本サイトはプロモーションが含まれています。

マイチェンで進化!使い勝手が良くなった新型ノート(E13)の注目の装備&アイテム3選

日産の人気コンパクトカー新型ノート(E13)が2024年1月にマイナーチェンジをしましたが、見た目のデザインだけなく、機能&装備も大幅に進化。

そのおかげもあり、マイチェン後の新型モデルは、旧型モデルより使い勝手の良いクルマになっていました。

今回のマイナーチェンジで進化を遂げた装備&アイテムは、なんだったでしょうか?また、マイチェン前の旧型モデルよりどこが良くなったのでしょうか?

2024年1月におこなわれた新型ノート(E13型)のマイナーチェンジで大幅に進化を遂げた注目の装備&アイテムを徹底解説します。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

マイチェンをした新型ノートの内外装【注目ポイントをチェック】

2024年1月にマイナーチェンジをして新発売をした新型ノート(E13型)は様々な進化を遂げましたが、マイチェン前の旧型モデルとどこが変わったか改めて内外装を確認してみましょう。

フロントグリルが一新された外装・エクステリア

今回マイナーチェンジをして新発売をした新型ノート(E13型)とマイチェン前の旧型モデルの外装・エクスエリアは、それぞれこのようなデザインをしています。

■マイチェン後の新型ノート

■マイチェン前のノートの外装

ホイールのデザインなど様々な違いがあるマイナーチェン前と後のモデルですが、外装
・エクステリアで一番大きな違いと言えば、なんといってもフロントグリルです。

マイナーチェンジ前の旧型モデルはピアノブラック塗装をほどこした格子状のフロントグリルを採用していましたが、マイチェン後の新型モデルは、ボディと同じ色をまとったカラードグリルを採用。

■新型ノートに採用のカラードグリル

そのおかげもあり、マイチェン後の新型モデルは、旧型モデルよりカジュアルで親しみやすい見た目になっていました。

カラーバリエーションが増えた内装・インテリア

また、2024年1月にマイナーチェンジをして新発売をした新型ノート(E13型)とマイチェン前の旧型モデルの内装は、このようなデザインをしています。

■マイチェン後の新型ノートの内装

■マイチェン前のノートの内装

どちらもモデルも、ドア内側パネルの上部まで伸びた大きなインパネやバイザーレスのディスプレイを採用しており、基本的な内装・インテリアのデザインや設計に大きな違いはありません。

ただ、マイナーチェンジをして新発売をした新型モデルは、ブラックの内装色に加え、インパネやセンターコンソール、シートをオフホワイトっぽい色合いにあしたエアリーグレーを用意。

■新型ノートのブラックの内装

■新型ノートのエアリーグレーの内装

また、シートのデザインに手を加えたのも、今回のマイナーチェンジをして新発売をした新型ノート(E13型)の注目ポイントのひとつですよ。

マイチェンをした新型ノートの装備【旧型より進化した3つのアイテムとは?】

見た目のデザインや内装色の追加など様々な違いがある今回の新型ノート(E13型)のマイナーチェンジですが、進化を遂げて使い勝手が良くなった装備&アイテムもありました。

どのアイテム&パーツの使い勝手が良くなったのでしょか?

マイナーチェンジ前の旧型モデルより進化を遂げて使い勝手が良くなったアイテム&装備を紹介したいと思います。

ヘッドライト

2024年1月月のマイナーチェンジで大きく進化を遂げた装備&アイテムのひとつが、ヘッドライトです。

マイナーチェンジをする前の旧型モデルはハロゲンのヘッドライトを標準装備しており、白い光が特徴のLEDヘッドライトはメーカーオプションとして用意されていたんですよね。

■旧型モデルのハロゲンのヘッドライト

画像引用:日産ノート公式HP

しかし、マイチェン後の新型モデルは、4連のプロジェクタータイプのLEDヘッドライトを標準装備。

■新型ノートのLEDヘッドライト

ボディと同じ色をあしらったカラードグリルとの相性も良く、スタイリッシュで上質感ただようフロントマスクを演出していました。

グローブボックス

また、助手席の側のインパネ・ダッシュボードに備わっているグローブボックスも、2024年1月の新型ノート(E13型)のマイナーチェンジで進化を遂げた装備&アイテムのひとつです。

今回デビューをはたした新型モデルは、グローブボックスのデザインを一新して、上下2段に別れたつくりに…。また、横幅もひと回り広くなっていました。

■旧型モデルのグローブボックス

■新型ノートのグローブボックス

マイナーチェンジ後の新型モデルは、新しく作られた上段のスペースに車検証を置いておくことができるようになっているので、非常に便利です。

この収納力が増したグローブボックスも、新しく生まれ変わった新型ノート(E13型)の良いところのひとつなのかなと思いました。

ドアのロック/アンロック機能

また、マイナーチェンジをする前の旧型モデルより乗り降りがしやすくなったのも、今回の新型ノート(E13型)のマイナーチェンジの特徴&魅力のひとつです。

マイチェンをする前の旧型モデルは、次の2種類のドアの施錠/解錠を用意していました。

・スマートキーの操作
・アウトドアハンドルの部分に搭載のスイッチ操作

一方、今回マイナーチェンジをして新発売をした新型モデルでは、上記の2つの方法に加えて、”接近時アンロック機能”と”降車時オートロック機能”を採用

接近時アンロック機能…スマートキーを携帯した状態でクルマに近づくと自動的にロックを解除してくれる機能
降車時オートロック機能…スマートキーを携帯した状態でクルマから離れると自動的に施錠する機能

つまり、マイナーチェンジ後の新型モデルは、旧型モデルのようにスマートキーなどの操作をすることなく自動的にクルマを施錠/解錠できるようになったのです。

そのおかげもあり、この新型モデルは、マイナーチェンジ前の旧型モデルよりスムーズに乗り落ちをすることができます。

また、マイチェンをした新型ノート(E13型)は、ロック/アンロックに連動して自動的にサイドミラーが自動格納&展開する機能を備えており、サイドミラーを確認するだけで鍵がしっかりとかかっているか確認することができるのも好印象でした。

まとめ:見た目だけでなく、装備も進化を遂げた新型ノート

外装や内装のデザインが大きく変わったことばかりが注目を集めている新型ノート(E13型)ですが、細かく比べてみると、旧型モデルより進化を遂げた装備&アイテムも多数ありました。

■進化を遂げたマイチェン後の新型ノートの装備&アイテム

・ヘッドライト
・グローブボックス
・鍵のロック/アンロック機能

グローブボックスや鍵のロック&アンロック機能などを見直した新型モデルは、旧型モデルより使い勝手の良いクルマになりました。

本革シートがなくなってしまったことなど気になることは少しありますが、車内は広くて快適ですし、新しく生まれ変わった新型モデルを購入して後悔することはないのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02