標準モデルと違う?新型ノートe-POWERオーテックに荷室の特徴と欠点を徹底解説

内外装に様々な専用装備を備えている新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様の”オーテック(AUTECH)”は、荷室・ラゲッジスペースも専用デザインとなっていました。

そのおかげもあり、カスタム仕様のオーテック(AUTECH)は、荷室・ラゲッジスペースも標準モデルとはひと味異なる高級な雰囲気がただよっていました。

その一方、オーテック(AUTECH)ならではの荷室・ラゲッジスペースの欠点&デメリットもありました。

そんな新型モデルのカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の荷室・ラゲッジスペースは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、オーテック(AUTECH)の荷室・ラゲッジスペースは、どのような欠点&注意点があるのでしょうか?

実車画像を使って、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の荷室・ラゲッジスペースの広さや使い勝手、注意点を確認してみたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ノートe-POWERオーテックの荷室のデザインをチェック

2020年12月にデビューを果たした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインをしています。

■オーテックの荷室・ラゲッジスペース

オプションで専用デザインのラゲッジカーペットを用意

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”では、ディーラーオプションでオーテックのイメージカラーの”ブルー”をあしらった専用デザインのラゲッジカーペットを用意。

カスタム仕様の”オーテック(AUTECH)”のラゲッジカーペットは毛足が長いこともあり、標準モデルとは違う高級感&上質感が…。

■標準モデルの荷室・ラゲッジスペース

■オーテックの荷室・ラゲッジスペース

また、ラゲッジカーペットには、オーテック(AUTECH)のロゴが刺繍されており、特別感を演出しているのも印象的でした。

ちなみに、高級感のある荷室を演出するオーテック専用デザインのラゲッジカーペットのオプション価格は、15,400円となっていました。

それほどオプション価格も高くないですし、見た目の高級感&上質感を考えると、装着する価値は十分にありそうですね。

荷室アレンジ&使い勝手は標準モデルと同じ

このように特別感のあるデザインになっている新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の荷室・ラゲッジスペースですが、荷室のアレンジ&使い勝手に関しては、標準モデルと同じになっています。

例えば、標準モデルと同様にオーテック(AUTECH)も、後部座席の背もたれを左右別々に収納することができます。

また、後部座席の背もたれをすべて収納して、荷室・ラゲッジスペースを広くすることも可能です。

ただ、標準モデルと同様、オーテック(AUTECH)の荷室・ラゲッジルームも、後部座席を収納すると、背もたれ部分で大きな段差が生じてしまうのが少し気になるところでした。

新型ノートe-POWERオーテックの荷室・ラゲッジスペースのデメリット&注意点

このように特別感のある荷室・ラゲッジスペースを備えている新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の荷室・ラゲッジスペースですが、オーテックならではのデメリット&注意点もありました。

そんな新型モデルのカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の荷室・ラゲッジスペースのデメリット&注意点を紹介したいと思います。

床下収納の開け閉めがしにくい

今回デビューを果たした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)では、荷室・ラゲッジスペースのフロア下にパンク修理キットやジャッキなどを収納することができる床下収納(サブトランク)が用意されています。

■新型ノートe-POWERの床下収納

カスタム仕様のオーテック(AUTECH)でも、パンク修理キットやジャッキなどを収納することができる床下収納(サブトランク)は用意されています。

ただ、ディーラーオプションで用意されているラゲッジマットを荷室に敷くと、荷室のフロアを持ち上げにくい感じが…。

この新型モデルの床下収納(サブトランク)は収納するスペースがほとんどないため、開け閉めをする機会はそれほどないと思いますが、標準モデルよりも床下収納の開閉のしにくさは少し気になりました。

ラゲッジアンダーボックスとカーペットの同時装着はできない

カスタム仕様のオーテック(AUTECH)も含めて、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の荷室・ラゲッジスペースの欠点&デメリットの一つは、後部座席を収納した時に生じる大きな段差です。

■新型ノートe-POWERの後部座席収納時の段差

この後部座席の大きな段差を解消するアイテムとして、この新型モデルでは、ラゲッジアンダーボックスを用意しています。

■新型ノートe-POWERのラゲッジアンダーボックス

(引用:日産公式ホームページ)

ただ、カスタム仕様のオーテック(AUTECH)では、ディーラーオプションで用意されているラゲッジカーペットを装着すると、ラゲッジアンダーボックスを装着することができないとのこと。

つまり、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のオーテックでは、ラゲッジアンダーボックスかラゲッジカーペットのどちらかを選ばなければなりません。

荷室の使い勝手を取るのか、それとも、見た目のデザイン性を取るのか…カスタム仕様のオーテック(AUTECH)の購入を検討している方には、少し悩ましい問題なのかなと思いました。

まとめ:標準モデルにはない高級感がただようオーテックの荷室

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザイン&使い勝手になっていました。

■オーテックの荷室のまとめ

・専用デザインのラゲッジカーペットをオプションで用意
・荷室のアレンジは標準仕様と同じ
・ラゲッジカーペットを装着時は床下収納が使いにくい
・アンダーボックスとカーペットの同時装着は不可

ディーラーオプションで用意されているラゲッジカーペットを装着すると、オーテック(AUTECH)らしい高級感&上質感のあるデザインに…。

ただ、ディーラーオプションで用意されているラゲッジカーペットを装着すると、後部座席を収納した時にフラットな荷室にしてくれるラゲッジアンダーボックスが装着することができなくなるなど、欠点&デメリットもあるのでご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02