新型ノートe-POWERの4WDの見積もり公開【2WDと乗り出し価格の差は?】

2020年12月にデビューを果たした日産の人気コンパクトカー新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の注目ポイントの一つが、初めてe-POWERに4WD車をラインナップしたことです。

私自身は4WD車をまだ試乗していないのですが、ディーラーさん曰く、「後輪用の駆動モーターを備えている4WD車は、2WD車にはない安定感と力強さがあるとのこと。」

ディーラーさんがおすすめしてくれたこともあり、4WD車の見積もりも貰ってみたのですが、やはり乗り出し価格に大きな差が…。

そんな新型モデルの4WD車の見積もり金額は、いくらくらいだったのでしょうか?また、2WD車との乗り出し価格の差は、いくらくらいだったのでしょうか?

新しくラインナップに加わった新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の4WD車の見積もりを貰ってきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ノートe-POWER 4WD車の見積もりを公開【乗り出し価格はいくら?】

こちらが、今回私が貰ってきた新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の4WD車の見積もりです。

■新型ノートe-POWERの4WD車の見積もり

今回選んだボディカラーは人気のツートンカラー

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、モノトーン/ツートンあわせて13色用意しているのですが、今回私は、カタログやテレビのCMでも使われているビビッドブルー×スーパーブラックのツートンカラーを選びました。

■ビビッドブルー×スーパーブラックのツートンカラー

また、グレードは、一番人気が高い最上位モデルの”Xグレード”をお願いしました。

メーカーオプションで安全性と機能&装備を強化

また、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、様々なアイテム&装備がメーカーオプションで用意されていますが、次のアイテムをお願いしました。

■今回の見積もりでお願いをしたメーカーオプション

今回の見積もりでは、純正のナビやアラウンドビューモニター、SOSコールなどがセットになった安全性を高めるものと、LEDヘッドライトや16インチアルミホイール、本革シートなど内外装の装備をアップグレードする2つのセットオプションを注文。

■新型ノートe-POWERの本革シート

この2つのオプションによって、この新型モデルの機能や装備はだいぶ充実しましたが、メーカーオプション代だけで約75万5000円と、思ったよりも高くなってしまいました。

ディーラーオプションは基本的なアイテムの中心に注文

また、後付けすることができるディーラーオプションに関しては、基本的なアイテムを中心にお願いをしました。

■今回の見積もりでお願いをしたディーラーオプション

今回の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の見積もりでは、フロアカーペットやドライブレコーダー、ETC車載器など基本的なアイテムを中心に注文しました。

ただ、ガラスコーティング(5イヤーズプレミアム)やウィンドウ撥水などを備えたこともあり、ディーラーオプション代だけで約35万円と思ったよりも高い金額になってしまいました。

新型ノートe-POWER 4WDの見積もり金額は385万円

このようなオプションを付けた時の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の4WD車の見積もり金額・乗り出し価格は、どのようになっていたのでしょうか?

私が貰ったこの新型モデルの4WD車の見積もり金額は、このようになっていました。

私が貰った新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の4WD車の最上位モデル”Xグレード”の見積もり金額の合計は、約385万円でした。

■新型ノートe-POWER 4WD車の見積もり金額

この新型モデルの4WD車の最上位モデル”Xグレード”の車体本体価格は、244万5300円なので、思ったよりも高くなった印象が…。

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、LEDヘッドライトやアルミホイール、SOSコールなどがメーカーオプションで用意されていますが、これらのアイテムを装着すると、”いいお値段”になってしまうなと感じてしまいました。

新型ノートe-POWERの見積もり金額【4WD車と2WD車の乗り出し価格の差は?】

このような乗り出し価格になっていた新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の4WD車ですが、全く同じ条件にした時の2WD車とは、見積もり金額でどれくらいの差があるのでしょうか?

この新型モデルの4WD車と2WD車の乗り出し価格の差を確認したところ、このようになっていました。

新型ノートe-POWERの2WD車の見積もり金額は360万円

こちらが、私が貰った新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の2WD車の最上位モデル”Xグレード”の見積もりです。

■新型ノートe-POWERの2WD車の見積もり

ちなみに、ボディカラーは、4WD車と同じビビッドブルー×スーパーブラックのツートンカラーにしました。

また、メーカーオプション&ディーラーオプションに関しても、4WD車と全く同じにしました。

この時の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の2WD車の最上位モデル”Xグレード”の見積もり金額・乗り出し価格は、このようになっていました。

■新型ノートe-POWERの2WDの見積もり金額

4WD車と全く同じボディーカラー&オプションにした時の2WD車の最上位モデル”Xグレード”の乗り出し価格は、約360万円となっていました。

4WDと2WDの乗り出し価格の差は約26万円

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の4WD車と2WD車の見積もり金額の差は、このようになっていました。

■4WD車と2WD車の乗り出し価格

私が貰った見積もりで、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の4WD車と2WD車の乗り出し価格の差を計算してみたところ、約26万円となっていました。

4WD車専用の機能や装備がないので、この2台のモデルの価格差は、20万円くらいに収まってくれたらよかったのですが、まぁ妥当な金額なのかなと…。

それほど乗り出し価格に差はないので、降雪地域にお住いの方やパワフルな走りが好みの方は、後輪駆動用のモーターを備えた4WD車の購入を検討しても良いのかなと思いました。

まとめ:十分な満足度を得られる新型ノートe-POWERの4WD車

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)で初めてラインナップに加わった4WDの見積もり金額は、約385万円となっておりました。

乗り出し価格で【385万円】と聞くと、コンパクトカーとしては、少し高いように感じてしまいます。

ただ、前後に備わったモーターの出力やトルクを瞬時に調整をしてくれる4WD車は、2WD車よりもスムーズなだけではなく、力強く発進してくれます。また、カーブを曲がる時の安定性や減速する時の滑らかさも、2WD車よりもワンランク上です。

なので、ディーラーさん曰く、「今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の4WD車は、2WD車よりも26万円ほど高くなっていますが、この価値は十分にある。」とのこと。

e-POWERは電気自動車のようなシームレスな走りを楽しむことができますが、ワンランク上の乗り心地の良さや気持ち良い加速感を味わいたい方は、新しくラインナップに加わった4WD車を検討しても良いかもしれませんね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02