高級感が段違い!新型ノートe-PWOER Xグレードの内装の実車画像レビュー

2020年12月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデルに位置をするのが、Xグレードです。

最上位モデルと言うと、機能や装備が充実しているようなイメージを持つかもしれませんが、この新型モデルに関して言うと、Xグレードと下位グレードの機能&装備の差はほとんどありません。

ただ、車内の高級感や上質感に関しては、最上位モデルの”Xグレード”と下位モデルでは、歴然たる差がありました。

そんな新型モデルの最上位グレード”Xグレード”の内装・インテリアは、どのようなデザインになっていたのでしょか?また、どのような特徴を備えていたのでしょうか?

新しく生まれ変わった新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデル”Xグレード”の内装・インテリアを、実車画像を使って、徹底レビューしたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ノートe-POWERの内装のデザインをチェック

2020年12月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデルに位置をする”Xグレード”の内装・インテリアは、このようなデザインをしています。

■Xグレードの内装・インテリア

また、この新型モデルの”Xグレード”の内装・インテリアは、次のような特徴がありました。

近未来感あふれるスタイリッシュなダッシュボード

今回デビューを果たした新型モデルのXグレードでは、助手席側にカーボン調のパネルを配したブラック基調のダッシュボードを採用。

また、運転席の目の前には、メーターと中央のナビが一体になった”モノリスディスプレイ”を採用しており、先進感とスタイリッシュさを兼ね備えた運転席まわりとなっていました。

高級感がただようセンターコンソール

また、運転席と助手席の間に備わっているセンターコンソールも、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデル”Xグレード”の注目のアイテムの一つです。

■Xグレードのセンターコンソール

この新型モデルでは、収納力に優れた上下2段に分かれた大きなセンターコンソールを備えているのですが、最上位モデルの”Xグレード”では、アームレスト部分が合成レザー仕様に…。

■合成レザーを採用しているアームレスト

また、センターコンソールの前方のシフトレバー部分には、ピアノブラック調のパネルを採用しており、高級感&上質感のある車内空間を演出していました。

専用デザインのファブリックシートを標準装備

そんな新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデル”Xグレード”の内装・インテリアで少し残念だったのが、シートのデザイン&素材です。

ホンダの新型フィット4(FIT4)など競合車・ライバル車の中には、シートサイドに合成レザーをあしらったコンビシートを上位モデルに採用しているところもあります。

しかし、今回デビューを果たした新型モデルでは、最上位モデルの”Xグレード”でもオーソドックスなファブリック素材に…。

■Xグレードの標準仕様のシート

この新型モデルのXグレードでは、他のグレードとは異なる専用デザインのシートを採用していますが、競合車・ライバル車と比較すると、豪華さや高級感で劣るように感じました。

新型ノートe-POWERの内装【機能や装備をチェック】

このようなデザインになっていた日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデル”Xグレード”ですが、内装・インテリアには、どのような機能を装備を備えていたのでしょうか?

この新型モデルのXグレードの注目の装備&アイテムを、実車画像を使って紹介したいと思います。

スタイリッシュなメーター

今回デビューを果たした新型モデルの最上位モデル”Xグレード”のメーターは、このようなデザインをしています。

■Xグレードのメーター

最上位モデルに位置をする”Xグレード”では、バイザーレス仕様の液晶ディスプレイメーターを標準装備。

スピードメーターも大きく、見た目のデザイン性だけではなく、視認性にも優れたメーターパネルになっていました。

ちょっとシンプルなハンドル・ステアリングホイール

また、2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデル”Xグレード”に備わっているハンドル・ステアリングホイールは、このようなデザインをしています。

■Xグレードのハンドル

この新型モデルでは、最上位モデルの”Xグレード”でも、ウレタン製のハンドル・ステアリングホイールを標準装備。

最上位モデルのXぐらい高級感がただよう本革巻きのハンドル・ステアリングホイールを標準装備にしても良かったような感じが…。

スタイリッシュな内装・インテリアの雰囲気を損なうウレタン製のハンドル・ステアリングホイールは、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデル”Xグレード”の残念なところの一つでした。

ちなみに、Xグレード専用のメーカーオプションとして用意されている自動運転支援技術の”プロパイロット機能”を付けると、ハンドル・ステアリングホイールの右側にプロパイロット機能の設定スイッチが装着されますよ。

高級感ただよう電子式シフトレバー

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデルに位置をする”Xグレード”に標準装備されているシフトレバーは、このようなデザインとなっています。

■新型ノートe-POWERのシフトレバー

この新型モデルでは、ピアノブラック調の加飾を施した電子式のシフトレバーを標準装備。

また、この新型モデルの電子式のシフトレバーの近くには、シルバー塗装を施したオートブレーキホールドやスイッチ式になったドライブモード切り替えスイッチなども用意。

■Xグレードのオートブレーキホールド

■Xグレードのドライブモード切り替えスイッチ

運転操作に関係するスイッチ類が集約されており、使い勝手に優れるのも好印象でした。

ちなみに、この新型モデルの電子式シフトレバーの操作性は、他のクルマと異なるので、ご注意くださいね。

シンプルながらも使い勝手に優れるエアコン

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデル”Xグレード”に用意されているエアコン/ヒーターは、このようなデザインをしています。

■Xグレードのエアコン

この新型モデルのXグレードでは、ダイヤルを2つ備えた使い勝手に優れたフルオートエアコンを標準装備。

ただ、運転席と助手席で別々に温度調整をすることができる左右独立温度調節機能は備わっていないのが残念でした。

リクライニング機能が備わった後部座席

また、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデル”Xグレード”の内装・インテリアの注目のアイテムの一つが、後部座席です。

■Xグレードの後部座席

この新型モデルでは、最上位モデルの”Xグレード”のみ後部座席の背もたれの角度を調節することができる後部座席を標準装備。

■後部座席をリクライニングした時の様子

リクライニングできる角度はそれほど大きくありませんが、好みに合わせて背もたれの角度を調節できるようになっていたのは、かなりの好印象でした。

新型ノートe-POWERの内装の魅力【他のグレードには注目ポイントとは?】

2020年12月にデビューをはたした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデルに位置をする”Xグレード”の内装・インテリアには、次のような魅力&注目ポイントもありました。

プロパイロット機能と連動した純正ナビ【Xグレードの魅力1】

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデル”Xグレード”の注目ポイントの一つが、ナビです。

■新型ノートe-POWERのナビ

新型ノートe-power ナビ

この新型モデルのXグレードのみ、プロパイロット機能と連動した”Nissan Connectナビ”をメーカーオプションで装着することが可能です。

Xグレード専用のオプションとして用意されている”Nissan Connectナビ”では、プロパイロットとの連動機能以外にも、イザという時の専用のオペレーターがサポートしてくれるSOSコールや地図の自動更新機能などを搭載。

■新型ノートe-POWERのSOSコール

また、Xグレードに装着することができる”Nissan Connectナビ”を装着すると、車内Wi-Fiが使用することができるようになります。(※車内Wi-fiは別途契約が必要)

このように最新の機能を搭載した”Nissan Connectナビ”を装着することができるのも、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデル”Xグレード”の大きな魅力の一つとなっていました。

USBポートを増設可能【Xグレードの魅力2】

また、運転席まわりにUSBポートをメーカーオプションで増設することができるのも、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデル”Xグレード”の特徴の一つです。

この新型モデルでは、USBポートを1つダッシュボード中央下部に設置しているのですが、最上位モデルの”Xグレード”のみ、このスペースにUSBポート(タイプC)を増設することができます。

■増設したXグレードのUSBポート

「USBポートが一つでは、物足りない!」と思っている方には、メーカーオプションで用意されているUSBポートは、非常に助かるアイテムなのかもしれませんね。

本革シートに変更することが可能【Xグレードの魅力3】

先ほどもお話したとおり、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、最上位モデルの”Xグレード”でもファブリックシートを標準装備しております。

ただ、この新型モデルの最上位グレード”Xグレード”では、メーカーオプションで本革シートに変更をすることが可能です。

■メーカーオプションの本革シート

メーカーオプションの本革シートに変更すると、車内のスタイリッシュさ&スポーティさが増すような感じが…。

また、メーカーオプションの本革シートを装着すると、ダッシュボードの助手席側のパネルのデザインが変わるのも見逃せないポイントの一つですよ。

まとめ:他のグレードにはない魅力がある新型ノートe-POWERのXグレードの内装

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデル”Xグレード”の内装・インテリアを確認したところ、このようになっていました。

■新型ノートe-POWERXグレードの内装のまとめ

・ブラック基調のスタイリッシュなダッシュボードを採用
・合成レザー張りのセンターコンソールを標準装備
・専用デザインのファブリック素材シートを標準装備
・プロパイロット機能に連動したNissan Connectナビを装着可能
・メーカーオプションで本革シートに変更可能

最上位モデルの”Xグレード”は、合成レザーをあしらったセンターコンソールを備えるなど、下位グレードよりも高級感&上質感のある内装・インテリアに…。

また、”Nissan Connectナビ”や”USBポート”の増設など、他のグレードには装着することができない機能&装備がたくさんあるのも良かったです。。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02