル300(Land Cruiser)のディーゼル車ですが、このような心配をしたくないのなら、ガソリン車の方が良いかもしれませんね。

リセールバリューの高さ

また、リセールバリューの高さも、新型ランクル300(Land Cruiser)のガソリン車の魅力&メリットの一つです。

ディーゼル車は、排ガスの規制などの問題もあり、ヨーロッパや中東での売れ行きが減少しているんですよね。

そのため、下取りに出すときのリセールバリューもガソリン車に劣ります。

まだ発売されたばかりのため、具体的にガソリン車とディーゼル車で下取り価格にどれくらいの差があるかは明らかになっていません。

ただ、トヨタが設定している残価設定型ローンの残価率を確認してみると、3年後の残価率はディーゼル車が67%なのに対してガソリン車は70%と、ガソリン車の方が3%ほど高くなっています。

このような数値をみると、車体本体価格が安く、リセールバリューが高いガソリン車の方がお得感があるような感じが…。

ガソリン車とディーゼル車どちらも用意しているZXグレードやGRスポーツ(GR SPORT)の購入を検討している方は、リセールバリューの高さを考慮して、ガソリン車の方を購入しても良いかもしれませんね。

ちなみに、ディーラーさんによると、リセールバリューが高いからとの理由で、ガソリン車を選ぶ方も大勢いるみたいですよ。

新型ランクル300のガソリン車の欠点&デメリットとは?

車体本体価格の安さや普段使いでの扱いやすさなど、ディーゼル車にはない魅力&メリットがある新型ランクル300(Land Cruiser)のガソリン車ですが、欠点&デメリットもありました。

この新型モデルのガソリン車の欠点&デメリットは、何だったのか?包み隠さずお話したいと思います。

燃費性能の悪さ

今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)のガソリン車の欠点&デメリットの一つは、燃費性能の悪さです。

この新型モデルは車体が大きく、車体重量もあるため、燃費性能はあまりよくないのですが、ガソリン車の燃費性能は、ディーゼル車よりも一段劣ります。

■ガソリンとディーゼルの燃費比較

そのため、1回の給油で走ることができる航続可能距離もガソリン車の方が劣ります。

■ガソリンとディーゼルの航続可能距離

燃費性能の差が1.8km/Lと聞くと、大した差がないように感じますが、航続可能距離で比較すると、思ったよりも差がありますね。

また、航続可能距離が短いと、ガソリンスタンドに行く回数が増えるため、面倒なんですよね。

この燃費性能の悪さと航続可能距離の短さは、新型ランクル300(Land Cruiser)のガソリン車の残念なところの一つなのかなと思いました。

毎月の維持費の高さ

また、毎月の維持費の高さも、新型ランクル300(Land Cruiser)のガソリン車の欠点&デメリットの一つです。

ディーゼル車は、ガソリン車よりも車体本体価格は高いものの、燃料に軽油を使用しているため、毎月のガソリン代を抑えることができるのが魅力の一つです。

一方、ガソリン車は、ディーゼル車よりも車体本体価格は安いものの、燃料にハイオクを使用しているため、毎月のガソリン代は高くなります。

特に今のご時世は…。

実際に新型ランクル300(Land Cruiser)のガソリン車とディーゼル車でガソリン代はどれくらい違うかというと、1ヶ月に1000㎞走行した時のそれぞれのモデルのガソリン代は、次のようになっています。

ちなみに、ハイオクのガソリン代は178円/L、軽油は145円/Lで計算しています。

■ガソリンとディーゼルのガソリン代の差

この2台のモデルのガソリン代の差を計算してみたところ、ガソリン車の方がディーゼル車よりも約7,500円高くなっています。

毎月7500円多く払い続けないといけないのは、かなり大きいですよね。

車体本体価格の安が魅力ですが、毎月かかるガソリン代の高さは、新型ランクル300(Land Cruiser)のガソリン車の欠点&デメリットの一つなのかなと思いました。

まとめ:使い勝手&快適性に優れる新型ランクル300のガソリン車

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)のガソリンやの魅力や欠点を確認してみたところ、このようになっていました。

■新型ランクル300のガソリン車の魅力&メリット

・3列シートの7人乗り仕様を選ぶことが可能
・ディーゼル車よりも安い車体本体価格
・使い勝手に優れた7人乗り仕様を用意
・リセールバリューの高さ

■新型ランクル300のディーゼル車の欠点&デメリット

・燃費性能の悪さ&航続可能距離の短さ
・毎月のガソリン代の高さ

今回デビューを果たした新型モデルのガソリン車は、燃費性能悪さや毎月のガソリン代の高さなど、ディーゼル車に劣る部分もあります。

ただ、床下にスッポリと収納することができる3列目シートを備えた7人乗り仕様や普段使いの使い勝手の良さなど、ディーゼル車にはない魅力&メリットもありました。

ちなみに、新型ランクル300(Land Cruiser)のガソリン車は、ディーゼル車よりも車体本体価格が安いくなっているとはいえ、他のクルマと比較すると、やはり車体本体価格&乗り出し価格は高めです。

なので、このクルマを購入する際は、しっかりと値引き交渉をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02