新型ノートe-POWERのドリンクホルダーは使いやすい?【個数&配置場所を徹底レビュー】

スタイリッシュな見た目に生まれ変わった日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、上下2段のセンターコンソールを装着するなど、使い勝手&快適性も格段に良くなっていました。

また、ドリンクホルダーが使いやすくなっていたのも好印象でした。

今回デビューを果たした新型モデルのドリンクホルダーは、いくつ用意されていたのでしょうか?また、この新型モデルのドリンクホルダーの使い勝手は、どのようになっていたのでしょうか?

2020年12月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)に用意されているドリンクホルダーの数&使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ノートe-POWERのドリンクホルダーはいくつ用意?

居心地の良い車内空間になった日産のコンパクトカー”新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)”ですが、いくつのドリンクホルダーを用意していたのでしょうか?

この新型モデルに用意されているドリンクホルダーの数を確認したところ、次のようになっていました。

■新型ノートe-POWERのドリンクホルダーの個数

フロントシートまわり…4個
後部座席まわり         …2個~4個
ドリンクホルダー合計…6個~8個

新型ノートe-POWERは、最大で8個のドリンクホルダーを用意

2020年12月にデビューを果たした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、フロントシートまわりに4つ、後部座席まわりに2つ、合計6個のドリンクホルダーを標準装備しています。

ただ、メーカーオプションのリヤセンターアームレストを装着すると、後部座席まわりに2つドリンクホルダーがさらに追加されます。

後部座席まわりの快適性や居心地の良さをを考えると、メーカーオプション設定になっているリヤセンターアームレストを装着した方が良いのかなと思いました。

新型ノートe-POWERのドリンクホルダーの配置場所は?

今回デビューをはたした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は最大で8個のドリンクホルダーを車内に用意していますが、どこに配置されているのでしょうか?

この新型モデルのドリンクホルダーが配置されている場所を確認してみたところ、次の4カ所にそれぞれ2個ずつ用意されていました。

■新型ノートe-POWERのドリンクホルダーの設置場所

・ダッシュボード左右
・フロントドアパネル
・リヤセンターアームレスト(オプション)
・リヤドアパネル

この新型モデルでは、ダッシュボードの左右やドアパネル、後部座席のセンターアームレストなど、オーソドックスな場所にドリンクホルダーを用意。

ただ、この新型モデルのドリンクホルダーは様々な工夫が施されており、予想以上に使い勝手が良い感じが…。

そんな新型モデルに用意されている各ドリンクホルダーのデザインや使い勝手を、一つ一つ確認していくことにしましょう。

ダッシュボード左右のドリンクホルダー

新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)では、ダッシュボードの左右に引き出して使用をするタイプのドリンクホルダーを2つ用意しています。

■新型ノートe-POWERのドリンクホルダー

実際にこのスペースにドリンクを収納してみると、このような感じに…。

このダッシュボードの左右のドリンクホルダーにはストッパーが備わっており、走行中、置いたドリンクがガタガタと動く心配がありません。

また、このダッシュボードの左右に用意されているドリンクホルダーは、スリットが入っており、閉じた状態でもスマホやiPhoneを収納できるようになっていたのも好印象でした。

フロントドアパネルのドリンクホルダー

また、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)で驚いたのが、フロントドアパネルに備わっているドリンクホルダーの使い勝手です。

■フロントドアパネルのドリンクホルダー

クルマによっては、ドアアームレストがドリンクホルダーの真上にあり、ドリンクの出し入れを妨げるものもあります。

しかし、今回デビューを果たした新型モデルは、ドアアームレストの長さを調整して、ドリンクホルダーを出し入れするための通り道をしっかりと確保。

そのおかげもあり、500ml~600mlの大きなペットボトルもスムーズに出し入れすることができました。

このドリンクの出し入れのしやすさも、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のドリンクホルダーの良いところの一つなのかなと思いました。

リヤセンターアームレストのドリンクホルダー

メーカーオプションで用意されている新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のリヤセンターアームレストのドリンクホルダーは、このようなデザインになっています。

■リヤセンターアームレストのドリンクホルダー

この新型モデルのリヤセンターアームレストのドリンクホルダーは、飲み物を固定するためのストッパーなどの用意がないシンプルなデザインに…。

また、思ったよりも深さもありません。

ただ、この新型モデルのリヤセンターアームレストは、腕を置いてもしっかりと水平をキープしてくれる頑丈な作りになっているため、ドリンクホルダーも予想以上の安定感がありました。

リヤドアパネルのドリンクホルダー

また、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、リヤドアパネルの下部にもドリンクホルダーが用意されています。

■リヤドアパネルのドリンクホルダー

この新型モデルのリヤドアパネルのドリンクホルダーは、収納したドリンクが少し斜めになってしまう仕様に…。

ただ、フロントドアパネルと同様に飲み物を出し入れしやすよう、ドアアームレストのデザインが工夫施されていたのは好印象でした。

まとめ:使い勝手が格段に良くなった新型ノートe-POWERのドリンクホルダー

2020年12月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のドリンクホルダーは、このようなデザイン&使い勝手になっていました。

この新型モデルでは、ドリンクホルダーを最大で8個用意備えるなど、コンパクトカーとしては十分な数を用意。

また、フロントシートのドリンクホルダーにはドリンクを固定するストッパーが備わるなど、競合車・ライバル車よりも使い勝手が良いデザインになっているのも好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02