新型ノートe-POWERのエコモードが大幅に進化【走破性&使い勝手などを徹底解剖】

2020年12月にデビューを果たした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)を試乗をして驚いたことの一つが、エコモード(ECO MODE)の使い勝手の良さです。

先代モデルのエコモード(ECO MODE)は、予想以上に使い勝手が良く、何の不満もなく運転をすることができました。

そんな新型モデルに用意されているエコモード(ECO MODE)は、どのような乗り心地&走破性だったのでしょうか?また、先代モデルと比較して、どこが進化したのでしょうか?

2020年12月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)に用意されているエコモード(ECO MODE)の使い勝手や走破性など、進化をしたところを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

気持ちが良い加速力【新型ノートe-POWERのエコモードの進化のポイント1】

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のエコモード(ECO MODE)が先代モデルよりも大きく進化を遂げたポイントの一つが、加速力です。

普段使いでもストレスと感じた先代モデルのエコモード

先代モデルのエコモード(ECO MODE)は、アクセルレスポンスが鈍く、加速の伸びを強引に抑えつけているかのような乗り心地だったんですよね。

信号が変わってアクセルを踏み込んでも、レスポンスが悪く、ワンテンポ遅れてもっさりと進んでいくような感じですし、その後の加速の伸びもメチャクチャ悪く、運転をしていてストレスが溜まる一方。

正直に言って、

「街中メインの普段使いでも、全然使えないじゃん…」

と、思っていました。

レスポンスが良くなった新型ノートe-POWERのエコモード

しかし、今回デビュー果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のエコモード(ECO MODE)は、加速力が格段に良くなっていました。

特に違いを感じたのは、発進時の加速です。

先ほども申し上げた通り、先代モデルのエコモード(ECO MODE)は、発進時の加速にかなりの物足りなさを感じたのですが、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、アクセルを踏み込むとスーっと滑らかに加速をしていきます。

また、その後の加速の伸びも良く、加速感はエコモードというよりは、ノーマルモードにかなり近い感じが…。

高速道路での追い越しや急こう配の坂道など、もう少しパワーが欲しいなと思う場面もありましたが、近所への買い物や子供の送り迎えなど、街中メインの運転なら、この新型モデルのエコモード(ECO MODE)で十分なのかなと思いました。

違和感のないスムーズな減速【新型ノートe-POWERのエコモードの進化のポイント2】

また、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のエコモード(ECO MODE)で運転をしていて驚いたのが、スムーズになった減速力です。

今回デビューを果たした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のエコモード(ECO MODE)は、先代モデルと同様、ワンペダル走行を採用しており、アクセルペダルから足を離すと、減速する仕様になっています。

ただ、今回デビューを果たしたこの新型モデルと先代モデルのエコモード(ECO MODE)では、アクセルペダルから足を離した時の減速のスムーズや自然さに大きな違いがありました。

デリケートはアクセル操作が要求された先代モデル

先代モデルののエコモード(ECO MODE)は、アクセルを少し戻すだけで、ブレーキを軽くかけたくらいの減速をしたんですよね。

また、普段の感覚でサッとアクセルペダルから足を離すと、体が前につんのめるくらいの強い減速をします。

なので、エコモード(ECO MODE)で運転している時は、普段以上にデリケートなアクセルペダルが要求されました。

良い意味でラフに扱える新型ノートe-POWERのエコモード

しかし、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のエコモード(ECO MODE)は、完全停車まで対応しないくなったことも影響しているのかもしれませんが、良い意味でアクセルペダルに対する反応がルーズになったような感じが…。

そのため、この新型モデルのエコモード(ECO MODE)は、先代モデルほどアクセルペダルの踏み込みや戻し方を気にせずに運転をすることができるようになりました。

また、この新型モデルのエコモード(ECO MODE)は、アクセルペダルから足を戻した時の減速が先代モデルよりもスムーズになったため、乗り心地も良くなったような感じが…。

このスムーズな減速感や扱いやすさも、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のエコモード(ECO MODE)も大きな進化のポイントなのかなと感じました。

ドライブモードの切り替え【新型ノートe-POWERのエコモードの進化のポイント3】

また、今回デビューを果たした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のエコモード(ECO MODE)の注目ポイントの一つが、ドライブモードを切り替える時の手間の少なさです。

ノーマルモードが標準仕様だった先代モデル

先代モデルでは、オーソドックスな走りを楽しめるノーマル モード(NORMAL MODE)がデフォルト仕様になっていました。

■先代モデルのドライブモード切替スイッチ

なので、エコモード(ECO MODE)で運転をする人は、毎回毎回、クルマに乗るたびにドライブモードを切り替える必要がありました。

しかも、先代モデルは、ドライブモード切り替えスイッチの位置が悪く、操作がしにくかったんですよね。

エコモードが標準仕様になった新型ノートe-POWER

しかし、2020年12月にデビューを果たした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、ノーマルモード(NORMAL MODE)ではなく、エコモード(ECO MODE)が標準仕様に…。

なので、今回デビューを果たした新型モデルでは、先代モデルのようにクルマに乗るたびにエコモード(ECO MODE)に切り替える必要はなくなりました。

この新型モデルのエコモード(ECO MODE)は、十分に使い勝手の良いものに仕上がっていますし、クルマに乗るたびにエコモード(ECO MODE)に切り替えなくて良くなったのは、非常に便利だなと感じました。

また、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のドライブモード切り替えスイッチは、レバー状になっており、直感的に操作できるようになっていたのも好印象でした。

■新型ノートe-POWERのドライブモード切り替えスイッチ

まとめ:乗り心地&使い勝手が良くなった新型ノートe-POWERのエコモード

2020年12月にデビューを果たした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)に用意されているエコモード(ECO MODE)の走破性&乗り心地は、このようになっていました。

■新型ノートe-POWERのエコモードのまとめ

・先代モデルと同様にワンペダル走行を採用
・気持ち良く加速をしていくため、使い勝手が良くなった
・減速がスムーズで乗り心地が良くなった
・エコモードがデフォルト設定

先代モデルの”エコモード(ECO MODE)”は加速が鈍かったため、正直に言って、「使うことはないだろう…」と、思っていたのですが、この新型モデルのエコモード(ECO MODE)は、加速感や減速感が格段に進化。

「わざわざ他のドライブモードを使わなくても良いんじゃないの?」と思うくらい、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のエコモード(ECO MODE)の乗り心地&走破性は、良くなってしました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02