これは快適!新型ノートe-POWERのアームレストの特徴&魅力を徹底解剖

スタイリッシュな内装・インテリアに生まれ変わった日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)ですが、実際に試乗をして一番驚いたアイテムの一つが、アームレストです。

この新型モデルに用意されているアームレストは、使う人のことをとことん考え抜いた使い勝手に優れたアイテムに…。

そんな新型モデルのアームレストは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、この新型モデルのアームレストは、どこが優れていたのでしょうか?

2020年12月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)に用意されているアームレストの特徴や魅力を、どこよりも分かりやすく紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

フロントシート編【新型ノートe-POWERのアームレストの実車画像レビュー】

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の運転席と助手席の間に備わっているアームレストは、このようなデザインをしています。

■新型ノートe-POWERのセンターアームレスト

最上位モデル”Xグレード”のアームレストは、レザー仕様

今回デビューを果たしたこの新型モデルの最上位に位置をする”Xグレード”では、ステッチをあしらった合成レザーのセンターアームレストを標準装備。

この新型モデルは、全グレード、ウレタン製のハンドル・ステアリングホイールが標準装備となっており、「せめて最上位モデルのXグレードくらいは、本革巻きのハンドルにしても良かったのに…。」と、思いました。

■新型ノートe-POWERのハンドル

しかし、合成レザーをあしらったこの新型モデルのセンターアームレストは、ハンドルとは一味異なるスタイリッシュで上質感のあるデザインになっていました。

また、この新型モデルのセンターアームレストは、しっとりとした滑らかな肌触りとなっており、腕を置いた時の感触・フィーリングが良いのも好印象でした。

新型ノートe-POWERのアームレストは高さが抜群に良い

そんな新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のフロントシートに備わっているアームレストを実際に使用してみて良いと思った事の一つが、高さです。

クルマによっては、アームレストの位置を低く、”腕を置くスペース”としての役割を果たさないものもありますが、この新型モデルに用意されているセンターコンソールは、左腕をちょうど置きやすい高さに…。

横幅も長さも十分で、まるで高級車に乗っているかのようなゆったりとした姿勢で、クルマを運転する事ができるのがとても良いと思いました。

腕を置いたままでもシフト操作が可能

また、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のセンターアームレストで驚いたのが、操作性の良さです。

この新型モデルのセンターアームレストは、センターコンソールに備わっているシフトレバーと全く同じ高さになっています。

そのため、左腕をセンターアームレストに置いたままで、シフトレバーの操作をすることが可能です。

このシフトレバーの操作性の良さも、競合車・ライバル車にはない新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)センターアームレストの良いところの一つなのかなと思いました。

後部座席編【新型ノートe-POWERの後部座席のアームレストの実車画像レビュー】

一方、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の後部座席のアームレストのデザイン&快適性は、どのようになっていたのでしょうか?

こちらが、この新型モデルの後部座席の中央に備わっていたセンターアームレストです。

■新型ノートe-POWERの後部座席のアームレスト

後部座席のセンターアームレストはドリンクホルダー付き

今回デビューを果たしたこの新型モデルの後部座席のセンターアームレストには、小物入れとしても使用することができるドリンクホルダーが2つ備わっています。

この新型モデルの後部座席には、ドア内側パネルにペットボトルを収納することができるドリンクホルダーが左右に1つずつ用意されていますが、足元にあるため、少し使いづらいんですよね。

■ドア内側パネルのドリンクホルダー

そのことを考えると、手が届きやすいセンターアームレスト部分にドリンクホルダーが2つ用意されているのは、とても良いと思いました。

後部座席のアームレストも腕を置きやすい高さに…

そんな新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の後部座席のセンターアームレストを実際に使用して良いと思ったのが、高さです。

横から見ると一目瞭然なのですが、この新型モデルの後部座席のアームレストは、腕を置きやすくするために、ちょっと高い位置で固定されています。

また、この新型モデルの後部座席のセンターアームレストは、ドア内側パネルのアームレスト部分と同じくらいの高さに…。

クルマによっては、左右のアームレストの高さがバラバラで、アームレストを使用すると、逆に姿勢が悪くなってしまうようなクルマもあります。

しかし、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の後部座席は、両腕を左右のアームレストに乗せて、ゆったりと座ることができるようになっていたので、ドライブ中、とても快適に過ごすことができました。

後部座席の中央のアームレストはオプション設定

このように使い勝手の良いアームレストを後部座席に備えている新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)ですが、ちょっと残念だったことも…。

それは、後部座席の快適性を高めてくれるセンターアームレストは、標準装備ではなく、メーカーオプション設定になっていたことです。

しかも、この新型モデルでは、後部座席のセンターアームレストは、単品のオプションとして用意されているのではなく、LEDヘッドライトや本革シート、16インチのアルミホイールなどのセットオプションに含まれる形になっています。

■後部座席のアームレストが含まれるオプション

・LEDヘッドライト
・アダプティブLEDヘッドライトシステム
・LEDフォグランプ
・本革巻きステアリング
・ピアノブラック調フィニッシャー
・本革シート
・16インチアルミホイール

後部座席のアームレストを装着するためのセットオプションには、LEDヘッドライトやアルミホイール、本革シートなども含まれているため、オプション価格は、約33万5000円とちょっと高めのお値段に…。

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の後部座席のセンターアームレストは非常に使い勝手の良いアイテムになっていただけに、オプション価格が高く、気軽に装着できないようになっていのは、ちょっと残念だなと思ってしまいました。

まとめ:使い勝手に優れる新型ノートe-POWERのアームレスト

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のアームレストは、このようなデザイン&使い勝手になっていました。

■新型ノートe-POWERのアームレストのまとめ

・レザー仕様の高級感のあるデザイン
・高さがちょうど良く使いやすい
・レバー操作もしやすい
・後部座席のアームレストはオプション設定

コンパクトカーの中にはアームレストを標準装備していないクルマも多いですが、今回デビューを果たした新型モデルは、腕の置きやすさ、腕を置いた時のレバー操作にこだわった使い勝手に優れるセンターアームレストを標準装備。

この大きくて使い勝手に優れるセンターアームレストのおかげで、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の運転席は、競合車・ライバル車では味わえないワンランク上の高級感と快適性を兼ね備えているように感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02