新型ノートクロスオーバーのシートヒーターって便利?【価格や使い勝手を徹底解説】

2021年10月にデビューを果たしたノートe-POWERのSUV仕様新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、真冬の寒い日に重宝をするシートヒーターが用意されています。

ただ、この新型モデルでシートヒーターが標準装備されているのは、4WD車のみ。2WD車では、残念ながらディーラーオプション設定となっています。

そんな新型モデルのシートヒーターは、どのようなデザイン&使い勝手をしていたのでしょうか?また、この新型モデルのシートヒーターのオプション価格は、いくらだったのでしょうか?

日産からデビューを果たした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)のシートヒーターのデザインや使い勝手、オプション価格を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ノートクロスオーバーのシートヒーターは便利?【デザインをチェック】

2021年10月にデビューを果たした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)に用意されているシートヒーターは、次のようなデザインになっていました。

ダッシュボードの中央部分のスイッチを搭載

今回デビューを果たした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、ダッシュボードの中央に備わっているエアコンパネルの左右にシートヒータースイッチが、備わっています。

■新型ノートクロスオーバーのシートヒータースイッチ

この新型モデルのシートヒータースイッチは、指一本分とそれほど大きくありません。

ただ、運転席側/助手席側どちらからで手が届きやすく、シートヒーターのON/OFFや温度調整がしやすくなっているのは、好印象でした。

ちなみに、シートヒータースイッチが備わっていない2WD車のエアコンパネルは、このようにシンプルな見た目になっていました。

2段階から温度調節できるシートヒーターを採用

また、2021年10月にデビューを果たした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、2段階から温度調節をすることができるシートヒーターとなっています。

2段階からシートヒーターの温度を調節できると、クルマに乗り始めは”Hi”にして、シー
トが温まってきたら”LO”にするなど、状況に応じて温度を細かく調節することができるので、非常に便利なんですよね。

■OFFの時のシートヒーター

■Lowの時のシートヒーター

■Highの時のシートヒーター

ちなみに、競合車・ライバル車の一つでもあるトヨタのヤリスクロス(YARIS CROSS)のシートヒーターは、温度調節ができないON/OFFのみのシンプルなシートヒーターとなっています。

■ヤリスクロスのシートヒーター

このように競合車・ライバル車よりも優れた機能を備えているのも、新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)のシートヒーターの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

新型ノートクロスオーバーのシートヒーターは快適?【使い勝手をチェック】

このように2段階から温度を調節することができる新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)のシートヒーターですが、使い勝手&快適性は、どうだったのでしょうか?

この新型モデルのシートヒーターを実際に使用した感想を包み隠さずお話したいと思います。

予想以上に快適な新型ノートクロスオーバーのシートヒーター

今回私は11月の中旬、気温は15度くらいの日に試乗をしたのですが、予想以上に早くシートヒーターの温かさを感じることができました。

この新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)に乗り込んで、すぐにシートヒーターを付けてみたのですが、ほんの30秒くらいで腰まわりに温もりを感じて、その温もりが徐々に体全体に広がっていく感じが…。

今回デビューを果たした新型モデルのシートの表皮には、合成レザーのレザレットを採用しており、真冬は”ひんやり”とした肌触りになっているので、シートヒーターを付けてスグに暖を感じることができるのは、非常に助かるなと思いました。

■新型ノートクロスオーバーに採用されているレザレット

ステアリングヒーターもオプションで用意

また、2021年10月にデビューを果たした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、ハンドル・ステアリングホイールのグリップ部分をポカポカと温めてくれるステアリングヒーターもオプションで用意しています。(※4WD車は標準装備)

■新型ノートクロスオーバーのハンドル

■新型ノートクロスオーバーのステアリングヒータースイッチ

この新型モデルに用意されているシートヒーターとステアリングヒーターを使用すると、エアコンのヒーターを使わなくても良いくらい温かさを感じます。

このようにシートヒーターとステアリングヒーターをセットで装着することができるのも、この新型モデルの魅力の一つなのかなと思いました。

シートヒーターの温もりを感じにくいエリアも…

真冬の寒い日に大活躍をしそうな新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)のシートヒーターですが、実際に使用してみて気になったところもありました。

それは、思ったよりもシートヒーターの温かさを感じにくいエリアがあったことです。

今回、この新型モデルを試乗した時は、背もたれをピッタリと背中にくっつけて運転をしたのですが、背もたれの上部(肩甲骨あたり)からは、思ったよりもシートヒーターの温かさが伝わってきません。

腰まわりやお尻、太ももまわりからは、ポカポカとした温もりを感じることはできたのですが…。

個人的には、もう少し背中全体でシートヒーターの温かさを感じるようにしても良かったのかなと思いました。

新型ノートクロスオーバーのシートヒーターって、いくら?【価格をチェック】

1分も経たないうちに体をポカポカと温めてくれる新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)のシートヒーターですが、装着するには、いくらかかるのでしょうか?

この新型モデルのシートヒーターのオプション価格を確認してきたので、紹介したいと思います。

4WD車はシートヒーターを標準装備

先ほども申し上げたとおり、今回デビューを果たした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の4WD車は、シートヒーターは標準装備となっています。

また、この新型モデルの4WD車は、ハンドルのグリップ部分をポカポカと温めてくれるステアリングヒーターや、サイドミラーのくもりや霜を取り除くヒーター付ドアミラーも標準装備しています。

2WD車よりも車体本体価格が高い4WD車ですが、真冬の寒い日に重宝をするアイテムが充実しているのは、この新型モデルの4WD車の魅力の一つなのかなと思いました。

2WD車のシートヒーターのオプション代は高め

新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の2WD車は、4WD車と異なり、シートヒーターがメーカーオプション設定になっています。

ただ、この新型モデルでシートヒーターを装着するには、ステアリングヒーターやヒーター付ドアミラー、リヤヒーターダクトなどがセットになった寒冷地仕様のパッケージオプションを申し込まないといけません。

■新型ノートクロスオーバーの寒冷地仕様のセットオプション

・IRカット&スーパーUVカット断熱グリーンガラス
・本革巻きステアリング
・ヒーター付きドアミラー
・ステアリングヒーター
・シートヒーター
・リヤヒーターダクト
・ワイパーデアイサー
・リヤLEDフォグランプ
・高濃度不凍液
・PTC素子ヒーター

そして、気になるこの寒冷地仕様のセットオプションのお値段を確認してみたとろ、7万3700円(税込み)となっていました。

ちょっと高く感じてしまいませんか?

この寒冷地仕様のセットオプションに含まれるアイテムを見ると、このくらいのオプション価格になるのは仕方ないことだと思いますが、シートヒーターのみを装着したい人には、少しハードルが高いのかなと思ってしまいました。

ちなみに、この新型モデルの2WD車は、シートヒーターを後付けすることができないので、ご注意くださいね。

まとめ:使い勝手&快適性に優れる新型ノートクロスオーバーのシートヒーター

2021年10月にデビューを果たした日産の新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)に用意されているシートヒーターの使い勝手や快適性、オプション価格を確認したところ、このようになっていました。

■新型ノートクロスオーバーのシートヒーターのまとめ

・2段階で温度を調節できるシートヒーターを用意
・標準装備は4WD車のみ
・2WD車はメーカーオプション設定
・2WD車のシートヒーターのオプション価格は約7万4000円

今回デビューを果たした新型モデルは、2段階から温度を調節できる使い勝手&快適性に優れるシートヒーターを用意。

ただ、この新型モデルでは、シートヒーターが標準装備となっているのは4WD車のみで、2WD車はメーカーオプション設定になっているので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02