標準仕様と全然違う!新型ノートe-POWER オーテックの内装を実車画像で徹底レビュー

2020年12月にデビュー果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”は、内装・インテリアに様々な専用装備&アイテムを備えています。

そのおかげもあり、このオーテック仕様は、標準仕様とは全く異なる雰囲気の内装・インテリアに…。

そんな新型モデルのオーテック仕様の内装・インテリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、どのような特徴&魅力を備えていたのでしょうか?

標準仕様とは一味異なる新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の内装・インテリアを、実車画像を使って、徹底レビューしたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

運転席まわりのデザインをチェック【新型ノートe-POWER オーテックの内装1】

2020年12月にデビューを果たした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のオーテック仕様のダッシュボード(運転席まわり)は、このようなデザインをしていました。

■オーテック仕様のダッシュボード

バイザーレス仕様の液晶デジタルメーターやピアノブラック調の電子式のシフトレバーなど、基本的なダッシュボード(インパネ)のデザインや装備は、オーテック(AUTECH)のベースとなっている”Xグレード”と同じです。

ただ、様々な専用装備を備えているオーテック仕様の内装・インテリアは、次のような特徴&魅力を備えていました。

ダークウッド調のパネルをダッシュボードに採用

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のオーテック仕様の内装・インテリアの注目ポイントの一つが、ダッシュボードにあしらわれている加飾です。

このクルマのベースとなっている”Xグレード”では、カーボン調のパネルをダッシュボードにあしらっていました。

■標準仕様のカーボン調のパネル

しかし、カスタム仕様の”オーテック(AUTECH)”では、木目調のパネルをダッシュボード(インパネ)に採用。

■オーテック仕様の木目調のパネル

そのおかげもあり、この新型モデルのオーテック仕様は、標準モデルよりも落ち着いた雰囲気の車内空間に…。

また、今回デビューを果たした新型モデルに用意されている木目調パネルは、光の当たり具合によってうっすらと青みがかって見えるようになっており、オーテック仕様らしいデザインとなっていました。

専用デザインのハンドルを採用

また、ハンドル・ステアリングホイールも、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のオーテック仕様の注目の装備&アイテムの一つです。

■オーテック仕様のハンドル

このオーテックのベースとなっている”Xグレード”では、ウレタン製のハンドル・ステアリングホイールが標準装備となっていましたが、オーテック(AUTECH)では、高級感がただよう本革巻きのハンドル・ステアリングホイールを標準装備。

また、オーテック(AUTECH)のハンドル・ステアリングホイールは、下端部分がブルーに装飾された専用デザインになっているのも印象的でした。

オーテックらしさを演出したセンターコンソール

また、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の注目のアイテムの一つでもある大型センタコンソールも、オーテック専用のデザインとなっています。

■オーテック仕様のセンターコンソール

この新型モデルのセンターコンソールの電動パーキングブレーキの下には、オーテックのエンブレムが…。

■センターコンソールのオーテック専用エンブレム

また、センターコンソールの後方のアームレスト部分には、ブルーのステッチがほこどされており、オーテック(AUTECH)らしいデザインになっていました。

■オーテック仕様のアームレスト

シートデザインをチェック【新型ノートe-POWER オーテックの内装2】

また、2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”は、シートも専用デザインになっていました。

■オーテック仕様のシート

ブルー×ブラックの専用デザインのコンビシートを採用

今回デビューを果たしたこの新型モデルのオーテック仕様では、ヘッドレストやシートサイドにブルーをあしらった専用デザインのシートを採用しており、標準仕様とは全く異なる雰囲気の車内空間に…。

また、背もたれの上部には、”AUTECH(オーテック)”のロゴが刺繍されており、特別感を演出しているのも印象的でした。

標準モデルとは異なる素材をシートに採用

また、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のオーテック仕様では、シート表皮に人工皮革の一つでもあるレザレットを採用。

この新型モデルに採用されている”レザレット”は、標準仕様に採用されている本革よりも弾力性があり、肌触りの良い座り心地に…。

また、シートのメイン部分には、ハニカム構造のようなパターンがあしらわれており、AUTECHらしいスポーティーなデザインになっているのもう印象でした。

機能や装備も充実

また、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のオーテック仕様のシートは、機能や装備も充実しています。

その一つが、後部座席のセンターアームレストです。

標準仕様のXグレードでは、メーカーオプションで用意されていたリヤセンターアームレストが、オーテック(AUTECH)では、標準装備となりました。

■オーテックのリヤセンターアームレスト

また、後部座席の背もたれの角度を調節することができるリクライニング機能も、しっかりと備わっています。

このようにベースとなっている標準モデルのXグレードでは標準装備されていない機能や装備が備わっているのも、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のオーテック仕様の良いところの一つなのかなと思いました。

まとめ:プレミアムスポーツ感が増した新型ノートe-POWERオーテックの内装

2020年12月にデビューを果たした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

■新型ノートe-POWERオーテックの内装のまとめ

・大人っぽいプレミアム感を演出するダッシュボード
・オーテックらしさを演出するセンターコンソール
・座り心地&デザイン性に優れたレザテック素材のシートを標準装備

木目調パネルをあしらったダッシュボードや、レザテック素材のシートなどを採用したオーテック(AUTECH)は、標準車とは一味異なるプレミアムスポーティーな車内空間に…。

オーテックのイメージカラーでもある”ブルー”がかなり主張しているので、好き嫌いははっきりと分かれそうですが、スポーティなモデルが好きな人には、たまらない内装・インテリアになっていました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02