新型ノートe-POWERオーテックってどう?【デザインや機能、乗り出し価格など概要まとめ】

2020年12月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の注目のモデルの一つが、オーテックジャパンが開発したカスタムモデルの”オーテック(AUTECH)”です。

様々な専用装備を備えたオーテック(AUTECH)は、標準モデルとはひと味異なるスポーティさとプレミアム感あふれる外装&内装になっています。

ただ、その一方、納期の長さや乗り出し価格の高さなど、気になるところも…。

8年ぶりにフルモデルチェンジをして新発売をした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の特徴や魅力、乗り出し価格など気になるところをまとめてみました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

専用グリルがオシャレ!新型ノートe-POWERオーテックの外装のまとめ

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の外装・エクステリアは、このようなデザインをしています。

■新型ノートe-POWERオーテックの外装

高級感が増したフロントマスク

今回デビューを果たしたカスタム仕様のオーテック(AUTECH)と標準モデルの大きな違いの一つが、フロントマスクです。

標準仕様では組子細工(くみこざいく)からインスパイアを受けた格子状のフロントマスクを採用していましたが、カスタム仕様のオーテック(AUTECH)では、キラリと輝くドット模様の専用のフロントグリルを採用。

■標準モデルのフロントグリル

■オーテックのフロントグリル

また、フロントマスクの両サイドにはブルーに輝くLEDのシグネチャーランプが備わっており、スタイリッシュで迫力のあるフロントマスクを演出していました。

■オーテックのLEDシグネチャーランプ

サイドにもメタル調のフィニッシャーを採用

オーテック(AUTECH)と言えば、メタル調のフィニッシャーですが、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)では、前後のバンパーだけではなく、サイドシルにもメタル調のフィニッシャーを採用。

■オーテックのサイドシルフィニッシャー

オーテック専用デザインのタイヤ&ホイールと相まって、迫力のあるサイドスタイルを演出していました。

機能や装備も充実

また、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”は、機能や装備が充実しているのも魅力の一つです。

その一つ、ヘッドライトです。

標準モデルでは、ハロゲンのヘッドライトが標準装備になっていましたが、カスタム仕様の”オーテック(AUTECH)”では、LEDヘッドライトが標準装備となっています。

■オーテックのLEDヘッドライト

また、オーテック(AUTECH)では、スポーティなサイドスタイルを演出するアルミホイールも標準仕様となっています。

■オーテックのアルミホイール

このように標準モデルではメーカーオプションで用意されていたアイテムが、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の”オーテック(AUTECH)”では標準装備になっているのも、特徴の一つですよ。

オーテックらしいインテリアに!新型ノートe-POWERオーテックの内装のまとめ

2020年12月にデビューを果たした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の内装・インテリアは、このようなデザインをしています。

■オーテックの内装

ブルーをあしらった専用デザイン

今回デビューを果たした新型モデルのカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”では、ハンドルやセンターコンソール、ドア内側パネルにブルーをあしらった専用デザインの内装・インテリアを採用。

■オーテックのハンドル

■オーテックのセンターコンソール

■オーテックのドア内側パネル

センターコンソールには、オーテックのロゴがあしらわれており、標準モデルとはひと味違う特別感のある内装・インテリアになっていました。

シートも特別仕様

また、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”は、シートも特別仕様になっていないます。

■オーテックのフロントシート

■オーテックの後部座席

標準仕様はオーソドックスなファブリック素材のシートを採用していましたが、カスタム仕様の”オーテック(AUTECH)”では、合成レザーのような肌触りと風合いを楽しめるレザテック素材のシートを標準装備。

また、シートサイドにはブルーをあしらっており、標準モデルとはひと味違うオーテックらしさを前面に押し出したデザインになっていました。

高級感ただようラゲッジ!新型ノートe-POWERオーテックの荷室のまとめ

また、荷室・ラゲッジスペースも、標準モデルとはひと味異なるオーテックらしい見た目&デザインになっていました。

■オーテックの荷室・ラゲッジルーム

専用デザインのラゲッジカーペットを用意

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”では、荷室・ラゲッジスペースにブルーをあしらった専用デザインのラゲッジカーペットをオプションで用意。

■オーテックのラゲッジカーペット

毛足の長いラゲッジカーペットのおかげで、オーテックの荷室・ラゲッジスペースは、標準モデルとは異なる雰囲気になっていました。

ただ、オーテック専用デザインのラゲッジカーペットは、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手を良くするラゲッジアンダーボックスとの同時装着をすることができないなどの欠点&デメリットもあるので、ご注意くださいね。

先進の安全装備を用意!新型ノートe-POWERオーテックの安全性能のまとめ

また、2020年12月にデビューをはたした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”は、安全装備も充実しており、安心して運転をすることができるクルマに仕上がっていました。

そんな新型モデルのカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の安全装備&安全性能の特徴を紹介したいと思います。

自動ブレーキは標準装備

今回デビューを果たした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”は、標準仕様と同様に自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)などは標準装備となっています。

ただ、高速道路での車線変更を楽にしてくれる”インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)”&”BSW(後側方車両検知警報)”、目視では確認しにくい後方の視認性をサポートしてくれる”RCTA(後退時車両検知警報)”は、メーカーオプション設定になっていました。

プロパイロット&SOSコールもメーカーオプションで用意

今回デビューを果たした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様の”オーテック(AUTECH)”では、メーカーオプションで、高速道路の運転をラクにしてくれる”プロパイロット機能”を装着することが可能です。

■オーテックのプロパイロットスイッチ

また、交通事故に遭った際に専用のオペレーターが救急車やドクターヘリなどを手配してくれる”SOSコール”も、オプションで装着することが可能です。

このように最新の安全装備を装着することができるのも、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の魅力&特徴の一つですよ。

予想以上に高い!新型ノートe-POWERオーテックの乗り出し価格のまとめ

エッジが効いたプレミアムスポーティーさが魅力の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”ですが、乗り出し価格の高さが欠点&デメリットの一つです。

オーテックの乗り出し価格は約370万円

先日、この新型モデルのカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の見積もりを貰ってきたのですが、車体本体価格にオプション代、税金などの諸経費を加えた乗り出し価格は約370万円となっていました。

■新型ノートe-POWERオーテックの見積もり

メーカーオプションで用意されているプロパイロット機能や純正ナビを装着したとはいえ、予想以上のお値段に…。

このコンパクトカーとは思えないお値段の高さは、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”を購入する上で、気になるところの一つなのかなと思いました。

標準モデルよりも長い!新型ノートe-POWERオーテックの納期のまとめ

また、納期・納車待ちが標準モデルよりも長くなっていることも、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の注意をしなければいけないポイントの一つです。

オーテックの納期は標準モデルよりも1ヶ月半~2ヶ月長い

今回デビューを果たした新型モデルのカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の納期・納車待ちは、標準モデルよりも1ヶ月半~2ヶ月ほど長く、3ヶ月~4ヶ月程度に…。

また、お盆休みや年末年始にかかると、納期・納車待ちがさらに長くなる可能性もあるようです。

このように納期・納車待ちが標準モデルよりも長いところも、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の欠点&デメリットの一つなのかなと思いました。

ちなみに、こちらの記事では、装着するオプションによって納期に違いがあるのか?など、カスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の納期・納車待ちの詳細をまとめています。

この新型モデルのカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の納期・納車待ちの詳細を知りたい方は、こちらの記事をチェックしてみてくださいね。

まとめ:特別感が際立つ新型ノートe-POWERオーテック

2020年12月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”は、次のような特徴&魅力を備えていました。

今回デビューを果たした新型モデルは、クラスレスな上質感を誇りますが、カスタム仕様の”オーテック(AUTECH)”は、標準モデルでは味わえないプレミアム感と特別感が…。

車体本体価格の高さや納期の長さなど気になるところもありますが、新型ノートe-POWERのカスタム仕様の”オーテック(AUTECH)”は、ワンランク上の高級感&特別感を味わいたい人には、ピッタリなプレミアムモデルとなっていました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02