新型ランクル300のハンドルの操舵感は?【デザインや機能、使い勝手を徹底解説】

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)は、ランクルらしい無骨感と高級感を兼ね備えたハンドル・ステアリングホイールを全グレードに標準装備しています。
また、ハンドル・ステアリング操作性も進化をしているように感じました。

今回デビューを果たした新型モデルのハンドル・ステアリングホイールは、どのようなデザインをしているのでしょうか?また、ハンドルの操舵感は、どのような感じになっているのでしょうか?

14年ぶりにフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)のハンドル・ステアリングホイールのデザインや機能、操作のしやすさを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ランクル300のハンドル【デザイン&機能性を実写画像でチェック】

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)のハンドル・ステアリングホイールは、このようなデザインをしています。

■新型ランクル300のハンドル

本革巻きのハンドルを標準装備

今回デビューを果たした新型モデルは、本革巻きのハンドル・ステアリングホイールを全グレードに標準装備。

■本革巻きのハンドルを採用の新型ランクル300

上位モデルに位置をするZXグレードやGRスポーツだけではなく、最廉価モデルに位置をするGXグレードも本革巻きのステアリングホイールを採用しているのは嬉しいですよね。

また、VXグレードの以上のモデルでは、木目をあしらっており、高級感とSUVらしい無骨感を兼ね備えたデザインになっていました。

ただ、上位モデルに位置をするZXグレードでも、本物の木材から作った”本木目”ではないのが、少々残念でした。

上位モデルはステアリングヒーターを標準装備

また、新型ランクル300(Land Cruiser)のVXグレード以上のモデルでは、ハンドル・ステアリングヒールのグリップ部分をじんわりと温めてくれるステアリングヒーターが標準装備されています。

■新型ランクル300のステアリングヒータースイッチ

そのため、シートヒーターを合わせて使用をすると、真冬の寒い日でも快適に運転をすることができます。

ちなみに、シートヒーターが用意されているのも、中間モデルに位置をするVXグレード以上のモデルです。最廉価モデルに位置をするGXグレードやAXグレードでは、真冬の寒い日に重宝をするステアリングヒーターを装着することができません。

真冬の快適性&運転のしやすさを考えるのなら、シートヒーターやステアリングヒーターが標準装備されているVXグレード以上のモデルが良いかもしれませんね。

使い勝手の良いステアリングスイッチを搭載

また、新型ランクル300(Land Cruiser)のハンドル・ステアリングホイールの左右には、手元で様々な機能&アイテムの操作を行える”ステアリングスイッチ”を標準装備。

この新型モデルの左側にステアリングスイッチには、メーターの中央に備わっているマルチインフォメーションディスプレイの表示画面の切り替えスイッチやハンズフリーフォンのスイッチを搭載。

■新型ランクル300の左側のステアリングスイッチ

一方、ステアリングホイールの右側には、クルーズコントロールの起動や設定を操作するスイッチを搭載。

■新型ランクル300の右側のステアリングスイッチ

また、ステアリングスイッチの左右の下部には、オーディオ関係を操作するスイッチを搭載。

そんな新型ランクル300(Land Cruiser)のステアリングスイッチで印象的だったのは、操作感です。

今回デビューを果たした新型モデルのステアリングスイッチは、スイッチのサイズが設置場所ごとに異なるだけではなく、凹凸感のあるデザインになっているんですよね。

そのおかげもあり、手の馴染みが非常によく、運転中の操作がしやすいスイッチになっていました。

新型ランクル300のハンドル【操舵感&ステアリングフィールを徹底解説】

高級感と無骨感を兼ね備えたデザインをしている新型ランクル300(Land Cruiser)のハンドルですが、操舵感&ステアリングフィールも、ランクルらしさがありました。

今回デビューを果たした新型モデルのハンドル・ステアリングホイールは、どのような操舵感になっていたのか?この新型モデルのステアリングフィールを確認してきたので、紹介したいと思います。

どっしりとした重めのステアリングフィール

今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)は、車体重量があることもあり、どっしりとした重めのステアリングフィールになっています。

そのため、女性が初めてこのクルマを運転すると、ハンドル・ステアリングホイールの重さに少し驚いてしまうかもしれません。

ただ、パワステがしっかりと効いているため、ハンドル操作がしにくいといった印象は一切ありません。

また、今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)は、どっしりとした重めのステアリングフィールになっているおかげで、高速道路を運転する時などの直進安定性に優れているのも好印象でした。

ゆったり&素直なハンドルの操舵感

今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)で印象的だったのは、カーブを曲がった時のステアリングフィールです。

ステアリングを切った瞬間のノーズの向きをサっと変えるような機敏さはなく、良い意味でゆったりとした鈍感なステアリングフィールになっています。

そのおかげもあり、この新型モデルは、ゆったりとした乗り味に…。

そんな新型ランクル300(Land Cruiser)を運転をしていて驚いたのが、カーブを曲がった時のロール感です。

この新型モデルは車高が高いため、カーブを曲がるとロールをするのは仕方ないのですが、ロールの感じが非常に自然なんですよね。

クルマによっては、ハンドルを素早く切るとと、タイヤの踏ん張りが効かずに腰砕け状態になってしまうこともありますが、この新型モデルは、そのような心配はありません。

カーブが連続するワインディングロードも、多少車体重量の重さは感じつつも、なめらかに走りぬけていってくれます。

そのため、今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)は、運転をしていて非常に頼もしさと安心感がありました。

ステアリングフィールはグレードで異なる

今回デビューを果たしたトヨタの新型ランクル300(Land Cruiser)は、SUVらしくゆったりとした乗り味&ステアリングフィールになっています。

ただ、ディーラーさんの話によると、この新型モデルは、グレードによってタイヤサイズが違うため、ステアリングフィールも若干異なるとのこと。

この新型モデルの中で、ハンドルの操舵感が比較的機敏になっているがのが、20インチのタイヤ&ホイールを履いている最上位モデルのZXグレードとのこと。

■新型ランクル300のZXグレード

画像引用:https://toyota.jp/landcruiser/

また、ZXグレードは、他のグレードよりも乗り心地も若干硬めになっているそうです。

一方、18インチのタイヤ&ホイールを履いている他のグレードは、ZXグレードよりも穏やかなハンドルフィールに…。また、乗り心地もしなやかになっているとのこと。

このように、今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)は、グレードによって見た目のデザインや機能だけではなく、乗り心地やハンドルフィールも大きく異なります。

なので、グレード選びをする際は、見た目のデザインだけではなく、乗り心地や運転のしやすさにも注意してくださいね。

まとめ:ランクルらしさがただよう新型ランクル300のハンドル

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)のハンドル・ステアリングホイールのデザインや操舵感を確認したところ、このようになっていました。

■新型ランクル300のハンドルのまとめ

・全グレード本革巻きのハンドルを採用
・VXグレード以上はステアリングヒーターを標準装備
・ハンドルの操舵感は重め
・ゆったりとしたハンドル操舵感
・グレードでハンドルの操舵感は異なる

今回デビューを果たした新型モデルは、高級感を演出する本革巻きのハンドル・ステアリングホイールを全グレードの採用。

また、良い意味でゆったり&鈍感なステアリンフィールになっているのも、ランクルらしくて好印象でした。

ただ、今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)は、グレードによってハンドル・ステアリングフィールが異なるので、購入を検討している方は、ハンドルの操舵感にも注目をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02