新型ノートe-POWERのハンドルは操作しやすい?【デザイン&操舵感を徹底チェック】

2020年12月にデビューを果たした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、新設計のプラットフォームを採用した新世代モデルとなっていますが、ハンドル・ステアリングホイールも新しいデザインに生まれ変わっていました。

また、ステアリングスイッチのデザインや配置や使い勝手も、進化を遂げていました。

今回デビューを果たした新型モデルのハンドル・ステアリングホイールは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、この新型モデルのハンドル・ステアリングホイールは、操作がしやすくなっていたのでしょうか?

新しいデザインに生まれ変わった新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のハンドル・ステアリングホイールのデザインや操舵感を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ノートe-POWERのハンドルのデザインをチェック

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のハンドル・ステアリングホイールは、このようなデザインになっています。

■新型ノートe-POWERのハンドル・ステアリングホイール

新デザインに生まれ変わった新型ノートe-POWERのハンドル

今回デビューを果たした新型モデルのハンドル・ステアリングホイールは、中央部分に新しい日産のエンブレムを採用した新デザインに…。

■ハンドルに搭載されている新エンブレム

また、この新型モデルのハンドル・ステアリングホイールのスポーク上部には、ピアノブラック調の加飾が施されおり、この新型モデルのインパネにマッチをしたスタイリッシュで近未来感のあるデザインになっていました。

新型ノートe-POWERはD型シェイプのハンドルを採用

また、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、先代モデルと同様に下端部分がスパッと垂直に切り取られたようなデザインをしている”D型シェイプ”のハンドル・ステアリングホイールを標準装備しています。

■新型ノートe-POWERのD型シェイプのハンドル

“D型シェイプ”のハンドル・ステアリングホイールは、市販のハンドルカバーが装着しにくい、ハンドルの操舵感に違和感を感じる、などの欠点・デメリットもあります。

ただ、個人的には、オーソドックスなハンドルよりも足回りにゆとりが生まれて、スムーズに乗り降りができる”D型シェイプ”のハンドル・ステアリングホイールは、とても良いと思いました。

ステアリングスイッチの操作性&使い勝手も進化

また、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のハンドルで良いと思ったのが、左右のスポークに備わっているステアリングスイッチです。

ステアリングスイッチ左側の左側には、オーディオ関係やマルチインフォメーションディスプレイの切り替えをできるようになっているのですが、今回デビューを果たした新型モデルは、ダイヤルで操作できるように進化。

■新型ノートe-POWERの左側のステアリングスイッチ

一方、ステアリングスイッチの右側には、自動運転支援技術のプロパイロット機能関連のスイッチが用意されているのですが、プロパイロットのセットや再開がレバーで操作できるようになっていました。

■新型ノートe-POWERの右側のステアリングスイッチ

この操作がしやすくなったステアリグスイッチも、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のハンドルの注目ポイントの一つなのかなと思いました。

新型ノートe-POWERのハンドルはウレタン製

このように使い勝手が良くなった新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のハンドル・ステアリングホイールですが、ちょっと残念に感じたことも…。

それは、この新型モデルは、全グレード、ウレタン製のハンドル・ステアリングホイールが標準装備となっていたことです。

■標準装備となっているウレタン製のハンドル

そして、本革巻きのステアリングホイールは、メーカーオプションに…。

■オプションの本革巻きのハンドル

せめて最上位モデルの”Xグレード”は、本革巻きのハンドル・ステアリングホイールを標準装備にしても良かったような感じが…。

このチープさを感じる質感は、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のハンドル・ステアリングホイールの唯一、残念なところでした。

新型ノートe-POWERのハンドルの操舵感はどうだった?【試乗をした感想】

このようなデザインに生まれ変わった新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のハンドル・ステアリングホイールですが、操舵感&操作性は、どのような感じだったのでしょうか?

この新型モデルのハンドル・ステアリングホイールを実際に操舵した感想を、包み隠さず紹介したいと思います。

新型ノートe-POWERのハンドルは軽め

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のハンドル・ステアリングホイールの操舵感は、先代モデルと同様に軽めになっています。

なので、この新型モデルは、女性でも楽に操舵できるクルマになっています。

ただ、この新型モデルは、高速道路を運転している時でもハンドル・ステアリングホイールがふわふわとした軽めの操舵感なので、直進安定性に欠けるような感じが…。

街中などを走行時はハンドル・ステアリングの操作がしやすい軽めの操舵感でも良いですが、高速走行時には、直進安定性を高めるために、もう少し重めの操舵力にしても良かったのかなと感じました。

ハンドルに対する反応もマイルド

また、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のハンドルの反応も、コンパクトカーらしくマイルドになっていました。

この新型モデルは、ハンドルの遊びがそれなりにあるため、ハンドルを切るとすぐにタイムラグなくスッと車体の向きを変えてくれるような感じではなく、ゆったりと滑らかに曲がっていくような乗り心地に…。

また、ハンドルのレスポンスも素直なため、老若男女問わず誰がハンドルを握っても、「運転がしやすい」と感じる満足度の高いクルマになっています。

ただ、この新型モデルは、良くも悪くもコンパクトカーのようなハンドル操舵感&レスポンスになっているため、山道のワインディングロードをキビキビト走り抜けたいと考えている方には、ちょっと物足りない乗り心地なのかなと思いました。

まとめ:運転操作がしやすい新型ノートe-POWERのハンドル

2020年12月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のハンドル・ステアリングホイールは、このようなデザイン&操舵感になっていました。

■新型ノートe-POWERのハンドルのまとめ

・D型シェイプのウレタン製ハンドルを全グレードに標準装備
・本革仕様はメーカーオプション
・女性でも楽に運転をすることができる軽めの操舵感
・高速道路での直進安定性はイマイチ

高速道路での直進安定性は少し気になるところでしたが、今回デビューを果たした新型モデルは、女性でも楽に運転をすることができる軽めの操舵感に…。

また、ハンドル・ステアリングホイールに対するレスポンスも非常に素直で、ストレスなく運転をすることができるようになっていたのも好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02