予想以上にスポーティ!新型ノートe-POWERオーテックの運転席を実車画像で徹底レビュー

2020年12月にデビューを果たした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”は、様々な専用装備を内外装に用意していますが、運転席まわりも専用デザインとなっています。

そのおかげもあり、カスタム仕様”オーテック(AUTECH)”は、乗り込むとワクワクするような運転席になっていました。

そんな新型モデルのカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の運転席は、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、ベースになっている標準モデルと比較すると、どのような違いがあったのでしょうか?

実車画像を使って、新しく生まれ変わった新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の運転席と運転席まわりの装備を徹底解説したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ノートe-POQWEオーテックの運転席のデザインをチェック

2020年12月にデビューを果たした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の運転席は、このようなデザインをしています。

■オーテックの運転席

ブルーをあしらったスポーティなデザイン

今回デビューを果たしたこの新型モデルのカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”では、シートのメイン部分にブラックを、そして、シートサイドには、オーテックのイメージカラーでもあるブルーをあしらった専用デザインに…。

また、ヘッドレストやシートサイドには、ブルーのダブルステッチがあしらわれており、ブラックをベースにした標準モデルとはひと味もふた味も異なるスタイリッシュ&スポーティな運転席となっていました。

運転席にはロゴを刺繍

また、デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の運転席の注目ポイントの一つが、シートバックです。

このカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”では、運転席のシートバックに”AUTECH”のロゴの刺繍を施したデザインに…。

標準モデルにはない特別感を感じるデザインになっていました。

シートの表皮にはレザテックを採用

また、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の運転席では、合成レザーのような風合いと滑らかな肌触りを味わえる”レザテック”という素材を採用。

■オーテックに採用されているレザテック素材

標準モデルのメーカーオプションで用意されているような重厚感はありませんが、オーテックらしい軽やかでスポーティなシートになっていました。

■標準モデルの本革シート

新型ノートe-POWERオーテックの運転席まわりの装備&アイテム

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”は、運転席まわりの装備&アイテムも、ベースとなっている標準モデルと全然違いました。

カスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の運転席まわりには、どのような装備&アイテムを用意していたのでしょうか?新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の運転席まわりの装備&アイテムを紹介したいと思います。

ブルーをあしらったオーテック専用デザインのハンドル

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の運転席まわりの注目のアイテムの一つが、ハンドル・ステアリングホイールです。

■オーテックのハンドル・ステアリングホイール

ハンドルの下の部分がブルーに装飾されているのが、カッコいいですよね。

ベースとなっている標準モデルのXグレードのハンドル・ステアリングホイールはシンプルなウレタン製でしたが、カスタム仕様のオーテックでは、高級感がただよう本革巻きのハンドルを標準装備。

また、オーテック(AUTECH)のハンドル・ステアリングホイールは、ブルーのステッチが施されており、標準仕様とはひと味違うオーテックらしいデザインになっているのも好印象でした。

センターコンソールも専用デザイン

また、2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の注目の装備&アイテムでもある大きなセンターコンソールも、カスタム仕様のオーテック専用のデザインとなっています。

■オーテックのセンターコンソール

スクエア形状に進化を遂げた電子式のシフトレバーは、標準モデルと同じになっています。

■オーテックのシフトレバー

しかし、今回デビューを果たした新型モデルのカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”では、シフトレバーの後方に”AUTECH”のロゴを装着

■センターコンソールのオーテックロゴ

また、アームレストやセンターコンソールのサイドにあしらわれているステッチもブルーになっており、オーテックらしさを演出しているのも好印象でした。

■オーテックのアームレスト

■オーテックのセンターコンソールサイド

専用デザインになっているドア内側パネル

また、ドア内側パネルも、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の注目のアイテム&装備の一つです。

■オーテックのドア内側パネル

オーテック(AUTECH)のベースとなっている標準モデルでは、ブラックのファブリック素材のドアトリム&アームレストを採用していたのですが、カスタム仕様の”オーテック”では、合成レザーをあしらったデザインに…。

そのおかげで、標準モデルにはない高級感が…。

また、アームレスト部分には、ブルーのステッチがあしらわれており、オーテック(AUTECH)らしいデザインになっていたのも好印象でした。

ちなみに、オーテック(AUTECH)の標準モデルの後部座席のドア内側パネルは、フロントドアとは異なり非常にシンプルなデザインになっていました。

後部座席の広さや快適性は非常に満足していたのですが、後部座席のドア内側パネルの高級感や上質感に関しては、少し物足りなさを感じました。

まとめ:スタイリッシュ&スポーティになっているオーテックの運転席

2020年12月にデビューを果たした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の運転席と運転席まわりの装備を確認したところ、このようになっていました。

■新型ノートe-POWERオーテックの運転席のまとめ

・オーテックは専用デザインの運転席を採用
・ハンドルは本革巻きの専用デザイン
・センターコンソールもブルーをあしらった専用デザイン
・肌触りに優れたドア内側パネル&ドアアームレストを標準装備

ファブリックシートを採用している標準モデルは、高級感・上質感で少し物足りなさを感じたのですが、カスタム仕様”オーテック(AUTECH)”は、ドアを開けて乗り込んだ瞬間から伝わる高級感とスタイリッシュさが…。

他の人とは少し違う特別感のあるクルマに乗りたいと思っている方には、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様のオーテック(AUTECH)は、ピッタリなのかなと思いまいた。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02