ディーラーおすすめの新型ノートe-POWERのメーカーオプションを聞いてみた

2020年12月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、様々なメーカーオプションを用意しています。

ただ、今回デビューを果たした新型モデルのメーカーオプションは、他のアイテムと一緒になったセットオプションとして用意されているため、少し複雑なんですよね。

また、グレードによって、セットオプションの内容に違いがありますし…。

そこでいつもお世話になっているディーラーさんに、絶対に装着をした方が良い新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のおすすめのメーカーオプションを教えてもらいました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

安全装備【新型ノートe-POWERのおすすめのメーカーオプション】

ディーラーさんが、「これだけは装着して貰いたい。」と言ってオススメしてくれた新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のメーカーオプションの一つが安全面を強化するアイテムです。

■オプションで用意されている安全装備

・インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)
・BSW(後側方車両検知警報)
・RCTA(後退時車両検知警報)

後方&側方の安全面で不安が残る新型ノートe-POWER

2020年12月にデビューを果たした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、自動ブレーキ(インテリジェント エマージェンシーブレーキシステム)が全グレードに標準装備されるなど、基本的な安全装備はしっかりと備わっています。

しかし、標準仕様のままでは、側方や後方の安全面で不安が少し残るんですよね。

その側方や後方の安全性を強化するアイテムが、メーカーオプションで用意されているインテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)やBSW(後側方車両検知警報)、RCTA(後退時車両検知警報)です。

例えば、斜め後方のクルマを検知して、衝突をする危険があるとお知らせをしてくれるインテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)やBSW(後側方車両検知警報)は、高速道路などでの車線変更時の事故を未然に防いでくれます。

【日産の安全への取り組み】インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)

また、RCTA(後退時車両検知警報)は、スーパーマーケットやショッピングモールの駐車場で後退している時、目視では確認することができない左右後方から接近してくるクルマをお知らせしてくれます。

【日産の安全への取り組み】RCTA(後退時車両検知警報)

先日、運転があまり得意ではない私の妻が新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)をお借りして、高速道路を運転したのですが、「インテリジェントBSIやBSWのおかげで、安心して車線変更をすることができた。」と言っていまいした。

私の妻のように高速道路の運転に苦手意識のある方は、高速道路の運転をサポートしてくれるインテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)やBSW(後側方車両検知警報)などの安全装備の装着を前向きに検討してみても良いかもしれませんね。

安全装備を強化することができるはSグレード以上

側方や後方の安全面を強化してくれる新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のメーカーオプションですが、これらの安全装備を装着することができるのは、中間モデルに位置をする”Sグレード”と最上位モデルに位置をする”Xグレード”のみです。

最廉価モデルに位置をする”Fグレード”では、これらの安全装備を装着することができないので、ご注意くださいね。

オプション価格はグレードで異なる

メーカーオプションで用意されている新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の安全装備は、中間モデルの”Sグレード”以上に装着できるようになっていますが、セットオプションになっていることもあり、グレードによってお値段が異なります。

中間モデルに位置をする”Sグレード”の安全装備を含むセットオプションの価格は、24万5300円(税込み)となっていました。

一方、最上位モデルの”Xグレード”は、純正ナビやプロパイロット機能などがセットに含まれていることもあり、オプション価格は34万8700円~42万200円(税込み)と、中間モデルの”Sグレード”よりも少し高めに…。

このようにグレードによってオプション価格が異なるので、ご注意くださいね。

プロパイロット【新型ノートe-POWERのおすすめのメーカーオプション】

また、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の中で、ディーラーさんが強くおすすめしたメーカーオプションの一つが、速度だけではなく、ハンドル操作を自動車側で制御をしてくれる自動運転支援システムの”プロパイロット機能”です。

最新バージョンのプロパイロット機能を搭載

日産のプロパイロット機能は、ミニバンのセレナ(SERENA)や軽自動車のルークス(ROOX)など様々な車種に搭載されています。

【新型NOTE】プロパイロットを知らない人の為に徹底説明

ただ、今回デビューを果たした新型モデルに搭載されているプロパイロット機能は、カーブの大きさを検知して自動的にスピードを落とすなどの機能を搭載した最新バージョンを搭載。

このように快適性&安全性が高まっていることも、ディーラーさんがぜひともプロパイロット機能を装着した貰いたいと思っている理由の一つのようですよ。

ちなみに、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)と他の日産車に備わっているプロパイロット機能の違い、進化のポイントは、こちらの記事にまとめてあります。

新しく進化を遂げた日産のプロパイロット機能の魅力や凄さが気になる方は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

プロパイロット機能を装着できるのはXグレードのみ

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)では3つのグレードを用意していますが、高速道路での運転を楽にしてくれる”プロパイロット機能”を搭載することができるのは、最上位モデルに位置をする”Xグレード”のみとなっています。

それ以外のグレードでは、プロパイロット機能を装着することができないので、ご注意くださいね。

プロパイロット機能のオプション価格は42万円オーバー

Xグレード専用オプションとして用意されている新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のプロパイロット機能ですが、インテリジェントBSIやBSWなどの安全装備、9インチワイドサイズの純正ナビなどとセットになっているおかげで、オプション価格は42万円オーバーと少し高めになっています。

値段だけをみると少し高く感じてしまいますが、セットオプションに含まれている機能やアイテムを見てみると、このくらいの金額になってしまうのは、仕方ないのかなと思いました。

LEDヘッドライト【新型ノートe-POWERのおすすめのメーカーオプション】

また、ディーラーさんが装着した方が良いとおすすめしてくれたメーカーオプションが、”LEDヘッドライト”です。

ハロゲンヘッドライトが全グレード標準装備

2020年12月にデビューを果たした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)では、ハロゲンのヘッドライトが全グレードに標準装備になっており、LEDヘッドライトはメーカーオプション設定になっていたんですよね。

■メーカーオプションのLEDヘッドライト

最廉価モデルの”Fグレード”や中間モデルの”Sグレードでは、ハロゲンのヘッドライトが標準装備となっていても仕方ありませんが、最上位モデルの”Xグレード”でもLEDヘッドライトがメーカーオプション設定になっているのは、少し残念ですよね。

ただ、ディーラーさん曰く、スタイリッシュな見た目に生まれ変わった新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)には、最新のLEDヘッドライトの方が相応しいとのこと。

また、LEDヘッドライトにアップグレードすると、周囲の状況や先行車/対向車の状況に応じて照射範囲を自動的に調整してくれるアダプティブヘッドライト機能を搭載することができるのもオススメの理由の一つのようですよ。

【日産の安全への取り組み】アダプティブLEDヘッドライトシステム

LEDヘッドライトのオプション価格はグレードで異なる

このようにスタイリッシュな見た目を演出してくれる新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のLEDヘッドライトですが、グレードによって、セットオプションに含まれる内容が異なるため、オプション価格も異なります。

FグレードのLEDヘッドライトのオプション価格

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最廉価モデル”Fグレード”のLEDオプション価格は、次のようになっています。

最廉価モデルの”Fグレード”では、LEDヘッドライトとアダプティブヘッドライトがセットになって7万7000円に…。

アダプティブヘッドライト機能も付いてくるということを考えると、このオプション価格は妥当なのかなと思いました。

SグレードのLEDヘッドライトのオプション価格

一方、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の中間モデル”Sグレード”のLEDヘッドライトのオプション価格は、このようになっています。

中間モデルのSグレードのLEDヘッドライトを含むセットオプションの価格は、約24万5000円となっていました。

この新型モデルの中間モデル”Sグレード”にLEDヘッドライトを装着するには、インテリジェントルームミラーやインテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)などの安全装備などを含めたセットオプションのみとなっているため、オプション価格は少し高めに…。

中間モデルに位置をする新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の”Sグレード”でも、最廉価モデルの”Fグレード”のようなLEDヘッドライト&アダプティブヘッドライト機能のみのセットオプションの用意をしても良かったのかなと思いました。

XグレードのLEDヘッドライトのオプション価格

新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデルに位置をする”Xグレード”では、LEDヘッドライトを含むセットオプション2種類用意していました。

一つは、LEDヘッドライトとアダプティブヘッドライト機能、LEDフォグランプが一つになったセットオプションです。

もう一つは、LEDヘッドライトなどに加えて、16インチサイズのアルミホイールや本革シートなども一緒に装着することができるセットオプションです。

このように自分の予算や好みに応じてセット内容を選べるようになっていたのは、最上位モデルの”Xグレード”の良いところの一つなのかなと思いました。

まとめ:新型ノートe-POWERはオプションで安全面の強化は必須

いつもお世話になっているディーラーさんに、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のおすすめのメーカーオプションを質問してみたところ、このようなアイテムを紹介してくれました。

■ディーラーさんおススメのメーカーオプション

・安全装備
・プロパイロット機能
・LEDヘッドライト

ディーラーさん曰く、インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)やBSW(後側方車両検知警報)などの安全面を強化するオプションや、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の代表的な機能でもある”プロパイロット機能”は、特におすすめとのこと。

今回デビューを果たしたこの新型モデルは、魅力的なメーカーオプションをたくさん用意していますが、ディーラーさんがおすすめしてくれたオプションを中心に検討してみるのが良いかもしれませんね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02