新型ノートe-POWERの本革シートってどう?【標準シートとの違いを実車画像で徹底比較】

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、ファブリック素材のシートが全グレードに標準装備されています。

ただ、メーカーオプションで本革シートに変更することができます。

先日、メーカーオプションで用意されている本革シートを備えているモデルを実際に試乗することができたのですが、標準仕様のファブリック素材のシートとは異なる車内空間に…。

また、本革シートには、標準仕様のファブリックシートには用意されていない機能や装備が備わっているのも好印象でした。

そんな新型モデルに用意されている本革シートは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、標準仕様のファブリックシートとどんな違いがあったのでしょうか?

実車画像を使って、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)に用意されている本革シートを徹底解剖したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ノートe-POWERの本革シートのデザインをチェック

メーカーオプションで用意されている新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の本革シートは、このようなデザインとなっていました。

■本革シート(フロントシート)

■本革シート(リヤシート)

シックな車内空間を演出する本革シート

今回デビューを果たしたこの新型モデルでは、太めのラインが印象的なブラックカラーの本革シートをメーカーオプションで用意。

ブラックの本革シートを備えた新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、グラデーショントリコットを採用した標準仕様のシートよりも重厚感もあり、大人っぽいシックな車内空間に…。

■標準仕様のシート

また、合成レザーを採用しているンターアームレストとの相性も良いのも好印象。

■新型ノートe-POWERのセンターアームレスト

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、良くも悪くもコンパクトカーっぽい車内空間になっていましたが、メーカーオプションの本革シートを備えたモデルは、ワンランク上の高級感とスタイリッシュさを兼ね備えたお洒落な内装・インテリアになっていました。

新型ノートe-POWERの本革シートの注目ポイント【標準シートとココが違う】

また、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)にメーカーオプションで用意されている本革シートを装着すると、標準装備にはない用意されていない快適性を高める専用アイテムが備わります。

この新型モデルの本革シートに用意される専用アイテムは、何なのでしょうか?

メーカーオプションで用意されている本革シートを装着した時のみに装着される便利なアイテム&装備を紹介したいと思います。

リヤセンターアームレスト【本革シートの専用アイテム1】

メーカーオプションの本革シートにアップグレードした時のみに搭載される専用アイテムの一つが、後部座席の中央に備わる”リヤセンターアームレスト”です。

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、3つのグレードを用意していますが、後部座席の快適性を高めてくれるリヤセンターアームレストは全グレード用意されていないんですよね。

■新型ノートe-POWERの標準仕様の後部座席

しかし、メーカーオプションの本革シートに変更すると、後部座席の中央に引き出して使用をするリヤセンターアームレストが備わります。

■新型ノートe-POWERのリヤセンターアームレスト

後部座席の中央にアームレストがあると、後部座席の居心地の良さがグッと高まるんですよね。

しかも、この新型モデルに用意されているリヤセンターアームレストは、高さがちょうど良く、腕を置きやすくなっていますし…。

また、本革シートにすると装着されるリヤセンターアームレストには、ドリンクホルダーが2個備わっており、収納力&使い勝手が良くなるのも魅力の一つなのかなと思いました。

シートバックポケット【本革シートの専用アイテム2】

また、助手席の裏側に備わるシートバックポケットの使い勝手が良くなるのも、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の本革シートの注目ポイントの一つです。

標準仕様となっているファブリックシートでも、助手席の裏側にシートバックポケットは用意されています。

■標準仕様のシートバックポケット

ただ、メーカーオプションの本革シートでは、大きいポケットの内側にスマホやiPhoneなどを収納するのに便利な小さいポケットを標準装備。

■本革シートのシートバックポケット

スマホやiPhoneを収納しておける小型ポケットがあると、助かりますよね。

この新型モデルでは、スマホやiPhoneを収納するのに便利な収納スペースがセンターコンソールの後方に備わっていますが、起毛処理が施されていないため、置いたスマホやiPhoneが傷つきそうですし…。

また、ストッパーがないため、走行中はガタガタと動きます。

本革シートのみに用意されている小型ポケットはあまり目立たない地味なアイテムですが、後部座席に乗車する人には、意外と重宝アイテム&装備なのかなと思いました。

ちなみに、標準仕様のファブリックシート、メーカーオプションの本革シートどちらも、運転席の裏側には、シートバックポケットが用意されていません。

せっかくスマホ/iPhone用の小さなポケットを用意するのなら、助手席側だけではなく、運転席側にもシートバックポケットを用意しても良かったかもしれませんね。

まとめ:見た目だけではなく、快適性も高まる新型ノートe-POWERの本革シート

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)にメーカーオプションで用意されている本革シートは、このようなデザインになっていました。

メーカーオプションで用意されている本革シートを装着すると、シックで重厚感のある車内空間に…。また、リヤセンターアームレストやスマホ/iPhoneを収納するのに便利な小型ポケットも装着されるのも、本革シートの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

ちなみに、この新型モデルに用意されている本革シートは、LEDヘッドライトや16インチのアルミホイール、本革巻きステアリングホイールとセットになって33万5500円となっています。

なので、装着すると見積もり金額(乗り出し価格)がグッと高くなります。

ただ、車内の高級感や後部座席まわりの快適性&使い勝手の良さを考えると、装着する価値は十分にあるのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02