新型ノートe-POWERのエアロパーツ【オーテックとエクステリアパッケージの違いを比較】

2020年12月にデビューを果たした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)にエアロパーツを備えたモデルと言えば、カスタム仕様の”オーテック(AUTECH)”が有名です。

また、この新型モデルでは、フロントバンパーフィニシャーとサイドシルフィニッシャー、リヤバンパーフィニッシャーをセットにした”エクステリアパッケージ”を用意しており、標準モデルにエアロパーツを装着できるようになっています。

しかし、オーテックとエクステリアパッケージのエアロパーツのデザインに違いが…。

そんな新型モデルのオーテック(AUTECH)とエクステリアパッケージを装着したエアロ仕様は、それぞれどのようなデザインになっていたのでしょうか?また、エアロパーツは、どのような違いがあったのか?

実車画像を使って、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様の”オーテック(AUTECH)”とエクステリアパッケージを装着したモデルを比較してみたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ノートe-POWERのエアロ仕様とオーテックの外装をチェック

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”とエクステリアパッケージを装着したエアロ仕様の外装・エクステリアは、それぞれこのようになっていました。

プレミアム感があふれるオーテック(AUTECH)

オーテックジャパンが開発をしたカスタムモデル”オーテック(AUTECH)”の外装・エクステリアは、このようなデザインをしています。

■オーテックの外装・エクステリア

カスタム仕様のオーテック(AUTECH)では、キラリと輝くドットパターンのフロントグリルやブルーに光るLEDのシグネチャーランプを備えており、特別感のある外装・エクステリアになっていました。

また、カスタム仕様のオーテック(AUTECH)では、無機質感のあるメタル調のフィニッシャーを前後のバンパーやサイドシルに備えており、スタイリッシュ&スポーティな見た目を強調していました。

どっしり感が増したエクステリアパッケージ仕様

一方、こちらは、ディーラーオプションの”エクステリアパッケージ”を装着した新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)です。

■新型ノートe-POWERのエアロ仕様

カスタム仕様の”オーテック(AUTECH)”と比較すると、かなり落ち着いた雰囲気ですよね。

ただ、サイドや後ろから見ると、ドッシリとした感じが際立ちます。

「さりげなくスポーティさを強調したい!」と思っている方には、標準モデルにエアロパーツを装着することができる”エクステリアパッケージ”は、オススメかもしれませんね。

また、私が見たモデルのエアロパーツはシルバーだったのですが、この新型モデルのエクステリアパッケージでは、ダークメタルグレー、ブラック、シルバーの3色の中からエアロパーツのカラーを選べるようになっているのも魅力の一つなのかなと思いました。

新型ノートe-POWERのオーテックとエクステリアパッケージとのエアロパーツ比較

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”とエクステリアパッケージ装着した仕様はどちらも、エアロパーツを備えていますが、じっくりとみてみると、エアロパーツのデザインに違いがありました。

この新型モデルに用意されているオーテックとエクステリアパッケージのエアロパーツは、どのような違いがあったのでしょうか?

実車画像を使って、この新型モデルのオーテック(AUTECH)とエクステリアパッケージのエアロパーツの違いを紹介したいと思います。

フロントバンパーフィニッシャー

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”とエクステリアパッケージのフロントバンパーフィニッシャーは、それぞれこのようなデザインをしています。

■オーテックのフロントバンパーフィニッシャー

■エクステリアパッケージのフロントバンパーフィニッシャー

カスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の方が、エクステリアパッケージのフロントバンパーフィニッシャーより少し太く、迫力のある感じが…。

そのおかげもあり、カスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の方がどっしり感のあるフロントマスクになっていました。

また、この新型モデルのフロントバンパーフィニッシャーで印象的だったのが、コーナー部分のデザインです。

カスタム仕様”オーテック(AUTECH)”のフロントバンパーフィニッシャーの方が、エクステリアパッケージのものよりもシャープな感じが…。

■オーテックのフロントバンパーフィニッシャー

■エクステリアパッケージのフロントバンパーフィニッシャー

ここらへんも、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”とエクステリアパッケージを装着した標準モデルのエアロ仕様の大きな違いの一つなのかなと思いました。

サイドシルフィニッシャー

また、スポーティーなサイドスタイルを際立たせるサイドシルフィニッシャーのデザインも、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”とエクステリアパッケージでは、違いがありました。

こちらは、エクステリアパッケージに用意されているサイドシルフィニッシャーのデザインです。

■エクステリアパッケージのサイドシルフィニッシャー

ディーラーオプションで用意されているエクステリアパッケージのサイドシルフィニッシャーは、ドアパネルの下部一帯を加飾するデザインになっていました。

一方、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”のサイドシルフィニッシャーは、リヤ側のドアの下部のみを装飾するデザインに…。

■オーテックのサイドシルフィニッシャー

尻上がりなラインが強調するサイドシルフィニッシャーのおかげもあり、カスタム仕様”オーテック(AUTECH)”は、スポーティで躍動感のあるサイドスタイルになっていました。

リヤバンパーフィニッシャー

また、2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”と、エクステリアパッケージのリヤバンパーフィニッシャーは、それぞれこのようなデザインをしています。

■オーテックのリヤバンパーフィニッシャー

■エクステリアパッケージのリヤバンパーフィニッシャー

カスタム仕様のオーテック(AUTECH)のリヤバンパーフィニッシャーの方がサイズが大きく、インパクトのあるデザインに…。

一方、エクステリアパッケージの方のリヤバンパーフィニッシャーは、中央で2分割をしたようなデザインになっており、オーテック(AUTECH)とは全く異なる雰囲気の後ろ姿になっていました。

■オーテックの後ろ姿

■エクステリアパッケージの後ろ姿

また、この新型モデルのリヤバンパーフィニッシャーで印象的だったのは、コーナー部分のデザインです。

カスタム仕様のオーテック(AUTECH)のリヤバンパーフィニシャーはコーナー部分も細く、シャープさを強調したデザインになっていました。

一方、エクステリアパッケージの方のリヤバンパーフィニシャーは、コーナー部分に厚みを持たせたデザインに…。

そのおかげもあり、カスタム仕様のオーテック(AUTECH)よりも、エクステリアパッケージのリヤバンパーフィニシャーの方がどっしりとした後ろ姿になっていました。

まとめ:色やデザインに違いがある新型ノートe-POWERのエアロパーツ

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”とエクステリアパッケージのエアロパーツを比較したところ、このようになっていました。

■新型ノートe-POWERのエアロパーツのまとめ

・オーテックはメタル調のエアロパーツを装着
・エクステリアパッケージは3色用意
・オーテックとエクステリアパッケージではデザインが異なる

今回デビューを果たした新型モデルでは、ディーラーオプションのエクステリアパッケージでエアロパーツを装着することができますが、カスタム仕様のオーテック(AUTECH)とはデザインに違いが…。

カスタム仕様のオーテック(AUTECH)よりも、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のエクステリアパッケージのエアロパーツの方が柔らかめの見た目になっているため、「さりげなくエアロパーツを装着して、スポーティさを演出したい」と思っている方には、ピッタリなのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02